プロローグ

(――ああ、痛い。腰を刺されたのか)

 通り魔は、持っていたカバンをひったくり中身を漁ると、動かなくなった優のズボンのポケットから財布を抜き取ると何処かへ駆けて行った。

(財布には一万円しか入ってないのに。死にたくないなぁ)

 恋人もいないし、海外にも行ってみたかった、やりたいゲームもあったのに、やりたいこといっぱいあったのにと思いながら地面に横たわっていた。

(目が霞んできた。携帯があんな遠くに。 体はもう動かない。助けも呼べないか血がこんなに出てるや。血は苦手だな)

 カバンの近くに転がっている携帯電話に腕を伸ばしてみたが、その体勢からもう動くことはできなかった。 刺された箇所からドクドクと真っ赤な血が流れだして、血だまりを作っている。

(最後に食ったのが、屋台の焼き鳥かぁ ケーキが食いたかったなぁ。……あぁ眠くなってきた…死にたく…ない)

 

スポンサーリンク

 

 indexnext