第01話 勇者召喚

「では、これより勇者召喚の儀を執り行います」
(あぁ、本当に実行してしまうのか……)

 バイアトロル城の最奥にある過去の勇者を祀った聖堂、普段は絵画や彫刻品などが並べられて特別な祭事にのみ使われる部屋。

 しかし今は装飾されていた調度品の全てが取り除かれていて、広々とした部屋となっている。

 そして床一面には魔法陣が描かれるという状況となった場所。これから行われようとしている儀式の準備が全て終わって、後は実行するのみとなっていた。

 僕の立つ周りには12名の大人たちがローブと魔術アクセサリーを着込んで、手には高性能な杖を持って魔法的な装備をして召喚補助の準備を万端にして待機している。

 言葉に出して後は実行するのみだと、僕は宣言をした。しかし、口から出たその言葉とは裏腹に心の中で考えている事は矛盾していた。本当に儀式を執り行っても良いのだろうか、と。

 今から行われるのは、勇者を召喚するという儀式。万が一にも失敗しないように一ヶ月前から準備が進められて、とうとう今日実行される。

 最終確認を行う傍らで本当に勇者を召喚して良いものなのか、という事を今更ながらに僕は思い悩んでいた。

 約一年前のある日突然に現れた魔王によって、人類は滅亡の危機にさらされていた。数多くの戦士たちが魔王を討伐しようと挑んでいったが、未だに魔王は生き長らえて魔物を指揮し世界各地の村や街、そして国の破壊活動に勤しんで世界を混乱の渦に巻き込んでいる。

 そしていよいよ打つ手がなくなってきた我々人類は、窮地に追い込まれていた時にある言い伝えを発見したのだった。

 その言い伝えによると、神によって定められた勇者の称号を持つ人間のみが、魔王に対抗できる存在だという事。

 つまりは、今まで魔王に挑んだ人たちは称号を持たずに挑んで事が原因で敗れてしまった。なぜ数多の戦士たちが魔王を倒すことができなかったのか。それは魔王を打ち倒すために必要なものを戦士たちが備えていなかったから、ということが判明した。

 言い伝えが発見されて、すぐさま神に定められし称号を持つ者を召喚するための儀式を執り行うことが決定した。

 そして、いま行われようとしている、目の前の儀式こそが勇者召喚のための儀式であり、実行者は僕だった。

 情勢から考えるに勇者を召喚するというのは当然のように行うべき行動なのだろうけれど、僕は終始召喚という儀式に対して反対だという姿勢を取っていた。

 何故かと言えば、この儀式は勇者の称号を持つ誰かを本人の意思とは関係なしに呼び出してしまうという魔法だから。

 そんな誰ともわからない人を強制的に呼び出してきて、魔王を打ち倒せと伝えなければならない。しかも、この魔法は異世界の人間でさえもターゲットにして呼び出すという機能が設定されている。

 僕は自分の境遇から何も関係のない人間に、しかも別世界の人間かもしれない人に世界の命運を託す事に躊躇いを感じていた。だがしかし、今のところ勇者という存在だけしか魔王を打ち倒せるという希望がない、というのも事実だった。

 現時点で勇者召喚を実行する以外には、この世界から魔王の脅威を取り除く方法は無いと言えた。

 魔王を打ち倒せるのは勇者だけ、というのが言い伝えにより認識される前から僕は魔王を倒す方法を色々と探っていた。

 ただ手をこまねいて待っているだけではなく、魔王を倒す対策方法を編み出そうと色々と研究途中でもあった。幾つか魔王討伐のための方法を考え出して、そして実践で試してみたりもした。だが残念ながら、どの方法も致命傷を与えるには至らなかったけれど。

 多少のダメージを与えて魔王を撤退に追い込むことも出来てはいたが、やはり存在を消し去るまでは出来なかった。

 それが今のところ僕の限界である。そして、魔王への対策方法を提案できなかった僕は勇者召喚という任務を命令されて、断ることも出来ず致し方なく実行するしか無かった、というのが今に至る経緯だった。

「では、儀式を執り行います」

 ぐるりと部屋の中を見渡す。万が一のことを考えて衛兵が20数名控えている。そして僕の召喚魔法の補助のために、12名の召喚士が配置についたのを目で見て確認し、勇者召喚の儀がバッチリと行える状況だと最終確認を終えた。

 嫌々ながら実行はするけれど失敗するのはもっと嫌だと思っていたので、召喚の魔法をしくじらないよう発動させる為に精神を集中させていく。

 僕の身体の中から溢れ出て来る魔力を制御して、床に描かれた召喚の魔法陣に流し込んでいく。すると、しっかりと動作したことを示すように床から白い光が溢れて、部屋の中全体を覆うように広がった。

 召喚陣から溢れた白い光と僕の魔力が陣に流れ込むバチバチと鳴る音が響いて、周りにいる人たちが固唾を呑んで儀式の結果が出るのを見守っている、という視線を背中に感じる中で集中を途切れさせないように儀式を続けた。

 ほとんどの意識を儀式を成功させるために深く召喚に集中していると、次第に周囲から聞こえる音が小さく小さく聞こえなくなっていき、視界も白の光から明度が落ちて灰色に変わっていくのが分かる。

 数分間という一つの魔法を発動させるのには規格外の時間を消費して、召喚を問題なく発動させる為の工程を消化していく。

 そうしていると光で満たされた部屋の中に新たな変化が現れた。魔法陣の上で部屋中に広がった白い光が、徐々に縮小していき人の形になっていく。その時点で、僕は少しの違和感を感じていた。勇者召喚の儀式を失敗した訳ではない、けれど予想していなかった結果が目の前に現れた。

