閑話13 舞黒優人の見た夢

 小さな頃から今までの人生で、僕は親の言う通りにしか生きてこなかった。自分から目指したいと思えるような夢も無いから人生の目標なんてものは無くて、特に親しい友人も居らず。

 ただ親の言う事をキッチリと守って毎日しっかりと勉強をして、いい大学を目指すこと、安定した職業に就職することだけ、人から設定された事を目標にして生きてきた。

 そして、それが一番正しい生き方だと信じて疑わなかった。なぜなら、僕には心の内から湧き出るような欲求が何もなかったから。そうじゃないんだと、両親を疑う考えさえ無い。

 まるで操り人形のように、親が糸を操って僕は動くだけのような、そんな人生を送っていた。

 そんな生き方を幼稚園から始まって、小学生、そして堀出学園という中学校まで続いていく。相変わらず、親から指示されて勉強漬けの毎日に、友達なんて親しい関係の人も特には居ない。

 堀出学園の入学試験を一番の成績で受かった時も、堀出学園に入学してから一番初めの試験で学年一位の成績を取ったとしても何の感動もない。ただ、指示された通りに動いているだけだから感情に変化がなにもない。僕自身の心は無気力で、何もない男だった。


 そんな無為な日々が続いていた、ある日の事。


 僕は、学校終わってからも親の言いつけを守って勉強をする為に、放課後も塾に通っていた。その塾へと向かう道中、不良に絡まれた。

 どうやら、僕が堀出学園の制服を着ていたから標的とされたらしい。それ以外には会話も通じず何も情報を得られずに、ただ連れ去られただけ。

 そのまま僕は、見知らぬ廃工場に連れて来られた。こんな時になっても、僕の心に感じるモノは何もなかった。ただこの後は、不良達に暴力を振るわれるのか。それとも最近は物騒だから彼らに殺されてしまうかもしれない。そんな予想をして、結局は何も感じない自分を観察するしか出来なかった。

 こんな状況に追い込まれた今の自分は、運が悪く仕方がなかったと。ただただ諦めが付いていた。

 そんな事を考えている時に現れたのが、僕と同じ堀出学園の学生服を着た青年だった。現れた彼は、ずいぶんと背が大きくて堂々とした姿から、僕よりも年上だろうかと予測する。

 そして僕はその人物を見た時に、なぜか強烈に感情が動いている自分に気が付いた。

 なんだろう、自然と視線が吸い寄せられるような、絶対に見逃してはならない! と心の底から訴えてくるような僕の知らなかった感覚。ずっと、あの人を見ていたいという思い。

 本当に、生まれてきて初めてと思えるような僕自らが求めるという感覚だった。一体何なんだろうと思いながらも、堀出学園の学生服を着た青年の姿から目を一秒も離さずに凝視し続ける。

 不良の一人が、あの青年に用事があって呼び出す為に僕を人質として連れてきたらしい事が分かった。彼らの会話を聞きながら、状況をようやく理解していく。ただ、僕にとっては、そんな事はどうでもよかった。

 青年がアイドルをしている人だということを知り、過去に何かしらの因縁がある事を知り、青年が脅迫されている状況を眺めていた。

 それなのに青年は堂々とした姿で立ち向かい、不良達と対峙している。そして何故か、不良達が揉めて新道と呼ばれている男だけが、青年とタイマンを張るという事になっていた。

 不思議なことに、僕は青年が負ける姿が全く想像できず、新道という不良に対して必ず勝つであろう未来を容易に想像できた。

 その青年がどの程度強いのかも知らず、何か格闘技をやっているのか、スポーツは得意か、それとも不得意なのかも知らず、何の事前情報も無いのに。

 青年が不良に勝つだろうという僕の予想は、間違いなく当たっていた。しかも、圧倒的な差を見せつけて。新道という名の不良に一切何もさせること無く、最後は武器を取り出してきた新道に対して一切の怯みも見せずに青年は立ち向かって勝ってしまった。

 その時、僕は興奮していた。そう、自分でも信じられないくらい熱心に2人のケンカに注目していた。

 2人のケンカが終わった後、僕はアッサリと不良達の手から開放された。何一つ怪我をすることもなく五体満足で。

「舞黒くん、だよね」
「はい、そうです」

 堀越学園の寮へと向かっている途中、青年から声を掛けてくれた。彼は僕のことを何故か知っているようだったが、僕は返事をするので精一杯。

「俺は赤井賢人。それで、怪我とかはしてない?」
「大丈夫です」

 赤井賢人、それが青年の名前だと知った。今までに聞いたことが有るような、無いような。でも、今まで彼を目にした覚えはない。姿を見たのは今日が初めてなのだろう。

「ごめんなさい、俺のせいで巻き込まれたみたいなんだ。どう、お詫びしていいか」
「いえ、僕は問題ないです」

 赤井さんが申し訳なさそうに謝るが、巻き込まれたことを迷惑だなんて思っていないかった。むしろ出会えたキッカケとなったことに、僕は感謝している。そうだ、感謝だ。

 僕は赤井さんの事を知ることが出来て、感謝するほどに嬉しく思っている。何故、彼を知ることが出来たのが嬉しい? 自問自答する。

 赤井さんを知ることで、今までに感じたことのない程に感情が揺れ動いたから。何故感情が揺れ動いた?

 今まで感じたことのない、夢を手に入れられたから。僕は赤井さんのようになりたいと思った。今まで、持ったことの無かった将来の展望。

 堀越学園の寮へと到着した時、僕は到着するまでの道中で何を話したのか一切記憶になく、そのまま赤井さんと別れた。

 そして、自室に戻ってきて考えた。夢に見ることになった赤井さんのようになるためには、どうしたら良いのかと。考えて考えて考えて、ある人の事を思い出した。

 アイオニス事務所という芸能事務所で、社長をしているという三喜田さん。彼は何故か、アイドルとも芸能とも何の関係もない僕にデビューしないかと、オファーをしてきた人物だった。

 以前は一切の興味を持っていなかった筈なのに、今は何ものにも代えがたい情報の1つだった。

 僕は三喜田さんと連絡を取って、赤井賢人という人物について尋ねてみた。先程の出来事で赤井さんがアイドルをしているらしい、という情報を得ていたから。三喜田さんが何か知っているのではないかと考えて。

 すると三喜田さんは、赤井賢人という人物がアイオニス事務所に所属するアイドル訓練生であるという事を教えてくれた。

 そして、再び三喜田さんは僕にアイドルのデビューをしないかとオファー。僕は二つ返事で引き受けることにしたのだった。

 夢に見ることになった、赤井賢人という人物に少しでも近づくために。