第31話 赤井の判断

 副社長の金盛さんに呼び出されたと思ったら、突然アイドルグループでデビューする事が決まったという話に動揺を隠せないでいた。それはデビューが決まった喜びというよりも、色々なことを勝手に決められて計画を進めているという事に少し腹立つ気持ちと戸惑いが大きかった。

 つまりは何勝手に決めてんだよテメェという感情が生じていたが、流石に口には出さずに副社長の話を聞いている。

 何も言わない俺がグループでのデビューを了承したと受け取ったのか、笑みを浮かべたまま副社長はアイドルグループを立ち上げるという契約書類をテーブルの上に取り出して言った。

「あとは、この紙にサインしてくれたらデビューは決まりだ。さぁ、どうぞ」
「ちょっと待ってください」

 副社長は契約内容らしい文字が書かれている契約書と、胸ポケットから取り出した万年筆を俺の前に差し出してサインするように指示してくる。

 けれど俺は契約内容を確認するまでもなく、勝手に進めようとしている事に納得をしていないので待ったをかけた。

「俺はデビューに関して、何も聞いていませんよ。なんでこんな急に?」
「ビジネスはスピードだからね。もう他のメンバーからは同意も得て、デビュー用にファーストシングルの曲も提供してもらえる予定を受けている。後は君がココに名前を書くだけで全てがスタートするんだ」

 契約書の氏名欄を指でコンコンと叩き指し示す。いやいや、スピードと言っても事前に相談ぐらいは必要だろうに。こんな事前準備を万端にして俺の逃げ道を塞いでから、後は契約するだけという形にするなんて。断ったら準備した労力が無駄になってしまう、なんて責任を俺に負わせようとする意図を感じてしまう。

「スピートが大事と言われたって、事前に何にも話を聞かされていないのは納得できませんよ」
「アイドルグループのデビューは、マスコミや他社に漏れないよう秘密裏に行うのがウチの事務所の方針だ。君に話せなかったのは申し訳ないが、事は進み始めてるんだ後戻りはできない」

 事は進み始めてる、なんて勝手に進めておいて何を言っているんだろうと呆れてしまう。しかも、秘密裏にと言っている割には俺以外の他のメンバーからは既に了承を得ているなんて言っていた筈なのに、話が矛盾しているように思える。

「君はこの話を断るつもりか? デビューを目指してアビリティズ事務所に所属しているんじゃないのか!?」
「まぁ、そうですけれど」

 大きな声を出して信じられない、という風に副社長が抗議する感じで言っている。デビューするつもりは有るけれど、今回の話は怪し過ぎで素直に聞き入れられない。

「君は何年も事務所に在籍していて、今までずっとデビュー出来ていないんだろう? 今回の機会を逃せば、次の機会がいつ来るか分からないのに断るというのかい?」

 勢いよく言葉を発して、俺の危機感を煽ってくる副社長。何を焦っているのか、どうしても俺に契約書にサインしてほしい様子だった。だからこそ俺は身構えて、絶対に契約書にサインするのは断るべきだろうと判断した。もう少し情報を集めてから、どうするか決めるべきだと。

「申し訳ないんですが」

 俺が今回の件に対しては今すぐ判断はできない、と断りを入れようとした途中。副社長の無理に作ったような笑顔がのっぺりとした無表情にガラリと変化した。そして、俺の言葉に重ねるように口を開いた。

「この話を断るんだったら、ウチの事務所でのデビューは今後一切無しだ。他の事務所にも情報を回して、この業界に居られなくしてやる。メディアにも情報を流せば、お前の今後の人生がどうなるか……。契約書にサインするかどうか、よく考えるんだな」

 まさか、そんな脅し文句を並べて契約を迫ってくるとは。しかも中学生のまだ子供である俺に向かって、二回り以上も違うように見える大人が取るような手段だろうか。しかも、マネージャー候補として副社長の隣りに座っている中年男性は何も言わず、止めようともせず黙ったまま眺めてくるだけ。

 普通の子供だったら、そんな言葉を聞かされてしまえば恐怖で断れないような状況だろう。もしかして、俺以外にも同じ様に脅しつけて契約を迫った子が居るのだろうか。

「ひっ!?」「うっ!?」

 あんまりだと思うような方法に怒りの気持ちで副社長と中年男性を睨みつけていると、殺気を漏らしてしまったのか彼らは呻いて顔を真っ青にしてしまった。このままでは危ない、暴力に訴えるのは駄目だと怒りを鎮める。

 そして二人が恐怖で青くなっている内に俺は、話し合いも有耶無耶にしてさっさと部屋を出ていくことに決めた。

「ともかく今日、今ココで契約書にサインはしません。もう少し詳しく話を聞いてから、契約については検討させていただきます」

 副社長の脅し文句なんかまるっきり無視して、会話を断ち切るようにそれだけ言って席から立ち上がる。今回のデビューに関して、事務所の他のスタッフや社長はどう考えているのか。なぜ、こんなに副社長が契約を急いで迫ってきたのか。その辺りの情報を集めてから真相を解明しよう。

 部屋を出ていこうと扉を開けた俺の背中に、副社長が「後悔するぞ」と強がっているようだが震える小さな声を投げかけてきた。だが、俺は特に反応もせずに部屋を出た。