閑話01 誰が一番?

 私の名はアデーレ、冒険者になるのを夢見て王都にやって来たけれど現実を知らなかった私は、悪い男に騙されそうになり娼婦に落とされる寸前になって戦乙女クランのメンバーに助けてもらう、という過去があった。

 その後は助けてもらった縁を大事にして、戦乙女に所属することにした。冒険者として日々活動し鍛えて、今ではそこそこの実力を手に入れることが出来ていた。そんな私の最近の楽しみは、仲間の皆と戦乙女のメンバーについて話し合うこと。

「やっぱり、一番はレオノール様だと思うわ」

 先輩の1人である彼女は、もっとも心酔しているクランマスターの名前を挙げた。戦乙女クランを立ち上げた人で、大きな組織になるまで皆を率いてきたカリスマ性は本当に凄いと思う。

 見た目は凄く美人であり、常に冷静に物事を対処して慌てた姿を見たことがない。あの人になら、死ぬまでついて行こうと思えるような人だった。

「ケチを付けるつもりじゃないけれど、レオノール様は完璧すぎて近寄り難いというか、遠くから眺める事しか出来ないと思う」

 別の先輩が、対抗する意見を発言する。確かにレオノール様は、完璧すぎて畏れ多く感じるから、気安く近づきにくいという意見には賛成だった。

「それじゃあ、親しみやすさで言うとティナ様とかは?」
「どちらかというと、友達っぽいかな」

 同年代の仲間である1人が、ティナ様の名前を挙げた。確かにレオノール様と比べたら圧倒的に親しみやすいし、明るく元気で人懐っこい人だ。クランメンバーの中でも、飛び抜けた実力があるのに自惚れることはなく、とても親切な人でもあった。でも誰かが反論した、友達っぽいというイメージが確かにある。

「頼り甲斐があって、親しみやすさもあるって言うとエレーナ様は?」
「うん、一番条件にあっていると思う」

 エレーナ様の名前が挙がった時、賛同する声が多数上がった。男に負けないほど、いや男にも明らかに勝っている身長の高さと筋肉の量は、私達には無い頼り甲斐がある部分だった。

「じゃあ逆に、クラリス様とか!」
「うーん」「あー」「えっーと」

「えっ!? クラリス様はダメ?」

 クラリス様の名前が挙がった時、皆が一斉に反応に困るという感じの声を上げた。メガネの似合う美人だし、真面目な性格で頼りになる人。ただ……。

「真面目過ぎる、と言うか仕事一番って感じがしてね。プライベートでも厳しそうなのが、ちょっと」
「じゃあ、癒やしを求めてソニア様という選択?」

 ソニア様! いつも美味しい料理を作ってくれる人。あの人なら、毎日一緒に過ごせれば、癒やしを得られること間違いなしだ。

「でもソニア様はお母さん、って感じだから」

 そういう観点から見れば、今回の条件から外れる。

 皆があーでもないこーでもないと話し合っている中、私は満を持してある人の名前を挙げてみる。

「ギル様は、どうでしょう?」

「「「あー」」」
「「「うーん」」」

 私の挙げた意見に賛同する人と、納得出来ないという感じの声を上げる人の半々に分かれる。

「ギル様は、やっぱり可愛い系? だから違うと思う」
「でも、やる時はやる人だから頼りになるよ?」
「あの可愛さは守ってもらう、と言うよりも守ってあげたいって感じるよ」
「でも、実力は私達じゃ絶対に敵わないぐらいだからなぁ」

 喧々諤々とギル様に関しての意見が交わされる。やはり、見た目の可愛さと実力の凄さによって意見が別れているようだった。

 そんな中で私は、今回の一番に恋人にしてもらいたいと思うクランメンバーは誰という話し合い、一択でギル様を選んでいた。

 というのも、私が悪い男に騙されそうになっていた時に助けてもらった、というのがギル様だったから。戦乙女クランに入団するキッカケとなった人であり、今でも私が夢中になっている人だったから。

 その後も話し合いは続き、色々と意見が交わされてクランメンバーの中で誰が一番かという順位付けが行われるのだった。