第11話 身体測定

 始業式の翌日。
 身体測定は午後に行うようで、午前中は早速授業が始まるようだった。

 授業中、チラッと横を見ると真面目に授業を受ける者、ボーっと聞いているのかいないのかわからない者、突っ伏して寝ているらしい者、机の下に何か忍ばせて見ている者、多分漫画かなにか読んでるのかな。などなど、懐かしい光景が広がっていた。

 窓の外を見ると、グラウンドで体育の授業を受けているらしいクラスが居る。体育を受けている生徒の中に圭一君が居るのが見える。

(朝から体育大変だなぁ)
 あれっと疑問に思う。
 圭一君は赤いジャージを着ている。男子は赤いジャージを着るようだ。確か、家にあったジャージは赤かったはずだと思い出す。一方女性の集団に目を移す。女子は青いジャージを着るようだ。

 そんな中、青いジャージを着ている男子が見える。

(あれ?あの男子青いジャージ着てるけど……)
「……さん、……佐藤さん……」
「うえっ、はい!?」
 先生に呼ばれているのに気づいて、窓から目を離す。机の前にこの世界では女性として珍しい、僕と同じぐらいの150cmぐらいの低身長の先生が立っていた。しかし、低い身長に対して胸がすごく巨大だ。さらに、かなりきわどい服で胸の谷間もしっかり見える。近づかれたことで、よりはっきりと分かる。

 吸い込まれそうな目線をなんとかそらし先生の顔を見る。
「あのっ、佐藤さん。……授業を聞いてください」
「ごめんなさい」
 気弱にそうお願いしてくる先生に対して素直に謝り、その後の授業は真面目に受けた。

 午前中の授業が終わり、昼食を挟んで午後。今日は残り身体測定だけを行うようだ。身体測定は体育館で行うようで、クラスメイトは各々移動を始める。僕はその後に付いて行くことにする。

「佐藤さん、佐藤さんはあっちだよ」
 ボーっとしながら付いて行くと、不意に声をかけられる。
「え?」
 5人ほど固まり歩いて、体育館の別の出入り口に向かっている男子達を指さし言われる。
「こっちは女子」
「あっ、ごめんなさい」
 謝った後、走って男子達の方へと加わる。
(あれっ、でもあっちにも男子が居るけど……)
 男子の後に付いて歩いてた筈だけどと考える。

 男子達に加わった後、先ほど注意された女生徒の方を見る。確かに、女子の中に男子が加わっているのが見える。見間違いでは無いはずだ。

(おっかしいなぁ)

 男子の一人に聞いてみる。
「あの、男子達があっち行ってるけど良いの?」
「ん?何いってんの?……女子しか居ないよ?」
 チラッと女子と男子達の方を見て、答えてくれる男子生徒。もう一度、確認して見る。

 クラスメートの中で、190cm以上はあるだろうか、もしかしたら2m超えているかもしれないめちゃくちゃデカくて厳つい顔をした、その男子を指さし聞く。

「……でもっ、あの人とか明らかに、おとこ……」
「あっ、慶子さん!良いよね。絶対頑丈な”男の子”を産んでくれそうな気がするよね。女子の中で一番の狙い目だと思う!」
 もう一度その慶子さんとやらをしっかりと見る。制服の上からでもわかるような筋肉の太い腕に太い体、足も丸太にズボンを履かせたように頑強そうだ。顔も日に焼けており黒光りしていて眉毛が濃く太く、加えて短髪だ。大きな鋭い目に大きな獣を思わせる口。完全に男だ。僕には男にしか見えなかった。その他にも、男子と思われるような人たちが女子に混じって体育館へと入っていく。慶子さんと呼ばれた人も体育館へと入っていって見えなくなった。


 そういえばと思い出す。確かに、先ほどの男子達はズボンを履いていた。スカートではなく。自身の履いているスカートを見やり、次に5人の男子達のスカートを見る。

(あれっ……ってことは、もしかしてじょ、女性……?)
 男子がスカート履いているのが当たり前で、男子がズボン履くのはおかしいけど、男子にしか見えない人がズボンを履いていて、それは女子……。

