第03話 施設内探索

 俺の所持しているキャラクターを育成するための施設とは、大きい壁にぐるりと一周を囲まれた土地の中に、ピラミッドのように上から下に徐々に大きくなるフロアが5層に積み上がって出来た建物がある場所である。
 プレイヤーに与えられた土地は広大で、千人ぐらいの人間なら暮らせる街ができる程に広い。

 そして俺が今いる場所は、プレイヤーがログインして最初に出る執務室というところで、フロアの最上階に位置していたプレイヤー専用の部屋だ。
 そんな部屋から出ると、正面にガラスで作られた窓があって外が一望できるようになっている。

 窓に近づきガラスに映る自分の顔を確かめてみると、現実の俺の顔ではなくてゲームで使用しているアバターのモノがガラスに映った。と言っても、顔の造形は現実のものにゲームプレイの雰囲気を出すためにキャラメイクして、髪の毛を長髪にしたり肌を現実に比べ少し白くしたり、右の頬に大きなバッテン傷を付けたぐらいで、現実と比べ違和感は少ない。
 頬の傷を右手の指でツツツと触ってみると、ゲームでプレイしていた時よりもハッキリと触感がある事がわかる。

 ガラスで出来た窓から顔を離して、今度は窓の外を見てみる。雲ひとつなく晴れた空に、下には施設の一部である運動ができる場所、そして大きな壁、更にその向こうには広大な森が広がっているのが見えた。

 ゲームをプレイしていた時には施設から壁の向こうには草原が広がっていたと記憶しているけれど、いま眼の前にある風景は大きな森のようだった。視線が届く範囲の殆どが森のようで、遠くに小さく草原が見えるが村や町は見当たらず人の住む気配は見当たらない。

 どうやらゲームをプレイしていた時と今の状況に違いがあるようで、これは他にも調べる必要があると思いながら、施設の各場所を調べていく事にした。

 とりあえず、フロア最上階である5階から下へ降りながら各部屋を調べていく事に。

 ココの施設はより効果的にキャラクターを訓練するための訓練部屋や各キャラクターが休めるように個室になっている休憩所、食堂や温泉、宝物庫など様々な機能を持った部屋があって、それぞれはゲーム課金によって追加したり強化していったものだった。

 部屋をくまなく調べて回ると施設は強化した課金要素については初期化されていないようで、問題なく使用できるように見えた。といっても、実際にキャラクターが訓練に使わせてみて実際に問題なく使用できるかどうかは調べる必要がある。
 課金によって追加した部屋も問題なく稼働しているようで、ひと安心していた。

 フロア3階層の中心部にある宝物庫も、問題なくアイテムがしっかりと保管されていたのを確認。しかも、何故か最後にゲームプレイで確認した時に比べて保管していたアイテムがかなり増えているようだった。

 どうやら今までキャラクター育成に使ってきた成長促進アイテムや能力アップ系アイテムが全て返還されて宝物庫に保管されているみたいだった。単純に育成してきたキャラクターをロストした訳では無いようで、今までのゲームプレイが無かったことになっているのかもしれない。ゲームを進めていく上でゲットしたアイテムも手元に残っていたので、単純に育成キャラクターのデータが全て初期化されたというわけではないようだ。

 施設のビルを上から下まで探索し、1階まで調べ終えた。そして今度は、ビルから運動場へと出る。
 この運動場はキャラクターの戦闘訓練を行ったり、身体を動かして体力をアップさせたり、俊敏性をアップさせる能力を鍛える場所である。

 運動場へ出てから、俺は身体を軽く動かしてみた。すると、現実ではありえない速さで走ることが出来たり、垂直跳びで5mぐらい上に飛び上がることが出来たり、運動場の外周を早めのスピードで30分ぐらい走ってみても額に汗を少しかく程度の脅威の体力を実感したりした。

 どうやら今の俺はゲーム内のアバターに準拠した能力を持っているらしい。

 アイティオピアではプレイヤーにも育成キャラクターと同じように、能力値が設定されているらしいのだが、自分の能力値については確認できない隠しパラメーターとされている。
 だが公式からの発表で、プレイヤーの能力値は確実に存在しているらしくて、プレイヤーがキャラクターを育成する等の行動をするごとに徐々にアップするとのこと。そして、プレイヤーの能力値がキャラクター育成に影響してくるので、プレイヤーの能力値が高ければ強力なキャラクターができると説明されていた。

 つまり、キャラクターを何人も育成していくことでプレイヤーも一緒に成長していって、プレイヤーが成長することで次に育てるキャラクターはより強力なものに育て上げる事が可能になるという循環になっている。
 そして今の俺は現実に比べて、非常に高い身体能力を持っている。と言っても、比較する対象がないので、今の俺の能力値が高いのか低いのかは判断できないが。

 最後に、施設の外に繋がる門の前へとやって来た。施設の周りはぐるりと高さ10mぐらいある大きな塀で囲まれていて、唯一この門だけ外へと繋がっていて出入りできる場所だ。しかし、ゲームをしている時はプレイヤーがこの門から外へ出ることは出来ず、プレイヤーにとっては育成したキャラクター達を外へ旅立たせる時に見送る場所となっている。

 非常に大きな両開きの門は閉じられていて、人力では開かない様になっているので仕掛けを作動させて機械的に自動で開ける。しばらく待って門が開いた状態になると、俺は外へ出てみようと足を踏み出してみるが、見えない何かに阻まれて外に出ることは無理のようだ。

 手を付き出して見えない何かを探ってみるが、ブニョブニョとしたゴムのような感触のする何かが門の境界から外にあり、行く手を阻んでくるので俺は門を超えて進むことは出来なかった。

 ゲームでも施設の外には出れない設定になっていた。そして、同じように今の俺も施設の外には出れないだろうと予想していたとはいえ、外に出れない現状に大きなショックを受けた。ログアウトも出来ないし、施設の外にも出ることは叶わず閉じ込められたという現実をより一層強く感じさせた。

 施設探索を終えて、施設のビルの中にあるプレイヤーの休憩室へと戻ってきていた。依然として、ログアウトは出来ないし、運営とも連絡が取れない。先ほど他のプレイヤーと連絡を試みたけれどダメだった。

 ついに万策が尽きてしまったので、仕方なく眠って時間を潰し明日にはココに来るであろうと予測する少女を待つことにした。

 休憩室のベッドに横になって、もしかしたら今まで見ていたものが夢だったかもしれないし、今度目を覚ましたら現実に戻っているかもと淡い期待をしつつ、目を閉じて俺は休んだ。

 

スポンサーリンク

 

backindexnext