第04話 姉妹

「ハルさんやサキさん、って誰ですか?」
 誰だか分からない人の名前。
「えっと……ハルちゃんはね、あなたの姉よ」
 戸惑いながらも説明してくれる香織さん。

「それから、次女のサキちゃん、三女のサアヤちゃん。
最後に妹で四女のアオイちゃん」

 記憶では、間違いなく一人っ子だったはず。知らないうちに、三人の姉と一人の妹が出来たらしい。
(ゲームとかマンガみたいな展開だなコレは……)

「覚えてない?」
「わからないです……ごめんなさい」
 記憶には、それらの人物について全く浮かび上がってこなかった。
 静寂。なにか話さないといけないと、切り出す言葉を考えていると、家の玄関が開く音が聞こえた。

 次に廊下を歩く音。誰かが家へと入ってきた。
「あっ、誰か帰ってきたのかしら」
 席を立って、扉に向かう香織さん。

「ハルちゃん待って、こっちこっち」
 扉を開け、長女のハルさんという、僕の姉だという人物を呼びとめる。

「帰っていたのかい、母さん。……それと、おかえり優」
 眼鏡を掛けた、つり目のお姉さんが入ってきた。前半は香織さん、後半は僕に目線を向けて言う。年は20代半ばぐらいだろうか、キリッとした引き締まった表情が印象的だ。

「えっと、ただいま……です」
 返事を返すと不可解な表情をしていて眉をひそめるハルと呼ばれた女性。彼女の顔を見て、だんだんと言葉が尻すぼみになる。
 香織さんが部屋へ入ってきた女性に近づいて話をしている。部屋にやってきた女性と香織さん、なにを話しているかは聞こえない。

 手持ち無沙汰になった僕は、香織さんに入れてもらったお茶を飲みながら改めてダイニングルームを見回した。意外に汚れている。床には髪の毛とホコリが目に見えてわかる。何日掃除機を掛けてないんだろうか。台所の脇にいっぱいに入っているゴミ袋が3つ見える。すごく気になる。掃除したい。

 いつの間にか、話が終わって席につく二人。香織さんは変わらず、僕の目の前の席に。眼鏡の女性が、僕の左隣に座った。

「私がわかるかい?」
「あのっ、えっと。……わからないです、ごめんなさい」

「いや、良い。私は、春。季節の春と書いて、春だ」
「佐藤優です、よろしくお願いします。」
 思わず自己紹介しながらペコッと頭を下げて礼をしてしまったが、よく考えると向こうはこちらをよく知っているだろうから、今の行為は無意味だと思った。

「あぁ、よろしく」
 恥ずかしくなって、話題転換を狙い香織さんに話を振る。
「それで他の人は、今どうしてるの?」

「確か、サキちゃんはいつもの部活ね。サアヤちゃんと、アオイちゃんはどうしたのかしら?」
「葵は、卒業式の準備で学校に行っているはずだ。紗綾はわからない」

「春さんは、何をしていたんですか?」
 姉という人物を少しでも知るために質問してみた。

「ん?私はバイトに行ってきたところだ。それと、私とも母さんに話すように普通に話してくれ。それから”お姉ちゃん”と呼んでくれないかい?」
 倒れる前はそう呼んでいたのだろうか。もしかしたら緊張している僕に気を利かせて、接しやすくしてくれたのだろうか。
「わかりま……わかった、春お姉ちゃん」

「ぐうっ」
 春お姉ちゃんは眉の間の皺を深くし呻いて、右手を口に当て明後日の方向に顔を背ける。もしかして不愉快に感じたのだろうか。いきなり気安すぎたかもしれない。
「あの、やっぱり春さんって」
「いや良い!そのままで良い!お姉ちゃんと呼んでくれ」
 瞬時に顔をこちらに向け、間髪入れず鬼気迫るような勢いで言葉を返された。

「えっ、あっ……うん」
 妙な迫力に、おかしな返事をすることが精一杯だった。

 春お姉ちゃんが落ち着いたのを見計らって、香織さんが言う。
「みんなが帰ってくるまでもう少し時間が掛かりそうね、どうしましょう」
「先に優に部屋を見せよう。もしかしたら、なにか思い出すかもしれない」
「それでいい?ゆうくん」
 春さんの提案について、僕に許可を求めてくる。
「うん、部屋を見せて下さい」

 ダイニングルームを出て、三人で並んで階段を登り、二階へ上がる。廊下の一番奥へと進む。

「はい、部屋のカギ。病院にいる間は私が管理していたわ。どうぞ」
 香織さんから、お尻のポケットから出したカギを渡される。
「ありがとう」

 カギを開けて中を見る。
(ぐわっ、これ僕の部屋か)
 思わず、心のなかで呻く。

 まず目についたのは、扉の正面にある二人掛けの白いソファー。ソファーの上には、ピンクと青の、丸いよくわからないキャラクターのぬいぐるみが二つ。
 ソファーの前に薄いピンクのローテーブルに、左側にはベット。掛け布団はこれまたピンクで、キャラクターのプリントされた毛布が上にかぶさっている。右側には、勉強机とタンスに本棚が並んでいる。

 これもピンクだ。床には絨毯が敷かれている。これもピンク。窓にはカーテンが掛けられてある。ピンクだ。あまりのピンク具合に目がチカチカしてきた。

「それじゃあ、下で待っているから部屋を見ていてね。何かあったら呼んで頂戴、行きましょハルちゃん」
 香織は部屋に入らずそう言うと、春を伴って階下へと戻った。

「ふうっ。落ち着かない」
 扉を閉めて、もう一度部屋を見回す。僕の中には全く記憶に無い部屋、意識的には他人の部屋に感じられた。言葉の通り、落ち着かない。とにかく、以前の自分を知るため部屋を探ることにした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

前のページindexnext