第14話 電車にて

 香織さんと話し合った数日後。
 お金の問題もあるかも知れないが、今は学生として勉強するのが一番必要かと結論付ける。

 何時ものように朝ごはんを準備し通学の支度を済ます。
「行ってきます」
「行ってらっしゃい。気を付けてね」
 春さんに見送られながら、家を出る。家を出るときは春さんが見送ってくれるのが習慣となった。

 学園行の電車に乗り込む。何時ものように、男性しか乗っていない車両。ぐるりと見回すと車内を見回すと圭一くんが先に乗っていたようで、僕を見つけ手招きしている。

「おはよ、圭一」
「おっと、おはよう。ゆう」
 圭一は返事とともに、席から立ち上がり僕の後ろに回り込んだと思うと、腕を首に巻きつけてくる。

「ええぃ鬱陶し、抱きつくな」
「いいじゃんか、男同士だし抱き着きやすいんだよー。スキンシップだよー」
 僕の身長が150cm程で、圭一は170cm以上ある。低身長コンプレックスな僕に対してひどい仕打ちをするものだと、内心では少しイラつきながら圭一の腕を掴んで拘束から抜け出し、すぐに席について鞄を前に持ってガードを完成させる。

「もう、ちょっとぐらい良いじゃんかよー」
と小さな声で不平を言いながら、隣の席に座る。さすがに、覆いかぶさってくるようなマネはしないかと内心ヒヤヒヤしていた。
 電車が発進する。

 電車内では圭一が、話題を振ってくれる。
「昨日のドラマ見た?シノかっこよかったよねー」
「ごめん、昨日はテレビ見てない」
 シノとは、今圭一がハマっている四宮恵子という女性俳優の事だ。以前、圭一のコレクションのサイン入りブロマイドを見せてもらったが、筋肉モリモリな体に鋭すぎる眼光で怖いという感想を言ったら、3時間ぐらいファストフード店で付きっ切りになって四宮恵子の魅力について語られた嫌な思い出がある。

「優って、テレビ全然見ないよね。アイドルにも疎いし…ってごめん」
 圭一が謝る。多分、記憶喪失の影響でアイドルについて忘れてしまったなんて思い、忘れた僕を非難してしまったかもと考えたんだろう。
「大丈夫だよ。疎い分は圭一に教えてもらえばいいし……って何?」
 ハッと驚いた顔でこちらを見ていたかと思うと、急に両手を前でぐっと手を握り宣言した。

「わかった、このアイドルマイスターの僕が、優にアイドルについて叩き込んであげる」
「い、いや、そこまで張り切る必要もないかも……」
 妙に気合を入れて燃えている圭一に、少し引いてしまう。

「それでに、さっきのドラマの話だけどさ相手役の真央ってのがほんとむかつく男でね」
 昨夜のドラマについて、語り足りてないのか話を戻してしゃべり始める。
「小っちゃくて、かわいくて、顔もよくってもう本当にむかつく。あのお坊ちゃんは絶対裏で嫌な性格なのよ」
「真央って?」
「木下真央って言う、今絶賛売れ売れの男優よ」
「その真央って男はそんなに嫌なやつなの?」
「う~ん、バラエティとかで見たことないからなー。性格とかわかんない。身長が150cmも無くって、女が大好きそうな顔で、嫌な奴って言ってるのもほとんど僻みだけどね」

 身長が150cm無いなんて、僕よりも背が低いのかと考えていると、「でも絶対優の方が可愛いよー」 なんて言って、頭を抱きかかえようとする。

「だから、ヤメてって気持ち悪い」
「いいんだよ、男同士だから。ほらあっち見てみー」
と言う圭一の、指す先を見てみると隣の車両に乗っているえらく美人な女性が貫通扉の窓の部分から此方を凝視していた。貫通扉は此方からカギがかかっているので、向こうから入ろうとは出来ないはずだがちょっと怖い。

「うーん、あんまりパッとしない女だなー。だけどあんなに興奮した目で見られるとすごい優越感」
「だから、ヤメて」
「ほらほら、男同士の絡みを見せて興奮させてやろうよ」
「御免だ!」
 フワッと男くささの香りを感じた瞬間思わず、席から立ち上がり距離を取り臨戦態勢に入る。

「固いよー優。学校じゃ、今はまだ退院したばかりだってみんな遠慮してるけど絶対スキンシップ増えるから今のうち慣れとかないとヤバいかもよ」
 そういえばと思い返してみると、学校では圭一以外の男子生徒からのソフトタッチが増えたかもしれない。あれでまだ遠慮していて、これから過激になっていくわけか。ソフトタッチぐらいなら、そんなに気にならなかったけど抱き着きとかだとやっぱりキツイかもしれない。

「うーん、やっぱり嫌かも」
「その身持ちが堅いのは、魅力かもしれないけど男相手に警戒してもねって思うけど、って到着したし降りよ」
 いつの間にか、降りる駅に付いていたので電車から降りて歩いて学園へと向かった。

 

スポンサーリンク

 

backindexnext