第08話 最終決戦

「え? もう到着したの?」

 魔王討伐の旅に同行している勇者の一人である少女が、驚きながらそんな言葉を発した。バイアトロル城から旅立って、約5日目の今日。彼女の想定では、もう少し日数が掛かるだろうと予想していたのだろうか。

「えぇ、魔王はもう近くに居るのを感じ取っています。今日は一晩、ここで休んで体力を回復してから、万全の状態で戦いに臨みましょうか」

 魔王が居る場所を探し出すのは、ある程度近づくことによって奴の禍々しい魔力を感じ取る事が出来るので、近づきさえすれば比較的簡単に見つけることは可能だった。

 あとは戦う準備を整えて、奴に挑むだけ。終わりが見えてきたけれど、倒すまでは油断はできない。万全の体制で臨むためにも今日はココで休憩を取る。

 僕たちが今いる場所は、森のように木が生い茂っている場所だった。魔物たちから姿を隠して、しばらく休んで行くのには都合のいい場所だろう。

 旅に同行してくれた兵士たちや、魔王にトドメを刺すための勇者達の様子も確認しておく。

 旅の道中は、目的地にいち早く到着することだけに集中して馬を無理に走らせた。そのせいで何頭か馬を潰してしまったけれど、何とか最速と言える速さで今ココに到着出来ていた。

 周りの様子を見ている暇も無く急いだ旅だったが、魔王によって荒らされた土地の跡に残された悲惨さを目にしないで済んだのは、不幸中の幸いと言うべきか。

 とにかく、ココへ来るまでに5日間は無理をした強行軍である。そして、何度か魔物との戦闘を繰り返して兵士たちも疲労が溜まっているだろう。

 優秀な兵士たちのおかげで、何度か遭遇した魔物との戦闘でも勇者2人は予定通りに戦闘に参加させないで済んでいた。魔王に対する最後の切り札であり、トドメの一撃になり得る勇者達には傷一つ無く、ココまで連れて来れたという事だった。

 そして、明日には魔王と実際に対峙してもらう。実際には奴と戦って弱らせるのは僕の役目で、最後のトドメだけを勇者にお願いするだけ。

「明日、ようやく魔王と戦うことになる。トドメは予定通り、君に任せる。指示の通りに動いてもらいたいが、大丈夫だろうか?」

 勇者の少年に向かって、魔王にとどめを刺せるかと問いかける。

 人形で人語も理解するという魔王を、その腰に下げている武器で魔王にとどめを刺す一撃を加えることで、殺すという決意が出来るのかどうか。その最終確認を行った。

「……はい、大丈夫です。それで、多くの人の命が助かるのなら」

 僕が問いかけた青年は、苦悩しながらも仕方ないと、人助けのためには必要なことだと割り切ろうとしている様子だった。

 これは、もしかしたら本番直前になって躊躇うかもしれないから、彼には注意しておく必要があると、僕は口には出さず密かに覚えておく。


「君は、どうだい? 大丈夫そうか?」

 そして、少女の勇者の方にも僕は魔王にトドメを刺せるかどうか、少年と同じ質問を問いかける。

 一応、青年の方がダメになった場合の保険として連れてきているんだと、彼女にはハッキリと説明してあるし、話を聞いていた彼女も納得して予備という事を受け入れている。そして、万が一の場合があれば魔王にトドメを刺す必要もあることを理解してもらいたい。そう思いながら、問いかけた。

「私なら問題ないです」

 少女の勇者の方は、僕の問いかけに対して躊躇いなくハッキリ大丈夫と言い切った。

 少年に比べると少女の戦う能力、肉体的な能力は低かったけれど精神的には勝っているのか。迷う気持ちが無い様子は、頼もしい。

 少年の方が魔王にトドメを刺すのを躊躇って計画がダメになった場合には、すぐさま彼女に任せればいいだろう。予備として連れてきていた勇者の少女に、魔王討伐の為の重点を置いておく。

 この旅の最大の目的は魔王を倒して世界に平和をもたらす事だけだから、少年の勇者が魔王にトドメを刺そうが、少女の勇者が奴にトドメを刺そうが、どちらでも変わりはない。結果に変化は無いのだから、すぐに判断してどちらに任せるべきかは考えておこう。

 そして、魔王戦を目前にした最後の休憩になるのだろう今日。僕と、兵士たちと勇者2人。全員が、明日の戦いに臨む準備を整えていく。


***

 翌朝になって最後となる休憩が終わり、皆の体力は無事に回復した。戦いに臨む準備は万端で、あとは魔王と戦うだけという状況。

「さぁ、行こうか」

 僕の号令で、再び移動を開始した兵士たち。そして後ろに歩き付いてくる勇者2人。昨日から探知している禍々しい魔力の在り処を目指して、ココからは慎重に歩き進んで行った。

 山間部にあった開けた平らな場所に到着する僕たち。そこで僕は足を止めた。その後ろに付いて歩いていた兵士たちも、僕と同じく足を止めて辺りの警戒を始めた。

 勇者2人も、腰に下げている剣に手を伸ばした。不穏な空気を感じ取り、訓練で手に入れた能力で周りを警戒している。

 そして、魔王が僕たちの目の前に姿を現した。