閑話01 日野原時雨の場合

 日野原時雨は、オタクである。
 仕事の合間のほんのひとときをや就業後を、好きなライトノベルを読んだり録画したアニメ視聴に費やす。

 最近のお気に入りは、日曜朝8時30分からやっている魔法少年のアニメだ。

 代々医者の家系で、子供時代は勉強に大半を費やしたため男性との思い出は皆無。兄弟や従兄弟にも男の子はおらず、男性とほとんど初めて直接会話を交わしたのも患者として担当した時だった。

 その男性患者とは、あまりいい思い出ではない。ほとんど初めて喋るための緊張とちょっとした期待が漏れ出たのか、それが相手に伝わってセクハラで相手に訴えられる直前まで行った。

 なんとか示談に持ち込んで事なきを得たが、それが二次元へとのめり込むきっかけとなったのだろう。好きなキャラはツンデレで、ドジっ子もとってもいい。クーデレに萌えながら、ヤンデレに夢を見る。

 佐藤優が病院で運び込まれた時、数少ない男性医師は全員出払っていたため看護師を伴って私が担当することになった。
 なるべく男性患者と関わりあいになりたくないと思いつつ、緊急だから仕方ないかと諦めながら患者を迎えた。

 佐藤優を見た時雨は、心を奪われるという事を初めて知った。今時めずらしい、真っ黒な髪の毛。髪はきめ細かく、傷んだところも見当たらない。

 黒の長い睫毛に、弓型に整った眉、真っ白な肌にほんのりと朱色に染まった頬。ちっちゃな鼻に、ぷっくりと魅力的な唇。

 身長150cm程の体から伸びた可愛らしい手足。ゆっくりと上下に動く胸に、思わずにはいられなかった。
(この子の子供を産みたい)

 数十秒も硬直した時雨を不審に思い、声を掛ける看護師。夢の世界へ旅立っていた時雨は、現実へ戻ると優の診察を開始した。

 視診の結果、特に異常が見られずただ眠っているように見えた。触診や医療機器を使った診察は、両親との相談と了承が必要なため佐藤優はひとまず男性患者専用室に運び込まれることになった。

 相談の結果視診は男性看護師立ち会いのもと、医療機器を使った診察は優の母親を伴って行うことになった。

 更に診察を進めても、体には異常が見られなかった。ただよほど深い眠りに入っているのか、声を掛けても、優の母が何度も体を揺すったが起きる気配は全くない。

 佐藤優が運ばれた初日は、原因が分からないまま過ぎた。原因が分からないので、治療の施しようもなくただ経過観察するより他はなかった。

 他の担当の患者の診察を終え、いつもは休憩部屋でライトノベルを読もうかという時間。

 男性患者との不必要な接触は禁じられているが、時雨はなんとなく佐藤優の病室へと足を運んでしまった。男性と女性、どちらもひとりずつ。ひとつの部屋に、ふたりきり。セクハラとして訴えられたら、疑念の余地なく捕まってしまうだろう。
 ただ時雨は、その危険を犯してまでも、いつまでも優を見ていたいと思った。
(なんて可愛い子なんだろうか)

 

***

 

 佐藤優が運ばれて、数日経った。時雨は、佐藤優の病室へ足を運ぶのが日課になった。

 朝起きるとき、通勤の間、診察の合間、食事をしている時、寝る前などなど、時雨は処女特有の想像力を遺憾なく発揮しあらゆる妄想をした。

 彼の妖美な口からは、どんな声を出すのだろう。性格はどうだろう。優しいといいなぁ。ツンツンしているのも可愛らしくて素晴らしい。趣味はなんだろう。好きな食べ物はなんだろう。嫌いな食べ物はなんだろう。趣味はなんだろう。どんな本を読むのだろう。どんな映画を見るのだろう。好きな音楽はなんだろう。

 佐藤優に出会ってから、時雨のオナネタは彼ただひとりきりだった。毎日、彼の妄想した蠱惑的な声を、吸い込まれそうな瞳を見ながら、美しい体を抱きしめる。三度オーガズムに達したら、次の日に疲れを残さないようもう寝てしまう。

 佐藤優が目覚めたと、看護師から伝えられた時時雨は少し落胆してしまった。実は、不謹慎にもずっと目覚めないまま永遠にあの病室へ閉じ込めてしまっていたいとも考えていたからだ。

 病室へ入ると、彼はベットの上で座っていた。確かに目覚めたようだ。まだ寝ぼけているのか、美しい顔はぽけっとした表情をしている。
「起きたか、佐藤優くん」
「あっ、えーっと……。はい」
(想像していた何万倍も良い声だ)
 時雨は彼の声にうっとりとしたが、気を取り直し診察を始めた。

 佐藤優は記憶喪失だった。ただ珍しい症状で、自分の年齢を33歳と答えたり、状況を正しく把握しきれておらず知識にも混乱が見られる。

 母親を呼び出し、さてどうやって男性医師に引き渡すか頭を悩ませた。

 母親が到着後説明を少ししてから、先に病室へ向かってもらい引渡しを任せられる男性医師を確認してから、病室へ戻った。

「お話はできたか?」
「はい、先生」
(無理をしていないだろうか)
 少しトーンが低い返事にそう思った。

「お母様も現状を把握出来ましたか?」
「えぇ……少し」
 少し泣いたのだろう。目が赤くなっている。

(はぁ…… これで優君とはお別れか)
 時雨は残念に思いながら、いつものセリフを言った。

「それじゃあ、この後は男性医師に担当をお願いするがそれでいいだろうか」
「え? 日野原先生がいいです」

 九割以上の男性は、異性である女性を担当させるのを嫌がり、優もそうだろうと考えていた時雨は思わぬ答えに不意を突かれ、優が言った言葉が聞き間違いないでないか確認した。

「男性医師を希望しないのか?」
「あの、日野原先生がいいのですが…… ダメですか?」

 優は長い睫毛を震えさせながら、頬を少し赤くさせた。
(なんて可愛い生き物なんだ、私を萌え死させる気なのか!)
 時雨は内心の動揺を優に悟られないよう、少し早口になりながら言った。

「では、これからよろしく頼む。早速、検診の準備をしてくる。待っていてくれ」
「はい!よろしくお願いします」

 にぱっと純真無垢な笑顔を向けられた時雨は、これ以上理性が保てないと感じて名残惜しくも優から視線を外し部屋を出た。

 部屋を出てはふっと一呼吸する時雨。
(世の中には、あんなに笑顔が可愛い生き物がいるのか。……もう私はダメにされてしまったのかもしれない)
 言葉使いは女の時雨に対しても丁寧で、礼儀正しく優しい性格……。礼儀をわきまえた穏やかな物腰、しかも愛嬌のある男の子。

「……いひひっ」
 今まで生きてきた中で一番の出会いに幸福を感じ、思わず笑いが漏れた時雨だった。

 

スポンサーリンク

 

 

前のページindexnext