閑話02 佐藤香織の場合

 佐藤優が、倒れている。

「ゆ、ゆうくん……?」
 漏れ出た声は、細くかすれていた。台所でうつ伏せに倒れている様は、いつか見たドラマの死体が横たわっているというシーンを香織に思い出させた。
 普段は優の体に触れると、強烈な罵倒が返ってくるため、極力触らないように過ごしているが、そのことは全く頭から抜け落ち、駆け寄って体をゆするが全く起きる気配はない。

(どうしよう……どうしたら……)
 香織が混乱していると、頭上から娘の春が声を掛けてきた。
「母さん、どうしたんだい」
「ハルちゃん……ゆうくんが」
 それだけしか言えず、どうしたら良いか縋るように春を見やる。何もできない自分がとても情けなく感じた。

 春はその後、優を見て軽く体を揺すった後言った。
「私達にこんなに近づかれて、まして触られて起きないのは異常だ。救急車を呼ぼう。今電話してくるから優を見ていてくれ」

 そう言うと春は電話を掛けに部屋を出た。

 救急車が来るまで、香織は様々な恐ろしい想像をして顔を青ざめさせた。
(もしかしたらこのまま目を覚まさないかもしれない)
 病院へ運び込まれた後も、ただ目を覚まさず眠っているだけだと医師に言われた。原因が分からないない、治る見込みも分からないという医師の言葉に苛つきを覚えたが、他にできる事もなく、仕方なく家へと戻ることになった。

 佐藤優がが目を覚ますまで香織の一週間は、悲惨な日々だった。
 もしも、愛する息子がこのまま目を覚まさなければ。
 もしも、このまま息絶えるような事があれば。
 香織は生きていくことは出来ないだろうと考えた。

 香織は優が生まれた日々の事を思い出した。夫の精児さんは、香織との間に積極的に子供を作ることはしなかった。
 次女の沙希と三女の紗綾が生まれた後は、家を出て行ってしまい今は婚姻関係は続いているが後は生活費を援助するだけの関係となった。

 精子ドナーによる体外受精は少し抵抗があったが、三人の娘には悪いが、男の子が欲しいと思ってしまったため利用を決行した。

 新たに子供が増える喜びに加えて、男の子だったという事が香織を歓喜させた。

 自分の息子なので、あらゆる事をした。一緒にお風呂にも入ったし、自分の母乳もあげた。一緒の布団で眠りもした。全て男の人との初めての体験だった。成長してからは、一緒に出かけもした。初めての男の人とのおでかけに胸がときめいた。
 
 周りの女性の羨望の眼差しに優越感も感じた。

 優は思春期に入って、女性を嫌悪するようになり男性への興味が増したようで、苦しい思いもした。ただ眺めているだけで、精児さんには感じなかった素晴らしい様々な感情を感じさせてくれた。

 香織は優の回復を祈った。食事がうまく取れず、部屋へ閉じこもって少しずつ衰弱していく生活だった。

 突然春が部屋へ入ってくると優が目を覚ましたと、普段は無表情なその顔に喜びを滲ませ伝えてくれた。病院から連絡が来たらしく、すぐに病院へと向かった。


***


 病院へ到着すると、医師が色々と説明してくれたが香織は、優にすぐ会いたいという想いに頭がいっぱいで、心ここにあらずと言った感じだった。
 病室についてノックをする。

「ゆうくん、入ってもいいかしら」
「あっ、どうぞ」
 部屋からは、もう聞くことが出来ないかもしれないと覚悟した愛する声が聞こえてくる。
 すぐに扉をあけて、ベットに座る優を見る。

「ゆ、ゆうくん……」
「え?あ、あの……」

「よ、良かった……本当に……ほんとうに……」
 感情は喜びに支配され、涙が溢れでた。

 涙が何とか止まった時、優が声を掛けた。
「あの、どちら様でしょうか」
 話半分に聞いた医師の言葉、記憶喪失という可能性について香織は思い出した。
「えっ!?あっ、先生が言っていた……。あの、私はあなたの母よ」
「はあ?母親…?」

 倒れる前の優には、常に不機嫌と怒りを感じさせるような苛立った顔ばかりだった。
 しかし今の優には、今までに見たことのないような大人びた気遣いと心配の表情があった。香織は倒れる前と今の優の雰囲気に違いを感じたが、久しぶりに交わす愛する息子との言葉に香織は違和感については考えないようにした。

 じっとこちらを見る優に、少し恥ずかしながら声を掛けた。
「あの、ゆうくん……?」
「あっ、ごめんなさい。あなたが僕の母さんなんですね?」
「そうよ、ゆうくん。覚えていないかしら?」
「……」

 優の心ぼそいという顔を見た香織は、何としても助けてあげたくなるような、女の保護欲をかきたてるような表情に、今の不安を取り払ってあげようと様々な事を説明した。
 それは、何故優が倒れたのか、倒れてからどうしたのか、どんなことでも話して、頼ってくれていいという事だった。

 医者が戻ってきた時、一方的に話してしまったことに気づいて少し悔いた。優と医者は話している。

「それじゃあ、この後は男性医師に担当をお願いするがそれでいいだろうか。」
「え?日野原先生がいいです」
「男性医師を希望しないのか?」
「あの、日野原先生がいいのですが……ダメですか?」
「では、これからよろしく頼む。早速、検診の準備をしてくる。待っていてくれ」

「はい!よろしくお願いします」

 優の男性医師を拒否するという言葉に、香織は信じられないという思いを抱いた。
 最近は、家族でさえ近寄ることを拒否するぐらいの女嫌いになっていた優である。当然男性医師を選ぶだろうと考えていた。また、女性医師のセクハラの危険性なども考えたが男性の意志を第一に尊重するという男性保護法の決まりで言葉を挟むことも出来なかった。

 それ以上に、優の天使のような笑顔を見て、それが医師に向けられていることに多くの嫉妬心を感じていた。


***


 優が目覚めてから、体に異常が見られないかしっかり診てもらう必要があったた。本当は家へ連れて帰りたいと思ったが、毎日お見舞いに通うことにした。

 お見舞いの間、香織は優に対して二つの事をしてもらうようお願いすることに成功していた。

 一つは、敬語をやめること。目覚めてから、優は香織に対してずっと敬語を使って話していた。優の思いやりや気遣う心を感じたが、少し壁を感じる言葉に香織は思い切って普通に話してとお願いしてみた。

 ぎこちなさはあったが、普通に話してくれるようになりお願いしてよかったと香織は思った。もう一つは、「香織」と名前で呼ぶこと。少しでも距離を無くすためだとか何とか、
色々理由を述べて、本当は今の優に対して少し恋人気分を感じてみたいという香織の我欲的な思いからだったが、「香織さん」と呼んでくれるようになった。

 お見舞い中、香織は甲斐甲斐しく優を世話した。世話をしながら、香織は思った。記憶を失う前の優と今の優、比べると今の優の方が何倍も素敵だと。香織は、悪いこととは思ったがいつまでも、記憶を失ったままの今の優のように居て欲しいとも思った。

 それは、今の優が魅力的すぎたからだ。

 三日過ぎ、優は体に異常は見られない事がわかったため退院することになった。

 

スポンサーリンク

 

 

前のページ index next