第18話 部活復興作戦会議

 翌日、部長に料理の腕前を披露するため、食材の買出しと相成った。買出しは、あの後自己紹介した鏡桜さんにお手伝いしてもらうことになった。

 予算には、なんと三万円もあるらしく逆にどうしようか迷った。最初は遠慮して、なるべく安くを目指そうとしたが、逆に使い時がないので使ってほしいと押し切られてしまった。しかし、久しぶりの商店街での買い物と活気のある八百屋と肉屋でテンションがあがり、無駄に値切りを楽しんだりして、全品で三千円ぐらいしか使わなかった。

 荷物は桜さんが学校まで持ってくれた。男の僕が荷物を持たないのは格好がつかないなんて思ってしまうが、どうやらこっちの世界ではこれも逆らしい。桜さんが、さまにならないと強引にも荷物を持って行ってしまったため、僕は手ぶらで桜さんの後をついていくしかなかった。

 道中、桜さんと色々なお話をしながら学校へ向かう。

 学校では、すでに部長が待っていた。時刻は11時。昼ごはんを兼ねて今日の料理を審査してもらう予定だ。

 作る料理は、肉じゃが。作るのは結構簡単だが、さらに美味しく作ろうと思うとかなり奥が深い。ご飯も一緒に出そうと思い浸水させた後、炊き上げる。

 途中、桜さんや部長に手伝ってもらったが二人とも想像していた以上に不器用だったので、部員に教えるのは気合を入れる必要があるかもと思った。

 想定していた時間をちょっと過ぎ、午後2時30分頃やっと完成した。二人に審査してもらうと、どちらも絶賛してくれた。特に部長は、こちらが赤面するぐらいの美辞麗句を並び立て、コメントをくれた。

 前の世界では、料理なんて偶にしか振舞う機会がなく、ほとんど自分のためだけだったが、今は、家族に毎日作る機会があり、しかも喜んで食べてくれているみたいなので、かなり嬉しい。
 そして今、部活動という場所で新しい人に対して料理を作る。好みに合うかどうか不安ではあったが、思いのほか受けてくれた。やはり、自分は料理が好きで、それを喜んでもらうのが何より幸せなんだと感じる。

 食事を食べ終わり、桜さんの入れてくれた紅茶で一息つくと、部長がおもむろに話し始める。

「さて、佐藤さんが料理できることは、今日の料理でとてもわかりました」
「そ、そうです!すばらしい料理でした」
 今日は昨日に比べ、桜さんが会話へ積極的に入ってくる。昨日は緊張して、少しこちらを警戒するような雰囲気があったけれど、午前のお買い物を一緒にしたから距離を縮めることが出来たのだろうか。

「ありがとうございます」
「それで、教師役を佐藤さんに担ってもらうとして、部活で料理を教えられる人が出来たことを知らせる必要がありますね」
 桜さんが意見を言う。

「今日のように、ゆ…、佐藤さんの料理をみんなに食べてもらうのはどうでしょう」
 買い物の時に下の名前で呼んでくださいとお願いしたから、優と言いかけて不自然に止まる。部長は特に気にすることなく、人差し指を顎に当て、考えてますというポーズをして続けた。

「桜の言うように、食べてもらうのが一番効果的だと思うのだけれど、休日じゃあ集まりがちょっと悪くなるでしょうから平日の放課後になりますね。ただ、放課後となると料理を作っている間、少し待ってもらう必要があるね。その間は、どうするか」
 たしかに、放課後料理を振舞うために、作る時間が必要だ。前日作っても良いが、できれば料理は出来立てを食べてもらいたい。作り置くならお菓子はどうだろうか。

「じゃあ、何かお菓子を作っておてい、振舞うのは次の日以降というのはどうですか」
 部長が突然立ち上がる。
「お、お、お菓子作れるんですか!?」
「へっ?え、っと人並みには……ぐらいですけれど」
「今、出来ませんか!」
 目を血走らせて聞いてくる
「あっ、……っと材料がないので」
 料理作る分しか買ってきていなかったので、今から作るのは無理だった。部長は僕の答えを聞くと頭に両手を添えて頭を前後左右へとスウィングした。

「あ”あ”あ”--!!料理があれだけ上手いのなら、お菓子も期待できるのに! なんで過去の私はお菓子を作れるかどうか聞かなかったんだ、食後にデザートをお願いするべきだった!」
 部長の長い髪の毛がグワングワンと振り回し、挙句、雄たけびをあげている。どうやら悔しがっているようだった。桜さんが教えてくれる。

「部長は甘いものには目がないんです」
 目がないなんて限度を超えているように見えますが。

「すまない、取り乱してしまいました。最近甘いものを控えてるので、禁断症状が……」
「いえ、大丈夫です」
 あまり、深く突っ込まないでおこうと思った。

「それで、どんなお菓子を作るか案はありますか?」
 定番はプリンやクッキー、ちょっと手間をかけてケーキもいいかもしれない。
 だけど、桜さんの紅茶を思い出し考えた。
「アップルパイなんてどうでしょうか」
「アップルパイ!とてもいいですね」
 その後、日時、役割分担を話し合いお開きとなった。

 

スポンサーリンク

 

backindexnext