 混乱する頭で男子たちの後に付いて行くことしか出来なかった。

 身長と体重、視力検査をする。先ほどの事を考えていると、いつの間にか身体測定は終わってしまった。

「終わった人から保健室へと移動してください」
(まだ何かあるのかな)
 クラスメートの5人の男子が固まって移動する。保健室の場所がわからなかったが、付いて行くことで何とか到着した。

 保健室の前には、別のクラスの生徒達が並んでいる。その後の順番に加わり、名前順に並ぶ。保健室から出てくる生徒は、なぜか喜んだりうなだれたりしている。
(一体何の検査だろう)

 一人、扉から出たのを見てから自分も保健室へと入る。中では二人の男子が備え付けられた椅子に座っていた。
(ここに座ればいいのだろうか)
 一人分空いている席に座る。名前が呼ばれ、座っていた男子の一人が仕切りの向こうへと行く。

 特に服を脱いだりしていないので、聴診の検査とかでは無いようだが。仕切りがあるので向こう側が見えず、何をやっているのかわからない。ボソボソと話し声もするが、声は小さく内容は聞き取れない。

 時間もそんなにかからない検査のようで、すぐ男子は戻ってくると扉を出て行く。なんの検査かわからないので、だんだんと不安になってくる。

 自分の番になって、声を呼ばれる。仕切りを超えると、机の傍らに更に仕切りがあり、その近くに白衣を纏った女性が立っていた。

 女性医に四方5cmぐらいの紙を受け取る。
(なんだろう、これ)
「あの、すいません。これってなんですか?」

「えっ?い、いや。…あれ、去年やらなかったの? 授業も受けたでしょう。……本当にわからないの?」
 焦りながら白衣の女性が言う。記憶を遡ったが、わからない。一体何の検査だと言うのだろうか。

「ん……、そうか佐藤さん。入院していたと連絡は受けているけど、困ったな。生殖検査の方法がわからないなんて。男性の保険医も他の学校へ出てるからなぁ」

 手に持ったカルテだろうか、確認してむむむと悩みだす先生が言った生殖検査という言葉、最近聞いたような気がしたが何だっただろうか。

「えっと、その紙はペニスに押し当てるだけでいいんだけど、……もう一度保険授業受け直した後に検査したほうがいいのかも……」

 その言葉に、思い出す。入院中に色々行った数々の意味のよくわからない検査の中にあったものの一つだ。あの時は、混乱していて言われるがままにやっていたけど。その中の一つに紙をペニスに押し当てると言ったものもあった。生殖検査と言っていたけど、これがその時と同じものか。

 頭に浮かんだ瞬間、顔から火が出る思いだった。

「えっと、やり方思い出しました!入院中にやったのを思い出しました」
「そ、そうよかった。じゃあ早速そっちでお願いするね」
 早口でまくしたてて、素早く仕切りを超える。スカートをたくし上げて、パンツを下ろして下半身の一部を出す。

 ちらと顔を後ろへ向けると、ジーっとこっちを見ている女性医と目があった。すぐに女性医は目を逸らしたが、見られていたようだった。背の高い仕切りだったが、女性医もかなり背が高く仕切りの上からでも少し覗くことが出来るようだった。

 仕切りを背にしていたので、下半身は見られなかっただろうが。顔が熱くなってくるのがわかる。すぐに視線を下に戻し、紙をペニスの亀頭に押し付けてパンツとスカートを元通りにする。し深呼吸して顔の火照りを取る。

 仕切りを出て、女性医に紙を渡す。女性医は何事も無かったかのように紙を受け取り、机の上にある機械に紙をセットしてボタンを押す。機械の液晶モニタに89%と表示される。女性医はその数字を手に持っている物に書き込むと言った。
「はい、お疲れ様」

 これで検査は終わりのようだった。

 

 

スポンサーリンク

 

backindexnext