「呼び出されたのは一人、じゃない……それに、彼らは、今頃になってそんな……」

 無意識に僕の口からは、ありえないという言葉が発せられていた。目の前で起こった出来事から見るに勇者召喚は無事に成功したようだったが、想定外の事が2つも起こっていた。

 一つは、召喚された人間が複数人居るという事。本来想定している結果は、勇者という称号を持った人が一人だけ現れるだけのはずだった。しかし、いま僕の目の前には三十人程の人間が戸惑いながら立っているのが見えた。召喚された人間の数が多すぎる。

 そして、もう一つの想定外な事態とは彼らの着ている服装に僕は見覚えがあるという事。こちらの世界では手に入らないだろう精密な布でできた服装。しかも、ほぼ全員が同じように統一された均一の制服。懐かしい前世の記憶で思い出す、日本という国での古い記憶を。

「な、なんだぁココは!? どこなんだ?」
 キョロキョロと当たりを見渡す青年が叫ぶ。

「これってテレビ? 映画?」
「壁と床とかが石で出来てるよ!? 外国みたい」
 見知らぬ場所に突然連れてこられて、周りを観察しながらも怯えたように会話をする少女達。

「……」
 警戒心をいっぱいにして、寡黙にして観察に徹している青年。

「ちょっと待って皆、まずは落ち着いてっ! 勝手にどこかに行かないで、離れないで」
 三十数人の中で一番年上の女性と思われる彼女が、慌てている少年少女たちを落ち着かせようと声を掛けて、勝手に行動するのを制している。

 数十人の子供たちの中にいて唯一の大人であるらしい女性は、慌てて子供たちを落ち着かせようと必死に注意しているが誰も聞いていない。

 他にも辺りをキョロキョロと見回して戸惑っている青年、女性同士が辺りを警戒して身を寄せ合い小声で話し合っている、そして警戒して口を閉じて注意深くこちらに居る人間を観察している切れ者そうな女性。

「あ! おい、なんでテメェだけそんな格好してんだよ」

 忙しなく辺りをキョロキョロと見回していた一人の青年が何かに気づいたのか、乱暴な口調の大声で僕に早歩きで近づいてきた。

「落ち着いてください、皆さん。突然呼び出したりして申し訳ありません、まずは説明を」
「おいおい、格好だけじゃなくなんだよその変な喋り方!」

 小馬鹿にしたような薄笑いの表情で近づいてきた粗忽な青年が僕に手を伸ばしてくる。そんな彼の腕を僕は無意識に掴み取ると、そのまま引っ張って地面へと体を倒して転がす。

「ぐぁっ!」
 青年が地面に倒された時に潰れた声でうめいた。僕は青年の上に乗り、腕を極めてスリを捕まえたような体勢になる。

「ジオン様、コイツっ!」
「ってぇ!? おい、仁音ッ! 今すぐ手を離しやがれ!」

 青年は大声で激しく怒りながら肩をグッグッと動かして逃げようとするが、僕は彼の肩と腕をしっかり固定しているので、びくともせず抜け出せないでいた。

「衛兵! 大丈夫、持ち場を離れないで。僕は大丈夫だから」

 一応この場での最高責任者である俺を守ろうと待機していた衛兵たちが近づいてくるのに先んじて、声を掛けて彼らを止める。

 衛兵を止めなければ、この少年は切り捨てられた可能性があったから。それは、いま召喚した少年少女達に不信感を抱かせることになるだろう。今から頼み事をするのには当然不利になるだろうから、出来る限り穏便に済ませたいと考える。けれど既に、今の状況からは難しそうだと思ってしまう。

 だがしかし、まさかいきなり召喚した者が掴みかかってくるとは思わず、無意識に防御しようと返り討ちにしてしまった。

 そして問題なのは、彼は僕の名前を呼んでいた事。それを聞いた瞬間、僕は遠い記憶の彼方で、かつて異世界で暮らしていたこと。クラスメートとして学校に通い一緒に勉強した人たちの事を思い出していた。

 僕と青年のやり取り。何が起こったのか理解していないらしい、召喚された勇者達はざわついていた。

「落ち着いてください、勇者様」
「だから何なんだよ、その喋り方は。手ぇ離せよな、仁音!?」

 なんだか厄介事になりそうだったので、知らないふりで押し通そうと芝居をする事に決めた。地面に倒したかつてのクラスメートの言葉を無視して、話を続ける。

「僕の名前はジオンですけれど、あなた方の知っている人とは違う人だと思いますよ。私はあなたと出会うのは初めてですから」
「あ、あの。隼人君を離してください仁音君、……いえ、ジオンさん」

 涙目で恐怖を感じているのか小刻みに震えながらも、拘束を辞めるようにと訴えかけてくる大人の女性。そういえば唯一の大人である彼女は担任の先生だった、ような気がする。

「申し訳ありません、不用意に近づいてきたので思わず。手を離した瞬間に攻撃をしないと誓ってくれるのなら、掴んでいる腕から手を離します」
「くそっ、わかった! 攻撃はしないから、早く手を離せよッ!」

 僕は彼の腕と肩から手を離して距離を取る。地面に倒れていた彼は、キッと僕の方を睨みつけながら立ち上がると、痛みを主張するかのように腕を擦っていた。

「突然呼び出したりしてすみません、私の名はジオン。貴方達に救いを求めて召喚を行った者です」

 早速トラブルが起こって前途多難の様子だったが、僕はようやく話し合いができる状況になると事情を彼らに説明し始めた。