第25話 対策相談

 圭一と一緒にご飯を食べ、その後を過ごす。田中先生は、すぐに帰ってきた。手には、購買から買ってきたのかサンドイッチを持っていた。

 昼休みの時間ぎりぎりまで保健室で田中先生を交えて、他愛ない話をしてすごした。

 チャイムが鳴った後は直ぐ、僕と圭一は保健室を後にして授業に戻った。今は、授業も終わり帰ろうかというとき。

「2年2組の佐藤優さん、2年2組の佐藤優さん、至急職員室まで来てください」

 圭一の方を見ると、困ったような顔をしている。多分、朝の一件に関することだろうと思い、圭一には先に帰ってもらうように伝える。

「遅くなりそうだから、先に帰ってて」
 僕が言うと、圭一が答える。
「悪い、待ってたいけど今日は先約あるから帰るわ、おつかれさん」

 圭一と別れを告げ、職員室へと向かう。

どのくらい時間が掛かるだろうか、と考える。遅くなるようだったら、部活も寄れないし、夕食の準備もしないといけないからそんなに時間もないけれど、等々考えながら職員室へと到着する。

 職員室を開けると、始業式の時に少しだけ話したメガネを掛けた女の先生と目が合う。
 確か、日野先生と呼ばれていたっけ。
「今、放送で呼ばれたんですけど」
「あ~はいはい、ちょっと待っててね、加藤先生、優君が来ましたよ」
 ちょうど席に戻ってきていた、担任の加藤先生に声を掛ける日野先生。

 僕に気付き近寄ってくる、加藤先生。相変わらず、迫力ある身体をしている。身長差もあり、ちょっと怖い。

「おおっとお待たせ、わざわざ来てもらって申し訳ない」
 一言謝られる。一応何故よばれたか聞こうとすると、すぐに次の言葉が投げかけられる。
「とりあえず、来客室に人を待たせてるからそっちに行こうか」

 来客室は、職員室と同じ1階のすぐ近くだった。呼ばれた理由を聞く間もなく、来客室へと到着する。
「さぁ、中に入って」

 中には女性が一人座っていた。
 というか、香織さんだった。

「ゆうくん」
 一言僕の名を呼ぶと、立ち上がり抱きしめられる。なんて言っていいか分からず、僕は言う。
「あ、あの…」

 どうやら、また心配させてしまったようだ。この頃ずっと心配されて、抱きしめられるまでがパターン化しているような気がする。


 数分後、落ち着いた香織さんと加藤先生とで話が始まる。内容は今朝の女性に関する問題だ。

「授業中は、学園側は不審人物を招き入れないことで対処できるだろうと考えています」
「登下校中はどうしたら良いでしょうか」
 すかさず香織さんが質問する。僕以上に真剣になり、考えてくれている。暴行罪となった女性、襲われたのが自分なのに、自分自身に起きたことなのかと現実感が無く、どうもそんなに深く考える事かと本気になれない。

 香織さんと加藤先生の話し合いが続く。

「今週来週ぐらいの短期間なら不自由になるでしょうが、私か他の先生が付いてお家まで送り迎えしますが、一人の生徒をそんなに長く特別扱いできないです。長期となると、生徒の中で佐藤さんと同じ方向に家がある生徒たちと時間を合わせて集団下校することで、一人にすることを避けるか……、もしくは、ご家族の方どなたかに付いてもらうぐらいの方法しかありません」

 話し合いが続き、二人はいくつかの対策を立てている。僕は二人の話し合いには参加出来ずに、終始話を聞いているだけに終わった。

 話し合いが終わったころには、既に外は夕暮れ時になっていて、そろそろ夕ご飯の準備をしないといつもの時間に間に合わないぐらいの時となっていた。
 加藤先生と別れ、香織さんの運転する車で家へと帰ることになった。

 

スポンサーリンク

 

backindexnext