閑話04 事務所のゴタゴタ

「くそっ、アイツらふざけやがって」

 イライラを発散させるように社長室のデスクを殴って、潜めた声ではあるものの怒りの言葉を外に放ったのは、アビリティズ事務所の社長である三喜田だった。

 普段の彼は温厚で怒ることは滅多に無かったが、そんな彼が語気を荒げていて、そうまでしても怒りが収まっていなかった。

 彼が何故怒っているのか、その原因は副社長の独断専行にあった。三喜田の知らない内に事務所の方針とは異なる仕事を受けてきたからだった。

 事務所社長の三喜田は、アイドルをじっくりコツコツと気長に育成してから実力に見合った出番を用意してあげることが大事だと考えていた。

 しかし、副社長は三喜田の考えを否定していた。とにかく事務所に所属するアイドル全員のメディア露出を増やして、知名度を上げることが大事だと考えていた。そして、万が一にも失敗したら早々に切り捨てて次の人材を探す事でサイクルをどんどん回すことが肝心要だとも言っている。

 確かに、副社長の考えとして早めにアイドルとして成功するかどうか見極め判断してあげて、もし駄目そうだったならば早々に諦めさせて別の道を探してあげる、ということも大事だろうと。

 アイドルの為にそうやって考えて行動しているのなら、三喜田も副社長と議論の余地が有るだろうと感じることが出来たかもしれない。

 だが、三喜田は副社長の本質をよく理解していた。彼が金稼ぎにしか興味を持っておらず、アイドルという人材を駆使してどれだけ早く資金を回収するのかに熱中している、という事を。

 三喜田はそんな副社長の考えを危惧して、事務所の方針を明確に打ち出した。アイドルという人材を大事にしよう、事務所が手厚くサポートしてという事を。

 アイドルという人材を大切にしないと、芸能事務所として長く続けていくことは不可能だと三喜田は先行きを考えていた。

 けれど困ったことに、アビリティズ事務所の中には副社長の意見に賛成する社員が一定数以上も存在していた。会社としては、お金を稼ぐことが一番に大事だと考える社員が。

 アビリティズ事務所を、大手と言われるまでに発展と成長をさせてくれたアイドルを見出したのが三喜田だった。だがしかし、ここ数年に関して言えば過去のように偉大なアイドルとなる人材を三喜田は見いだせずにいる。

 かつてのような、鮮烈な仕事が出来ないでいるから社長としての影響力がドンドンと弱まっている、ということだった。

 そんな状況をつけ入る隙だと思ったのか、副社長は社長の業務を妨害し邪魔することで更に力を弱めようと画策していた。

 アビリティズ事務所は外から見れば大手と言えるような芸能事務所として大変に有名であったが、内部はこんな風に危うい情勢だった。


***


 その事に三喜田が気がついたのは、一ヶ月も経った時だった。日常的な社長としての仕事に加えて、色々な所から発生する嫌がらせによって肥大した業務量を処理するのに時間がかかっていた。

 いつもなら、すぐにチェックするはずだった先日実施したアイドルオーディションの合格者の確認と、その後のレッスンの成果などを確かめようとした時だった。


「ない、ない? ないっ!?」

 そこに三喜田が一番に注目していた筈の、赤井賢人という人物の名前や動向が載っていない。何度も書類をチェックし直してみたが、彼が望む名前は合格者リストには載っていなかった。

「め、恵美さん。ちょっと確認したいんだが……」
「はい、なんでしょう。社長」

 とても焦る気持ちで社長秘書の中宮恵美(なかみやめぐみ)という女性に向かって、事実確認を行うようにお願いする、祈るような気持ちで状況を知ろうとする三喜田。

「先月行ったアイドルオーディションの合格者は、このリストに載っている者たちで間違いはないか? 漏れは無いか?」
「ちょっと待ってください、ただいま確認します」

 三喜田から書類を受け取った恵美は、自らの目で内容を読んで確認した後に担当者に確認を取りに行った。

 あの書類に間違いがあってくれと、祈りの気持ちで顔の前に手指を組んで握った。そして、しばらくして戻ってきた恵美の言葉は。

「担当者に確認したところ、書類に漏れは無いそうです。このリストに載っている人物のみに、合格通知を送付したようです」

 恵美の事務能力は非常に優れていて、仕事に間違いもなく普段から非常に助けられている。だが、今回ほど間違ってくれと思った事は無いと三喜田は考えていたが、その願いも虚しく。赤井賢人の名が合格者リストの中に無い、ということは事実だった。

「オーディションの最終審査の議事録の中には、赤井賢人という少年の名も合格者の中に加えられていた筈ですが、どのタイミングでかは不明ですが、いつの間にか合格者リストから外されていたようです」
「そうか」

 コレも副社長の妨害行為だとろうと三喜田は思った。まさか、こんな風にして嫌がらせをしてくるとは。しかも三喜田にとっては今回の出来事は、非常に致命的とも言える妨害行為。

 目をかけていた少年に合格通知を送付することが出来ていない。もしかしたら、不合格だと思ってウチの事務所に所属するのを諦めているかも、もしくは他の芸能事務所のオーディションに既に応募しているかも……。

 芸能事務所のオーディションでは合格した人だけに知らせて、不合格者に通知する事はあまり無い。アビリティズ事務所でも不合格に通知はしていない。これは、応募者をキープするという目的もあって連絡しない、というのが業界での通例となっていた。

 だから、オーディション受験者も事務所から通知がなければ不合格だと判断して、次のオーディションを受けに行く。

「いや、しかし。もしかしたら、まだ……」

 赤井賢人が合格者リストから漏れていたという事を確認できた時には、既に18時過ぎの業務終了時間。

 明日に回すべきか、こんな遅い時間に自宅を尋ねるのは無作法だろう。そう考える三喜田だったが、居ても立ってもいられない。本日中に自ら赴いて、合格の知らせをするべきだろうと考える。もしも、他の事務所に行こうとしているのなら説得してなんとしてでもウチに来てもらう。

 普段のラフな格好から、スーツに着替える。説得の為に、せめて誠意ある格好をして向かわないと。

 あれ程の人材を手放すことになるのは、事務所にとっても大きなダメージだと言うのに内部抗争なんてしている場合じゃないだろうにと、三喜田は怒っていた。

 そして事実が発覚したその日の夜に赤井宅を訪問して、結果的には赤井賢人のアビリティズ事務所への所属は予定よりも遅れたものの無事に契約することが出来た。一安心する三喜田。

 ただ、今回の妨害工作は非常に重く受け止めないと。今後も更に過激になっていけば、事務所として致命的な失敗につながるだろう、何とかしなければならないと対策が必要だと三喜田に考えさせる出来事となった。