第21話 小学生時代の終わり

 前後左右を女子に囲まれている状況、そして全員から黙ったままジッと見つめられている圧迫感に、思わず退いてしまいそうになる。

 女子相手なら身長でも体力でも腕力でも勝っているから包囲から突破するのは簡単だけれど、そうすると怪我をする子が出るかもしれないから無理はできない。

 とりあえず話し合いで解決しよう、と考える。それにはまず、目的が何なのかを知る必要があった。

「なに? どうしたの、皆?」

 周りを囲んで俺を見てくる女生徒達に首を回して目線をあちこちに向け目を合わせながら、笑顔の表情を意識して浮かべて問いかける。本当に何事なのかと。

「あの」
「ん?」

 クラスメートの女子、茉生(まい)ちゃんと言う名前の普段は活発で性格の明るい子が、集団の中から前に出てきた。いつもと全然違う緊張した態度で手を前で組んだり離したり忙しなく動かしながら、なんとか俺の疑問に対しての答えを教えてくれるようだった。

「ココに居る皆は、賢人くんがアイドルを目指して頑張っていることを知ってるんだ」
「あ、うん、そうなんだ。俺の事について知っていたんだね」

 まかさ、知られているとは。まだまだレッスンを受けてトレーニングを積み重ねる日々で、アイドル訓練生である周りの人達と比べたら仕事をそこそこ受けて活動をしてはいるけれど、アイドルとしてデビューしたわけじゃないから知る人は少ないだろうと考えていた。

 ましてや、学校に通っている間はクラスメートの人たちから芸能活動について聞かれることは無かったし誰も口にはしなかったので、知られていないだろうと思っていた。けれど、それは違っていたようだ。

「でも賢人くん、もうテレビに出たこともあるじゃない。テレビに出れるなんて、有名人だよ」
「ライブにも出てるんでしょう?」
「私は、雑誌に名前が載っていたのを知っているよ!」

 先程まで黙って周りを囲んでいた女子達が、俺のアイドルに関する活動について何を見て聞いて読んで知ったのかを口々に答えていく。

 テレビには出演していたけれど、画面の端だったり暗がりで顔もよく見えなかったりピントが合ってなかったり、映像をよく目を凝らして見ないと出演しているなんて分からないと思うけれど。自分でも放送を確認してみた時には、全然写れてないなぁと思ったぐらいだし。

 ライブにしても、メインはアイドル達でありパックダンサーをしている自分は注目されていなだろうと思っていた。

 雑誌は、何だろう? これは身に覚えがないし、取材を受けたなんて仕事は無かったけれど。自分ですら把握していない活動まで知られている。

 とにかく、俺の活動について思っている以上に周りから認識されていたらしい。そう思うと今更になって非常に恥ずかしい。俺は誰にも知られず芸能活動が出来ている、と思い込んでいる自分が……。

「知っているなら、知っているって言ってくれたらよかったのに」

 そうすれば、今感じている恥ずかしさを知らずに居られたかもしれないのに。いや、もしかしたら話題にされていたらされていたで、もっと恥ずかしいと思っていたかも。

「私達、賢人くんの迷惑にならないよう嫌われないようにって思って知っていることを秘密にしていたの」

 確かに友達が有名人になっていったら、どう接していいか分からないかもしれない。彼女たちと同じ様に、そのまま知らないふりして普通の友達として普通に接して日常を続けるのが一番かも。

 そう考えて俺にそうやって配慮してくれて、小学校生活を楽しく過ごせるように気遣ってくれた彼女たちの行動はありがたいと感じる。

「でも、今日は卒業式で会えるのは最後になるかもしれない。賢人くんは遠くの中学校に行くんでしょう?」
「あぁ、うん。それも知っているの?」

 周りの彼女たちが頷き、知っていたと肯定を表す。どうやら、女子達は皆で情報を共有しているのか、俺が想像している以上に噂されて俺自身のことを色々と知られているのかもしれない。

「だから最後になるかもしれないから、私達は少しでも賢人くんとお話をしたいって思って我慢できなくなっちゃった。ごめんなさい」
「そういう事か。全然いいよ気にしないで」

 俺の言葉に、周りの女子達が安堵の表情を浮かべている。連れ出された理由が分かって、俺も安堵する。

 それから皆で会話をした。というか、俺が一方的な質問攻めにあっていた。それも今更にながら、好きな食べ物や嫌いな食べ物は何か、好きな色は、見てるTV番組や漫画等など聞かれる。

 そう言えば、今まで一緒に休み時間などに遊んだことは有っても好き嫌いの話や個人的な事については、あまり話したことがない事を思い出す。それも彼女たちの配慮のなのか。
 そして、その時になっても芸能関係についての話題には触れず。あくまで普通の友達としての話題しか話そうとしない彼女たちを好ましく思った。

 けれど卒業式を行った後の今、そんなに時間があるわけでもなく別れの時は近づいていた。もうそろそろ、皆戻らないといけないかと思っていると。

「あ、あの。これ……」
「あっ! 駄目だよ、真帆ちゃん」

 俺に向けて何かを差し出す、真帆ちゃん。それを止めようとする友達。けれど必死な様子の真帆ちゃんに何だろうと手元を見てみれば、彼女は色紙を取り出していた。

「サイン、書いてもらえない、かな?」
「もちろん、おやすいご用だよ。皆も、折角の機会だから遠慮せずに」

 色々と俺に対して配慮をしてくれたようだったから、サインぐらいなら幾らでも書こうと了承する。俺がみんなに対しても必要かどうか聞いてみると、皆が遠慮がちに色紙を取り出して列を作り始めた。というか、皆やっぱり用意をしていたのね。

 それにしてもサインを事前に考えておいて、練習していてよかった。母さんや事務所の人からサインは必要になるから早めに考えていたほうが良いとアドバイスされて、作っておいたのが功を奏した。

 こうして、俺の小学校卒業式はサイン会を行って幕を閉じた。