第12話 男の子とは

 身体測定を終えて、教室に戻る。ホームルームがあるためだ。

 担任が来ないため、席を離れておしゃべりしたりしている生徒を眺める。ズボンを履いているが、男子に見える人物を見る。先ほどの桜さんだ。何度見ても男性にしか見えない。

 他にも、男性にしか見えないけどズボンを履いているから、女性と思われる人たちを見る。身長がかなり高く、全員180cm以上はあるだろう。

 あるひらめきが浮かんだ。
(部屋のBL本って、あれって男女のペアだったかもしれない)

 圭一君と帰宅する。
「結果どうだった?良かった?」
「結果って?何の結果?」
 いきなり話題が変わり、なんの結果かわからず聞き返す。

「何って、きまってんじゃん!男の子!」
「……男の子?」
「そうそう、生殖検査どうだった?僕は62%!どう高いでしょ。まぁ、産ませるまでどうか分からないけど、最近は技術の進歩でかなり信頼度もあがったし6割の確率で男の子だよ。楽しみ」

 どうやら話の流れから、今日行った生殖検査とは男の子が生まれる確率の事らしいのが分かった。

 どうやって確率を出しているのか分からないが、確かに男性が少ないこの世界で、男の子が生まれてくる確率を調べる事は死活問題なのかもしれない。

「……89%だったけど」
 モニタに表示された数字を思い出し、伝える。
「……それ、ホント?」
 何やら、今までにない真剣な顔でこちらに聞いてくる圭一くん。目が据わってる。

「どうやって上げたの!?去年50%行ってなかったよね!89%なんて高い数字どうやって?」

 家に到着すると、早速本棚を調べる。一ヶ月前に見て以来、触ってすら居なかった。一冊抜き取り、ページを開く。

「わからん」
 顔や体型では男にしか見えない。胸を見てもおっぱいなのか胸筋なのか、判別がつかない。膨らんで居るように見えるが、女性のおっぱいほど丸みがあるわけでもなく、筋肉のように見える。

 下半身を見れば、付いているか付いていないかが分かるが、残念な事に、あるいは、幸いなのか裸の下半身は描かれていない。

 ただ、服装はスーツに下はズボンを履いている。この世界での女性の服装になるのだろう。一方はスカートを履いているのでこっちは男性だろうか。

「なんでわからないんだろう」
 本を戻しながら、思ったことをつぶやく。

 記憶の中では、男の子のように見える女の子、女の子のように見える男の子、中性的な容姿をしていてわからないこともたまにあるにはあった。それに比べ、今は全く判断がつかない。ただ、男らしい猛々しい人は、女性のようで、弱々しい女っぽい子が男性のようだという判断ぐらいしかできない。

 とりあえず、わからないことは置いて夕食を作ることにした。

 

スポンサーリンク

 

backindexnext