閑話06 佐藤葵の場合

 自分に落ち着けと言い聞かせ、深呼吸して落ち着く。布団をどけて、暗くなっていた部屋の電気をつけてベットのうえに座りなおす。かなり長い時間布団に篭った姿勢で居たかと思ったが、机の上に置いてある時計を見ると十分も経っていなかった。

 急にゲーム機の事を、思い出す。

 今日見た兄さんの雰囲気を見てると、なんだか返してもらえそうな気がして、取られたゲームをすぐにやりたいと思う気持ちも強くなり、思い切って兄さんに言うことを決意した。

 自分の部屋の扉を開けて、廊下を見ると誰も居ない。まだ下で食事中だろうか。階段を降りる。丁度、ダイニングから兄さんが出てくるのが見えた。

 返せ!と言ってやる。自分を奮い立たせるが、顔を見ると、急に怖くなった。言ってしまったら、また殴られるかもしれない、今まで見たことない少し困ったように笑う兄さんが、突然変わってしまうかもしれない。
 色々な悪いことを想像していると、兄さんから声をかけてきた。

「葵ちゃんだよね」

 生まれてから今までの記憶の中で、兄さんからは”おまえ”としか呼ばれたことがなかったのに、いきなり名前を呼ばれた。何故だか、悲しくなった。何で、今まで私の名前を呼んでくれなかったのか。何で、今更私の名前を呼ぶのだろうか。

 いつも、泣かされてばかりだった事を思い出した、これもそうなのだろうか。
「……返して」
「えっ?」
 それだけしか言えなかった。私は兄さんが嫌いだった。だから、もっと色々なことを言ってやりたかったけれど、とても悲しくて何もいえない。
「私の、取った。……返して」
 とうとう、鼻がムズムズとして目が熱くなり、泣きそうになってしまい俯く。それでも、何とかゲームだけは返してもらわないと思って言う。
「ゲーム……、私の」

「もしかして、ゲームポケットの事?」
 兄さんの言葉に、頷く。
「わ、分かったすぐ返すよ。部屋にあるから取ってくる」
 すぐに、部屋に帰って寝てしまいたかった。だけれど、ゲームも返してもらいたい。思いがごちゃまぜになり、とうとう我慢しきれず涙がこぼれてしまった。女の癖に泣くなんてみっともない!

 それが更に悔しくて、涙がこみ上げてくる。部屋は近くなので、すぐ戻ってくるだろうと思う。兄さんに、泣いたと気づかれるのはすごく嫌だった。

 目を腕で擦って涙を拭う。目がすごく痛かったので、もしかしたら真っ赤になっているかもしれないが今は確認できない。

 兄さんがゲーム機を手に持って戻ってきた。
「はい、これでよかった?」
 そう言いながら、ゲーム機を私に渡す。他には特に何も言われない。ゲーム機に刺さったままのソフトを抜き取り確認する。ずっとやりたかったゲームだ。

 もう一度、兄さんを見る。やっぱり見たことないような、ニコニコした顔だった。その顔を見ると、やっぱりもう何も言えなくなって私は、何も言わず部屋に帰った。

 

 

スポンサーリンク

 

 

前のページindexnext