第34話 収束

 芸能生活に関しては契約を強制されたり、今までお世話になってきた事務所を移籍する等と色々なトラブルが巻き起こっていた。それに比べると、中学生活に関しては平穏無事に過ごせていると言えた。まぁ俺の目の前に居る、彼は違っているようだったが。

「あーうー、もう勉強メンドイわぁぁぁッ」
「テストの結果が悪かったんだから仕方ないだろう。しっかりと、勉強する習慣をつけないと。高校に上がったらもっと大変になるから、今のうちに頑張っておけ」
「うううううっ」

 青地剛輝と俺たち二人は、学生寮の部屋で一緒に勉強していた。

 中学に上がって初めて受けたテストの結果、俺は問題なかったけれど剛輝は結構危ない点数を取っていたので、次の期末テストはそんな事のないよう一緒に勉強をしている。

 彼は理解力が足りないとかアタマが悪いわけじゃ無いけれど、普段から勉強をあまりしないからテストで良い点を取れていなかった。いくら堀出学園が中高一貫校であり、進学するのに高校入試を受ける必要が無いとは言え、勉強ができないのは問題だろう。

 だから今のうちに勉強する習慣を身に着けてもらって、剛輝には問題ない程度に学力を上げてもらおうとしている途中だった。

「疲れた休憩! ちょっと休憩しよう」
「うーん、まあ仕方ないか。ちょっとだけ休憩ね」

 必死にお願いしてくる剛輝に折れて、一時休憩する。あまり強制し過ぎると勉強嫌いになって逆効果になるかもだから、徐々に勉強に慣れさせていこうという考えだった。

 そして剛輝はベッドの上に乗って身体を横にするリラックスした状態となり、部屋の隅に置いてあるテレビの電源をつけた。

 テレビに流れている芸能ニュースを、ボーッと眺める。ニュースの中で話題になっているのが、ちょうど俺たちにも関係するアビリティズ事務所の社長交代についてだった。

 芸能界に大きな影響力が有ったアビリティズ事務所の社長である三喜田社長が退陣して、代わりに副社長だった金盛が新社長を務めることに、という内容。

「このたび、取締役会の総意を得て社長の大役をおおせつかることになりました金盛大輔です」

 わざわざ社長就任の記者会見を開く様子がテレビで流れていて、新しくアビリティズ事務所の社長となる金盛新社長が就任の挨拶をしているのが見える。

「少し長くなりますが、ご静聴お願いします。私自身は三喜田元社長と事務所を一緒に立ち上げまして~~~」

 就任スピーチで金盛新社長が長々と自身の経歴を語っている様子が、テレビに映し出されていた。

 三喜田さんの社長退陣が発表されてから、こうして様々なメディアに何度も記者会見の映像が流れていた。金盛新社長はインタビューも何度か受けていて、その模様もオンエアされている。

 一方で退陣する三喜田さんは、メディア露出をあまりしていない。その事が関係しているのか、それとも金盛新社長が裏工作をしていたりするのかは分からないけれど、メディアのスタンスは金盛新社長に好意的であり、今年一番の芸能ニュースであると何度も取り上げている。結論は今後のアビリティズ事務所新社長の手腕に期待、という感じで。

 しつこいくらいに行われている金盛新社長のPR活動は、前社長である三喜田さんのイメージを取り払うためだろうか。

「ところで、良かったの?」
「ん? あぁ、移籍の問題? そりゃ、お前が別の事務所に行くってんなら当然やろ。お前には負けらんねぇからな」

 そうなのだ、青地剛輝もアビリティズ事務所を移籍することを決めて三喜田さんの下に来ることになったらしい。俺と同じ様に、アビリティズ事務所から移籍するのだ。

 剛輝の他にも結構有能だと思えるアイドル訓練生を引き取ろうと、三喜田さんが交渉して取引を纏めたらしい。

 金盛新社長の方針では現在有力であるアイドルグループが自分の事務所に残れば良いという考えで、将来性が未知のアイドル訓練生については特に放出を拒まなかった、と三喜田さんは取引について語っていた。

 それでもアイドル訓練生達を引き取るための交渉で、役員報酬と退職慰労金を大幅に下げて、更には身銭まで切って交渉を纏めたという。

 将来性の不確かなビジネスから切り捨てていくという金盛新社長の経営手法は、逆に心配になってしまう。あの新社長で、本当に大丈夫なのだろうかと事務所と関係が無くなった俺でさえ考えてしまう程に。

『芸能界は実態のあやふやな世界だから、稼げる時に稼いでおいて余計なリスクを背負い込まないで切り捨てるという考えも確かに理解できる。それで何処まで続けられるかは分からないけれど』
 と言っていた、三喜田さん。

 そんな三喜田さんは新しい事務所の立ち上げを着々と進めている。もう既に、事務所についてくれるスポンサーは見つけているらしくて、経営も安泰だと言っていた。

 だからアビリティズ事務所に頂いていた給料を少し減額した程度で、新しい事務所に移籍になっても金銭的にはそんなに変化はない。

 まぁ、今までのように大手であるアビリティズ事務所が管理して利用していた施設やレッスンを簡単には受けられなくなるかもだけど、大手では無くなった分、色々と自分たちで自由にできると考えれば、楽しそうでもあった。

「さぁ、勉強を再開しよう」
「うへぇ」

 事務所でのいざこざは有りつつも、徐々に収束していっている。だがとりあえず今は、直近の問題である剛輝の学力問題を対処しようと、俺たちは勉強を再開した。