第07話 依頼

 幌付き馬車の集団は、5人組のパーティだった。腰から剣を下げ武装した戦士の男に、聖女様と呼ばれている真っ白な格好の少女、それに付き従っている同じようなローブを着た妙齢の女性。気を失って地面に倒れている装備から予想するに魔法使いと思われる若めの女性と、全身鎧の声から察すると男だと思われる人物。その計5名。

 多分組み合わせとしては、聖女と呼ばれている少女とローブの女性の二人が依頼者で、戦士と魔法使いと鎧は護衛の為に雇われている者たち、という感じだろうか。

「ドゥニーヌ、魔物にやられた彼らに回復をお願い」
「分かりました、聖女様」

 先程の戦闘でやられたのだろう、気絶して地面に倒れている魔法使いと鎧の二人を指さして、回復するようにと指示する。

 指示された女性は、まず魔法使いの女性の側に寄ってしゃがむと、両手を地面に倒れている彼女にパーと広げて突き出す。そして、何やら呪文を唱えた。すると両手から淡い緑色の光が放出される。遠い昔に見た覚えがある、僧侶などが使っていた回復の魔法だと分かる。

「改めて、助けて頂きありがとうございました」

 回復を施している横で、聖女と呼ばれた少女が僕の目の前に立って頭を下げてきた。どちらかと言うと助けたのはアディだし、リーダーと言えるのも彼女なので僕じゃなくてアディにお礼を言うべきでは、と思った。けれどアディは、何も言わずに会話にも混ざろうとせず辺りを見渡していた。

 何だろう、彼らの前に立って急に話さなくなったアディに違和感を覚える。だが、ここは代わりに僕が話を進める。

「助かってよかったです。それで、街へ向かう道を教えてもられると有り難いのですが」
「それなら、私達とご一緒に行きませんか。報酬も払いますので、護衛としてお願いてきませんか」

 その言葉は確かに魅力的だった。街へ向かう道も分かるし、お金も貰える。しかし、僕の一存で決めるわけにはいかないのでアディに相談する。何となく彼らに会話を聞かれないように、少し離れてから耳打ちをして。

「どうするアディ?」
「良いんじゃない、受けても」

 関心がないような反応。というか、そう思うなら自分で返事をすればいいのにと思ったけれど、アディは彼らと会話をしようとはしなかった。

「仲間を探さないといけないんじゃないの?」
「どっかで会えるでしょ」

 とっても楽観的に考えているらしいアディ。別に合流を急いでいないのなら、まずは街へ向かう道を教えてもらって、報酬を貰えるのなら依頼を受けるメリットも有る。

 それに街に行けば、アディの仲間が既に居るかも知れない、街にいる人達に彼女の仲間の目撃情報を聞いて回れば、居場所も判明するかも。少なくともアディが勘に頼って仲間を探して見つけ出せる確率よりも高いだろう。

 ということで、僕はアディの了承を得てから街へと一緒に行きましょうという返事を彼女にした。

「街まで一緒に、お願いします」


***


 そうして一緒に街まで行くことになったが、フェルマンという名の戦士が警戒を強めているのか背中を見つめられているのを感じる僕。一応互いに自己紹介だけ済ませて名前だけは相手にも教えたけれど、それ以外の事は説明しなかった。

 そう言えば、僕に追手は居るのだろうか。処刑される筈だったのに、事故によって逃げ出してきた。その後、僕が生き延びたのを相手に知られているのか。

 事故によって馬車が横転して拘束具が外れて、その隙に逃げ出した。逃げる時には必死で生き残りが居るかも確認していなかったが、僕が生き残れたのだから他にも生き残っていてもオカシクはない。そして、死体が無いと分かれば生きていると考えるかも。

 僕が生きていると思われたら追跡者を差し向けて、僕を間違いなく殺そうとすると思う。公爵家の問題を知られないようにする為。だけれど今の所、そんな追跡者も暗殺者も見当たらないし状況が起こる雰囲気もない。という事は、僕は死んだと認識されているのか……。

 僕の問題はひとまず置いて、一緒になった聖女達の集団の目的についても知った。彼女たちは、王国の人間に呼び出されたらしい。最近の魔物の異常増加現象の原因を解決するために、本当に聖女様である彼女のお力添えが必要だ。ということを聞かされた。

 魔物が王国を目指して集まっているらしい、という噂は本当だった。そして僕のスキルが原因なのだとしたら、早く国を出て別の場所に向かうべきなのだろう。僕が居なくなった後の状況を見て、スキルの効果について考える必要がある。

「仲間と合流したら、私達の国に向かう。そうすれば、皆が戦いを楽しめる」

 と言っていたアディ。彼女とその仲間たちは戦いを楽しめる人らしく魔物が押し寄せても問題無い。むしろ魔物寄せの効果が有っても大丈夫、という国らしいからアディに連れて行って貰えば良い、という訳だった。

 今後の予定も決まったし、後は街に到着するだけ。そこで報酬を貰って彼女たちとはバイバイ、と言って別れれば良いけれど。

「なんで、こんなに魔物が集まってくるんだッ!」
「愚痴ってないで、手を動かして反撃しろッ!  馬車を攻撃されないでよ」
「うっす」

 戦士と魔法使いと鎧大男の三人が、次々に襲撃してきた魔物に苦戦している。多分、魔物を引き寄せているのは僕のスキルが原因だと思う。けれど黙っていた。

「聖女様……」
「私達の目的は、この増えた魔物の原因を消し去ることです。目的を忘れないで」

 不安そうな回復役の僧侶を落ち着かせるように、言い聞かせている。そして、チラッとコチラに視線を向けてくる彼女。もしかして、何かしら知られているのか。けれど彼女は意味ありげな視線をコチラに向けるだけで何も言わない。

「なっ、にっ!」
「うそ!?」
「強い」

 苦戦している三人の間に跳び入っていったアディが、瞬きをする間もなく全てを片付けてしまった。そして、仕事を終えたのに喜びもせず無言のまま再び僕の側に近づいて、身体を密着させてくる。アディの圧倒的な実力に、彼らは僕と同じ様に魅了されているようだった。街に到着して、アッサリと別れられるだろうか。

 そうこうしている内に、僕たちは目的であった一番近くにあるという街へと到着していた。