第13話 夜半

 姉妹に夕食を振る舞い、お風呂を先に頂きリビングで一息つく。今日も母親の香織さんは残業のようで、帰りが遅い。

「もう10時か」
 連絡では、10時までには帰ると連絡があったが何時ものごとく時間は過ぎ去る。

 準備していた夕食は冷め切ってしまっているので、ラップにかけて片づける。

「優、母さんは遅いみたいだからもう休みなさい」
 春さんが、リビングに来て言う。

「もう少し待ってみます」
 心配そうな顔で言われると、休まないとなんて思うがもう少し待っていたいという気持ちが強い。
「……そう、日が変わるまでには寝るんだよ。悪いけど、先に休ませてもらうよ」

 もしかしたら、金銭的に苦しいのかなと考える。僕の入院費がかなり掛かったのかもしれない。香織さんからは、特にお金に関する話はなかったが、そういう部分を見せ無いようにしているかもしれない。

 そうだったとしたらバイトとかする必要があるかも知れないな、とも考える。

 この世界で起きてから、これまでの生活が脳裏によぎる。前の世界と比べてあまりにも、心地よかった。母親や姉妹の家族愛のこもった気遣い。

 前の世界では、息子はたくましく放任主義で娘は大事に過保護に育てられるってイメージだけど、この世界ではまるで逆で、姉妹は割とほっとかれて僕は母親に大事にされている事が良くわかる。姉妹は、それを疎ましく思う事もなく加えて母親と同じく僕を気遣ってくれる。そういう人たちだから、ちょっとでも何かに役に立ちたいと思う。

「ただいま~」
 疲れきった香織さんの声が、玄関から聞こえる。時計を見ると、11時を過ぎていた。思ったよりも、考え込んでいたようだ。
 玄関に向かい、香織さんを迎える。

「お帰りなさい、香織さん」
「えっ、ユウくん。こんな時間まで起きて待ってなくても……」
 もう寝てるだろうと思っていたのか、出迎えた僕を見て驚き、チラと腕時計を確認し、さらにびっくりして言い募る香織さん。

「いえ、待ちたかったから待っていただけです。それよりも、ごはん先にしますか、それともお風呂を先にしますか」
 なんだか、新婚の夫婦みたいだなと考えつつも日課になった香織さんのお出迎えの言葉を言う。

「待たせてごめんなさい。先に、ごはんを頂ける?」
「わかりました、すぐ温めますんでちょっとだけ待っててくださいね」
 リビングに入り、先ほどラップをした食事をレンジにかける。本当は、作り直したいが
ちょっと時間が足りない。

 香織さんが夕食を食べ終わるのを待ち食後の紅茶を振る舞いながら、先ほど考えていた事を聞いてみる。

「香織さん、ちょっと聞いても良いですか」
「なぁに?ゆうくん」
「もしかして、ウチってお金に困っていたりしませんか?」
 困惑顔になる香織さんに、やはり聞くのはまずかったかなと思いながら次々に言葉が口から出る。

「入院費って結構掛かったんじゃないかって思って、それで香織さんがいつも帰りが遅くなってて無理してるんじゃないかって」

 言っていくうちにどんどん険しくなっていく香織さんの顔を、これ以上見れないと視線が膝の上に向かう。

「もし、苦しいんだったら僕もバイト探してお金を稼ぎます」
 香織さんのイスから立ち上がる音を聞き、もしかしたら子供が生意気にと叩かれるかもしれないと思ったが、ふわっと頭を抱えられいい匂いがするのを感じ抱きしめられているんだと数秒経った後に理解し、安堵と緊張感が高まる。

「子供がそんな心配しなくていいの。それにウチはそんなにお金には困ってませんから、バイトをする必要なんてないのよ」

「それよりも、今日の生殖検査すごく高い数値だったのよね」
 突然別の話題を振ってくる香織さん。もしかしたら話をはぐらかされたのかと考えたが、抱きかかえられた状態で顔が見えないので判断できない。

 そういえばと、今日の保健室での出来事を思い出す。しかし、なぜ香織さんが知っているのかとも疑問に思う。

「なんで知っているんですか」
「息子の身体状態って、親に報告が来るのよ。特に、生殖力数値なんていろいろ手続きとかもあってすぐ連絡が来るの」
「そうなんですか」

 男性の数が少ないので、こんな所でも過保護にならざるお得ないのかなと考える。

「そうなんです。それじゃあ私はお風呂に入ってくるわね。ゆうくんはもう遅いからすぐに寝る事」
 抱いていた腕を放して、お風呂にむかう香織さん。家計事情に少々の疑問を残したまま、これ以上聞いてもわかることはないかと寝る事にして、部屋へと帰った。

 

 

スポンサーリンク

 

backindexnext