閑話07 佐藤沙希とのスポーツ観戦

「わっはっはっは」
 テンションが上がりっぱなしで、意味不明な笑い声をあげると、優が注意する。

「沙希姉さん、近所迷惑だよ」
「良いんだよ!今日は、開幕戦だろ、それよりも呼ぶときはあ・ね・き」
「えっと、あ、あねき、ご飯は?」

 まだ呼び方には慣れていないようだったが、いつかはこの呼び方を定着させたいと何度もそう呼ばせる。

 優に言われたことを考える。
「んっと、試合見ながら食べたいからお皿こっちに持ってきて」
 母さんや春姉さんが居れば、テレビを見ながら食べるのは、行儀が悪いと言って止められるが今日は居ないからOK。なんといっても開幕戦だから、これは一秒たりとも見逃せない。

 今年もやってきた、開幕戦を前にテンションが上がりっぱなしである。試合前の練習が中継される中、解説が今日の開幕戦 スターティングメンバーを読み上げる。

 本当は球場で見たかったけど、今年は優が大変だったのでチケットを買い忘れてしまったのだ。優は変わった。料理をするようになったし、優しくもなった。キレイにもなった。

 しばらくすると、優がお皿をテーブルに並べてくれる。相変わらず豪華な夕食に腹がなりそうになる。ただ、いつもよりも量が多い。

「あれっ?お皿多くない?」
「僕もこっちで食べようかと思って」
 確かに二人分あるようだったが、おかしいことに気づく。
「紗綾と葵は?」
「紗綾姉さんは、用があるからってさっき出かけて行っちゃった。葵は寝てるみたいで、部屋の前で呼んでも来なかったから今日は二人」
「んー……そっか、じゃ先に食べちゃおうか」

 二人で頂きますと言って、食事を食べ始める。ちょうど、選手たちの守備練習が終わり、試合が始まる。しかし、いつものように集中できない。
 優は夕食を食べながら、試合を見ている。
「な、なぁ優、野球興味あるのか?」
「えっ?そ~だなぁ。見るよりもやる方がいいかも」
「ほ、ほんとか!?じゃぁさ、今度一緒にキャッチボールやるか?」
 自分の会話の内容が、なんとなく恋人を想像させて内心赤面する。

「いいよ、明日にでもやろう」
 約束を取り付け、胸中で喜びながら夕食に手を付ける。

 ご飯を食べ終わり、優と一緒に試合を見る。俺が途中解説を加えると、優は感心したように、そして、興味深そうに試合を見る。今日の試合はなんといってもトラと兎の開幕戦なので、球場も熱気にあふれているのがテレビを見ていても伝わってくる。
 球場に行けなかったことをやっぱり残念に思いながらも、今日一緒に優と試合を見れて良かったとも思う。いつか、一緒に球場に見に行きたいなとも思う。

「やったぁ勝ったね!」
 俺の贔屓にしているトラのチームが勝利し、優が嬉しそうにこちらを見て言う。
「ははっ、このチームは開幕戦だけは強いからなー!シーズン通して頑張ってもらいたいけどな」
 そう言うと、でもやったねと何度も言って喜んでくれる。うちの家族は、あまりスポーツを見ないから、こんなに共感してくれることはなかったので、一緒に見るというのも良い物だと思う。
「な、なぁ優、もしよかったら明日も一緒に見ないか?」
「うん、いいよ!明日もトラのチームを応援しよう!」
 なんだか、いろいろ約束を取り付けて悪い気がしたが、それでもうれしさの方が大きく、約束してくれたことに喜びを感じる。

 やっぱり優は変わった。優しくもなったし、以前ダメだったこともするようになった。ずっと今の優のままでいてくれるように、願う。とりあえず、明日のために優のグローブを準備しようかと思った。

 

スポンサーリンク

 

 

前のページindexnext