第08話 風呂

 一階の一番奥にある、扉をあけて中に入る。入ってすぐ、右手にある電気スイッチを入れる。脱衣所と風呂場の電気がついた。脱衣所はかなりの広さで、洗面台と洗濯機が並んである。
 服を脱いで、ワンピースの洗濯タグを確認。洗濯機で大丈夫なモノなので、洗濯機に放り込む。下着も脱いで同じように洗濯機に放り込む。浴槽へのドアを開けて中を覗き込む。

 正面にシャワーと小さな鏡、左手に浴槽。浴槽にはすでにお湯が張っていあり湯気が出ている。中に入り、シャワーを出す。全身をひと通り水で洗い流す。青いボトルにシャンプーと書かれているのを見つける。
 ボトルからシャンプーを取り髪から洗う。スポンジが無いので体は、適当にシャワーで洗い流すだけで済ます。

 鏡を見る。
「起きてから、ひげ生えないな」
 1週間プラス3日間、髭剃りをしなかったはずの顎を見る。もともと、薄い方で3日に一度ぐらいの頻度でしか剃らなかった。楽で良かったが。
 しかし、今は全然生えてこない。

 高校生という年齢的なものもあるかもしれないが、ヒゲの他にも体毛が全体的に薄い。腕やスネを見るが、やはりツルツルだ。記憶だと、高校生の頃は確かうっすら生えてた筈だけど。

 ひげの考察をやめて、風呂に入る。かなりデカイ浴槽だ。手足が伸ばせる。グーッと体を伸ばした後、ぐだっと体の力を抜く。

 数分経ったぐらいか体が十分に温まったし、沙綾さんを待たせているので出ることにする。

「しまった、タオルと着替えの服を忘れた」
 部屋にあるだろう、戻った時にタオルと服を取って来れば良かったと後悔した。

(確か、タオルは脱衣所の棚にあったように見えた)
 浴槽から上がり、風呂場を出る。洗濯機の上の棚にタオルが何枚か畳んで重ねてある。
「あった」
 これを使わせてもらおうと、一枚とって体を拭き始める。拭き終わったタオルを腰に巻く。部屋に服を取りに向かう。

 部屋を出る。
(そうだ。先に、沙希さんにあがったことを伝えよう)
 なるべく早く伝えようと思い、沙希さんのいる部屋に向かう。

「沙希さん、上がりました」
「あぁ、わかった。ありが……」
 顔をテレビから離してこちらに目を向ける。不自然に切れる返事。

「な、なんちゅう恰好してんだよ!」
 立ち上がって、体をこちらに向け大きな声で言われる。やっぱり、タオルだけじゃまずかったか。
「早く伝えようと……」

「上を隠せ、上を!」
 貧弱な体だから、見ていて不快にさせたのだろう。すぐに、ドアに体を隠して頭だけ見えるようにする。
「とにかく、お風呂上がったから次入ってね」
「わかったよ!いいから早く部屋で着替えろ!」
(ちゃんと伝わったようだし、部屋に戻ろう)

 階段を上がり自分の部屋に戻る。
(服どこにあるかな)
 部屋を見回すと、左手に扉がある。収納ドアのようだ。扉をあけて中を見る。

(うわっ、服がいっぱい)
 かなり多くの洋服がハンガーに掛けられていた。とにかく、今着る服をどうにかしようと下段にあるタンスを探す。中から、下着とパジャマを見つけ出すとそれを身につける。

 着替えを終えて、体をベッドに横たえる。かなり疲れた一日だった。かなり眠い。

 ぼーっと天井を見る。
(明日からどうすればいいか香織さんに相談しないと)
 眠気をどうすることもできず、目を閉じるとそのまま眠ってしまった。

 

スポンサーリンク

 

 

前のページ index next