第17話 ライブの結果

 舞台袖からライブの終わりを見届ける。今はBeyond Boysがお客さんのアンコールに応えて追加演奏を行っている最中であり、それもじきに終わる。だが、終わりに近づいても会場は続けて大盛り上がりだった。

 そしてアンコールの曲も終わって、Beyond Boysのリーダーがお客さんに向けてライブを見に来てくれた感謝の気持ちとお別れの挨拶をする。会場に割れんばかりの拍手がされる中、Beyond Boysのメンバー達は舞台袖に戻ってきた。これで今日のライブは終了となった。

「「「「「お疲れ様でしたー!」」」」」

 戻ってきたBeyond Boysのメンバーをスタッフが出迎えて、流れた汗を拭くためのタオルや渇いた喉を潤す飲み物を渡しながら労いの言葉を掛けていく。

 Beyond Boysのメンバーはスタッフから渡されたモノを慣れた手付きで受け取り、そのまま楽屋へと案内されて行くようだった。

 メインであるBeyond Boysのメンバーが舞台裏から見えなくなると、次にスタッフは俺たちバックダンサーの皆にもお疲れ様と労いの言葉を掛けてくれた。

「今日のライブは本当に良く出来たよ!」

 総合演出の寺嶋さんが、皆を前にして良かったと評価してくれた。

「直前にトラブルが有ったものの、それをものともせずに皆が最高のパフォーマンスを見せてくれた。特に赤井。初出演なのにもかかわらず緊張も見せず、しかも追加5曲も問題なく踊ってみせたのには驚いた」
「ありがとうございます」

 寺嶋さんから名指しで絶賛されてしまい、気持ちが高ぶる。本当に今日のライブを成し遂げることが出来たのだと痛感した。

「次も頼む」

 ウンと小さく頷きながら、そんな言葉を掛けてくれた寺嶋さん。ライブ前はまだまだ若くて事務所に所属したばかりの新人だからと現場に出すのに不安視されていた俺だったが、今日のライブでは責任者である寺嶋さんから認めてもらうことが出来た。

 今後も仕事で使ってくれる機会が増えて活躍できる場面を手にする可能性が高くなったとういことだろう。それに寺嶋さんから直接、”次も頼む”という言葉も頂いた。すぐにでも出番がありそうだと期待する。

「山北もよく頑張った。正直、助かったよ」
「ハイッ! ありがとうございます」

 寺嶋さんは俺だけでなく山北さんにも声を掛けていた。良かった、山北さんも目に止まって評価されているようだった。嬉しそうに返事をする山北さんの様子を見て、胸をなでおろす。期待通りに事が進んだ。

 こうしてライブ後には高い評価も頂いて、大成功と言える結果で初めてのライブ出演は終わった。


***


 その翌日から、早速ライブのバックダンサーとしての仕事が多く舞い込んでくるようになった。大半は寺嶋さんからの指名依頼だったが、中にはどこから俺のことを聞きつけたのか初対面の人からも早速出演をお願いされる事態となっていた。

 そのためレッスンを受ける時間を削って、ライブの手伝い出演で実戦に出ることが多くなった。お客さんの目の前でパフォーマンスをして見せるので、レッスンでは身に付かないライブならではの経験が多く出来たので、アイドルとしても大きく成長できていると思う。

 それから、俺の成功事例によって青地剛輝もバックダンサーの仕事をデビューした。毎日俺といっしょにレッスンを受けて、負けないようにと競い合っていたおかげか彼の実力も飛び抜けて高くなっていた。その実力は既に同年代では比較にならない程で、数個上の先輩にも対抗できるぐらいになっていた。

 元から度胸も十分にあって、実力も申し分ない。そんな剛輝だからこそ、早速ライブに出てもバックダンサーの仕事を問題なくこなしていたそうだ。一安心。

 俺と剛輝はまだ幼いのに実力は十分。赤青コンビとまとめて言われるほどに業界人の間で噂され、存在を知られるようになっていた。

 ちなみに俺に足を引っ掛けて転ばそうとしていたあの青年は、舞台上で転けたあの時に足の骨にヒビが入るという大怪我をしていたそうだ。完治するまで、しばらくレッスンを受けるのとバックダンサーの仕事を休業するよう事務所から言い渡されたらしい。
 
 一ヶ月という長い期間を彼は休んでいた。そして怪我が治って最初の、復帰の為にと予定されていたレッスンに彼はやって来なかったそうだ。

 それから事務所の呼び出しに応じず、このままではアビリティズ事務所は青年を契約解除という処置を取らないといけない所まで来ているという。

 ともかく、こうして俺は初めてのライブ出演を無事に果たした。その結果、少しずつ周囲の反応も変化していき徐々に現場で活動するようになってからは、更に俺の知名度も上がってきていた。