第10話 それから(終)

 国境付近に現れた謎の軍団は、隣国の軍隊だった。
 混乱する王都。この国の王様は体調不良で表に出て来られず、王様の後継者である王子は乱心、そして貴族たちの離反。王国にとっては最悪の事態の連続であり、他国にとっては攻め入る絶好のチャンスだった。
 数多くの貴族たちが王都から逃げ出していく中で、立ち向かうための準備を始めた貴族たちも居た。ロートリンゲン家もその内の一つであり、ロートリンゲン家の次期当主である俺も王国を守るために準備するのだった。

 王都を守る準備が着々と進んでいる途中、更に最悪な事が起こった。なんと、王子が逃げたのである。本当の事情は分からないが、状況的に見て逃げ出したと判断された。
 王子はある貴族の手引きによりアデーレ嬢と一緒に王都から居なくなったのだ。

 ここに来て全ての貴族たちからの忠誠を失った王様と王子は、貴族たちによって廃位させることに決定した。ここに、王族のための王国は失われた。しかし、まだ王都に住む国民たちが居るために、王族の代わりに彼らを守るために貴族たちが動くことになった。
 王都を防衛して国民を逃がす者達と、近づいてくる軍団に打って出て足止めする者達の二手に別れることに。ロートリンゲン家は王都へと差し迫ってくる軍隊に打って出ることになって、私設軍団を率いて王都を出発した。
 私設軍団の全体の指揮は、現当主である我が父が。俺は、その中から精鋭部隊を任されることになった。そして、その精鋭部隊を率いて兵站部隊を撃破する任務を受けることになった。

 俺は今まで鍛えてきた力を思う存分発揮しながら敵軍を撃破していった。すると思いの外に敵は弱く、兵站部隊の強襲は大成功。とんでもない戦果が上がった。
 どうやら敵は余程の自信があり驕り高ぶっていたのか、兵站部隊を撃破しただけで動揺し、慌てふためいていた。敵の兵たちの中には敵前逃亡を行う者も居たために、最初に攻めてきた頃から比べて敵の兵隊の数を大分減らすことが出来た。

 兵站部隊撃破の作戦を成功させた俺たち精鋭部隊は、士気が十分に高まったままに敵に野戦を仕掛けていった。王都へ向かう敵の足止めを目的としていた戦いは、攻めてきた敵を撃退する戦いへと移行していった。
 王都近くの平原に敵の死体が増えていき、とうとう敵が誰一人として王都へと向かわなくなり、王都とは反対方向へ逃げ出していくのを見て、俺達は予想をしていなかった大勝利を収めることになった。

 我が父は少しの怪我を負ったが命に別状はなく、私設軍団の兵たちの多くは生き残って王都へと帰ることが出来た。随伴した貴族の多くもいきて帰ることが出来て、まさに大勝利。
 俺達が王都へと凱旋すると、国民の多くに賞賛される声が響いた。どうやら、戦に参加した兵士たちが、俺の戦いぶりを吹聴して回っているらしい。
 そして俺は後に、救国の英雄と呼ばれる存在となった。

 戦が終わった後、ゆっくりと話ができるようになると、王族を退けた後の王国の代表は誰が務めるかという話し合いになった。1週間の時間を掛けて話し合いが行われたが、何故か俺が務めることになった。
 理由は救国の英雄となり偶像化された俺が相応しいとのこと。

 俺が国王を請け負った次の日、隣国から停戦交渉の使者がやって来て停戦を受け入れることになった。隣国からの停戦の受け入れが俺の最初の仕事であった。

 王都の治安を維持したり、漁夫の利を狙った他国の侵略に備える準備をしながら地方へ散った貴族たちを王都へ戻ってくるように命令。
 戻ってきた貴族達の中には、逃げ出した王子も居たために直ぐに拘束。何故戻ってきたのか分からないが、既に王様の権力は剥奪されて、彼には何の力もなくなった。それから、王子は元王様と一緒に保護という名目で、一生を塔の中に幽閉されるという事になった。

 王子と一緒に戻ってきていたアデーレ嬢は、以前にカロル嬢を糾弾していた時に語っていた不思議な情報の全てを引き出された後に、処分された。

 こうして、王都で起こったクーデタから始まり、王子の乱心、他国の進攻そして戦、幾つもの問題が起こった王国だったが一旦の平穏が訪れることになった。


 ある日突然貴族となった俺だったが、いつの間にか一国を背負う王様になってしまった。国を背負わされた当初は苦労したが、今では何とかやって行けている。
 今でも、なんでこんな事になっているのか? と疑問に思うが、なってしまったものはしょうがない。せいぜい、次の何か別のものになるまでは王様という役割を果たそうと思う。

 

スポンサーリンク