第06話 多事多端

 僕は、もともとは日本が有った異世界から転移してきた元日本人だ。そういう訳だから、この世界に来た当初は自分が居た世界に帰りたいと思っていた。

 元の世界に帰るためにと色々と調べる必要があって、世界を旅して情報を集めたり、帰還の魔法を数多く考え出して、自分で生み出した魔法の実験を繰り返し行って、数えるのが馬鹿らしくなるほどの失敗を重ねた。

 その結果、召喚士としての能力は歴史に名を残すと言われるぐらいには成長することが出来た。けれど、本来の目的である元の世界に戻るという方法は遂に見つける事は不可能だった。

 帰還の魔法が見つからなかった大きな問題となったのは、自分がどの世界からやって来たのか分からない事だった。

 元の世界の有る位置が判明しなかった、と言うべきか。自分の行きたい場所の名前は分かるけれど、どう行ったら辿り着けるのか、が分からない。

 進むべき方向は? どれぐらい離れた場所にあるのか距離は? 道標が無いから手当たり次第に探してみた時期もあったけれど、やっぱり見つけることは出来なかった。

 それなのに、今回の勇者召喚で異世界の日本人を召喚することが出来た。偶然か必然か、今となっては分からないけれど、呼び出すことが出来た。

 この時に記録しておいた召喚の魔法の情報を解析することで、勇者達の世界がある位置を特定することが出来る。

 世界の有る位置が分かれば、後は過去に研究した帰還魔法を使って彼らを世界に戻すことが可能であった。それはつまり、僕も元の世界に戻る方法を手に入れたということ。

 求めて手に入れられなかった帰り道を20年越しに見つけることが、ようやく出来たんだけれど……。

「20年も経った今更になって、元の世界に帰る必要も感じない」

 それが僕の出した答えだった。


***


 フラヌツ王から雑に命じられ丸投げされていた、勇者達を元の世界に帰す準備が出来ていた。勇者召喚の時に行った魔法を解析して、元の世界の位置を調べる。その調査には時間が掛かったけれど。

 あとは、僕の生み出した帰還の魔法を使えば問題なく彼らを元の世界に帰すことが出来る。問題はなかった。

 帰還の魔法で勇者達を元の世界に帰すという準備を行っている合間に、勇者達に訓練を施している。

 魔王と戦って勝つ為ではなく、長旅に耐えうる体力を付けること、自分の身を守れる程度には戦闘力を身に着けてもらう為にたった。

 勇者の称号が有るおかげか、少しの訓練を受けただけで彼らは一気に戦闘力が成長していった。その御蔭で、もう旅に出ても問題ないと判断できるぐらいに準備が整ってきている。

 後は魔王が居る場所を目指す旅をする為の人員を選別して、旅の準備をしていくだけ。
 
 魔王を倒すための勇者を1人。
 勇者に何か有った時の備えの予備として勇者をもう1人。
 旅に出る勇者2人を守るための護衛を何人か。
 旅の間の世話をしてもらう人員も何人か。

 当然僕も、彼らと一緒に旅に同行して魔王と戦う準備を進めているから、結構な大所帯で旅を行くことになりそうだった。

 最短で魔王の下に辿り着けるよう、移動のスピードを重視して持ち物は必要最低限に。武器や食料など、必要となるものを選り分けて用意しておかないと。


 そして旅の準備を進めている隙間の時間で他にも、魔王を倒すための魔法の研究は続けて行っていたいた。

 勇者の称号が無くても、魔王を倒し切る方法が無いのか諦めずに調べて続けていた。前回の失敗を踏まえた、幾つかの仮説を立てて用意した新たな魔法の数々。

 今回の旅では勇者の称号を持った者が居るので、魔王を倒すのは確実となる事だろう。けれど、僕の準備した魔法によって打ち倒せないかを実験する為の準備も進めている。

 それから城から出ていった勇者達の監視も、続けて行っていた。彼らの監視として付けている部下たちの報告によれば、楽しそうに3人組で旅を続けているらしい。最近は冒険者として登録して、魔物を狩って報酬を得て生活しているという。なかなか異世界生活を楽しんでいる様子だという。

 勇者の称号によって、彼らも多少は戦闘が出来るぐらいに実践を重ねて成長していると聞いていた。羨ましいことだ。

 そのまま、順調に旅を続けて彼らなりに楽しんで欲しいと思う。この世界で罪を犯さず、死にさえしなければ良い。

 後は、魔王を倒して元の世界に帰還する時に彼らは連れ戻せばいいだろう。もしかしたら、この世界に残りたいと言い出すかも知れない。

 ……その時は、どうしよう? まぁ、本人の意向に従えば良いだろうか。彼らがどう判断するのか、楽しみになってきた。

 勇者達が元の世界へ帰還する為の魔法を用意して、勇者達に訓練を施し、魔王を倒すために旅に出る支度をして、それに加えて魔王を倒せないか新たな魔法も準備して、出ていった勇者たちの監視も続けて行っていた。

 こうして僕は、生まれてきて一番だと言えるぐらいに、仕事で目が回るほど忙しい時期というモノを経験していた。