第33話 進路

 三喜田社長の退陣が発表されたのは、6月初旬。通っている堀出学園で、初めての中間定期試験が行われた直後の時期だった。

 俺は突然の発表を聞かされた時に驚いて、詳しい事情を知りたいと三喜田社長に会いに行った。もしかしたら社長を退陣するのは俺が金盛副社長と面会した事と、それを話して任せた事がキッカケなのではないのかと心配になったから。

 三喜田社長の居る社長室にすぐ通してもらえると、忙しいだろうに時間を作ってくれて会ってもらえる事になった。そして、腰を下ろして詳しい話も聞かせてくれた。

「元々、組織内の雰囲気は最悪だった。私と金盛の対立関係が酷かったから、 どちらかが身を引かないと終わりそうにないほど深刻化していたからなぁ」

 結構な昔から方針の違いや意見の食い違いで敵対的に反対し合っているという噂は聞いていたけれど、俺が実感したのは金盛副社長に呼び出されて強引に契約を迫られた事を三喜田社長に相談した、あの時の出来事からだった。

 だから、まさか三喜田社長が退陣に追いやられるまで事態が悪化しているとは思っていなかった。

「金盛の根回しが余程上手く行ってたんだろう、役員会議では全員の意見が一致して私の退陣という結果になった」
「それって大丈夫なんですか?」

 話を聞いてみれば会社から追い出されてしまうという悪い結果なのに、三喜田社長の表情は晴れ晴れとしている。色々と考えて受け入れた結果なのだろうと思うけれど、やはり心配になってしまう。

「もうしばらくは社長としての雑務を処理して、次に引き継ぎする作業。それが終わった後は、自由だ」

 やけっぱちとは違う。わだかまっていたモノがスッキリとなくなった、という感じて爽快な様子の三喜田社長。もしかしたらアビリティズ事務所を辞めるというのを、けっこう前から計画していたことなのかもしれない。

「それで賢人くん、君はどうするんだい?」

 実は俺も7月でアビリティズ事務所との契約が終了になると予告されていた。つまりアビリティズ事務所を1ヶ月後には辞める、ということになっている。半ば強引だったので解雇とでも言えるだろう。

「そうですね。どうしましょうか」

 正直に言えば予定はまったく決まっていない。それを告げられたのは三喜田社長の退陣が決まったのを知ったと同時の事だったから、つい最近である。

「私には君に3つの道を提案できる。1つは、今の事務所に残れるように私が手配しよう。なに、今までの君の貢献度を考えたら契約を続けることなんて簡単だからね」

 今まで俺の活躍、バックダンサーとしての実績によって事務所内でも俺の解雇に反対している人が多い、という話は聞いていた。

 だが俺の契約終了に関しては、金盛副社長お得意の独断専行によって決定済みと言って回っているらしく撤回するつもりもない。それを納得していないスタッフも多いという。

 というか、あのアイドルグループの契約を断った事を根に持って事務所を辞めさせられるんだろう、って事を考えると金盛が新社長になるというアビリティズ事務所に残るという選択肢はあり得ないかなぁ。

「まぁ、そうだろうな」

 三喜田社長も一応という感じて提案してみた程度なのだろう、俺が断ると事務所残留の件に関してはアッサリと提案を引っ込めた。

「それで2つ目の道は、他事務所に移る事」
「他の事務所、ですか?」

 アビリティズ事務所の他にも芸能事務所は沢山あるから、事務所を移して新たに活動するのは良いかもしれない。

「実は君がアビリティズ事務所の契約が終了する、という事を聞いた人達が私の方に移籍のオファーが来ていてね。アイドル事務所の他にも、俳優にスタントマン、あとは海外のエージェントからもオファーが何件かあった。各社から、なかなか良い条件でスカウトされているぞ」

 アビリティズ事務所外からの評価が高い、というのは嬉しい話だった。しかも、既に移籍のオファーまで来ているとなると、結構な高い評価をしてくれているらしい。海外もとなると、可能性は非常に大きそうだと感じる。新しい場所に飛び込んでいくのも楽しそうだ。

「で、最後。3つ目の道なんだが、私が新しく作る事務所に来てくれないか」

 やっぱり三喜田社長は準備していたらしい、アビリティズ事務所から独立して作るという新しい事務所。

 進路をどうするべきか。三喜田社長の話を聞いて少し悩む。だが、そんなに悩むことでも無いのかもしれないと思い直す。

 そもそも、この業界に入ったのは三喜田社長がオーディションで俺を見出してくれて合格にしてくれたから。

 三喜田社長の人格に問題があったならば、彼が事務所を去る時に別れる、という選択もあり得たかもしれない。けれど問題はアビリティズ事務所、というか金盛副社長にある。なら、三喜田社長に付いていくのが正解なんだろうと思った。

 他の事務所からオファーを受けている事も聞いてありがたいけれども、優先順位的に三喜田社長が上になる。正に、もっと早くに出会えていればッ、と言うやつだろう。

「三喜田さんの新しく作る事務所にお世話になります」
「そうか、ありがとう」

 という事で小学4年生から中学1年生までの、3年ちょっとお世話になったアビリティズ事務所を、アイドルグループでデビューしないまま解雇となった。そして、別の事務所に移籍することが決まった。