第36話 突然の厄介事

 仕事の幅が広がったという代わりに、新たな世界に挑戦するために勉強しないといけない事も増えていった。その一つが、お芝居の仕方についてだった。

 今までも少しだけなら舞台やドラマに出演する機会は有ったけれど、台詞のないエキストラのようなものや、1行や2行ぐらいの短い台詞だけしか無いちょい役ぐらいな程度の役者経験しか経ていない。

 それが、新しい事務所に移ってきてから受けた仕事では少しずつ出演するシーンが長くなってきていて、物語の中でも結構重要そうな役どころを担う仕事も増えてきていた。

 今までのような芝居の仕方についてよく知らなくても、ごまかして乗り切っていた以前の現場のようにはいかなくなるだろう。

 だから、お芝居の先生として緑間拓海に頼ることにした。彼は子役時代から役者仕事をしているベテランだから、教えを請うのに最適だと考えたから。

「いやぁ、僕も最近はお芝居からはちょっと離れ気味だからなぁ」

 と言って謙遜する拓海に、そんな事は無いんじゃないかなぁ、と心の中で思う。なぜなら最近もテレビで新ドラマの番宣をしている拓海を見た記憶があって、ちゃっかりと活躍しているの様子を目にしていたから。

 最近は舞台ばかりだと言っていた拓海も、実は新ドラマにも結構出演しているようだった。

 それはともかく、俺は拓海に芝居のコツを教えてもらって新しく受ける仕事に挑もうと考えていた。そして、そんな勉強会にはもう1人参加を申し出る人物が居た。

「そうは言うても、俺たちよか演技は上手いんやろ?」

 芝居の勉強をすると聞きつけた青地剛輝も一緒になって、俺たち演技の初心者二人は拓海先生と呼んでご教示を賜る事に。

 三人は学生寮の自習室に集まって芝居について拓海が先生となって、しっかりと教えてくれる。なかなか面倒見の良い拓海先生だった。

「芝居のコツって言っても、すぐに実践できる事は多くないかなぁ」

 拓海は何から教えればいいかなと考えている様子で、斜め右上に目線を向けて腕を組んで熟考していた。しばらく、そうやって考えた後に3つの事を教えてくれた。

「まず1つは、台詞をしっかりと覚えておくってことかな。基本だと思うかもしれないけれど、台本に書いてある通りにちゃんと覚えないといけないよ。間違いなく自分の台詞を覚えてから、アレンジするなり噛み砕いて自分の言葉に変えたりするんだ」

 台本に書かれている台詞は勝手に改変せずにしっかりと覚えてからじゃないと、アレンジも自分なりの解釈によるアドリブも失敗してしまう。

 基本に忠実にする事が大事だと、拓海先生は語った。そして、台詞をしっかりと覚えて来ない人が多くて困る現場もあるのだと、少々の愚痴も言っていた。

「それで2つ目は、声の出し方かな。これは舞台の方に大きく関係してくる事だけど、発声において大切なのは”腹式呼吸”。台詞がしっかりハッキリと聞こえるように意識しないと、口から出た台詞が全部頼りない声になってしまうからね」

 男性は基本的に普段から腹式呼吸なので、問題ないかなと付け加える拓海先生。それから、初心者は台詞を噛まないように間違えないようにと意識が台詞の方ばかりに集中してしまって声が小さくなったりする傾向があるから、そこも注意しないといけないとアドバイスが入る。

「最後に大事なのは、自分の立ち位置をしっかりと意識すること。舞台だったら、お客さんの視線がどこを向いていて自分がどこに立っているのか、他の役者との距離とか演技の邪魔になっていないか意識すると良いよ」

 立ち位置を意識出来るようになれば、他の役者との位置関係を把握して体の動かし方から、目線の動かし方が自然と分かってくるのだそうだ。それが出来れば、動きの芝居も自然に出来るようになるという。

「それからドラマや映画だったらカメラの向きを確認して、誰が演技の中心になっているのか、シーンを見る人の意識は誰に集中しているのかを理解することが大事だね」

 立ち位置を間違えれば監督から怒られながら撮り直しがあるから、怒られたくなかったら最初にしっかりと立ち位置は確認しておくのが大事だと教えてくれた。

「まぁ、最初はこの3つの事を芝居をする時に意識できればいいかな。他にも色々と演技論って言うのはあるけど、語りだしたら終わらないからなぁ」


***


「今日は本当にありがとう。演技のことについて、よく知れたよ」
「台詞に、声の出し方、後は立ち位置か。まだ、よう分からんけど。まぁ、聞いた話は参考にするわ」

 演技について話を聞かせてもらい納得したので拓海にお礼を言う俺と、習ったことをすぐさま口に出して復習しながらバッチリ覚えて、次の仕事で活かそうとしているのだろう剛輝。

「こっちこそ、美味しいものをご馳走になれたから良かったよ」

 色々と演技のことについて教えてもらったお礼として、学生寮から街に出ていって外にあるレストランで俺と剛輝の二人が拓海に昼食を奢ったのだ。

 その帰り道、突然見知らぬ数人の青年達に行く手を遮られたと思ったら、不躾に声を掛けられた。

「おい、赤井賢人だな?」