第06話 遭遇

「今日もいい天気だなぁ」

 前を歩くアディの脳天気な言葉を聞いて、身体からふっと力が抜ける。本当に仲間たちと合流する気が有るのだろうか、と不安な気持ちが大きくなっていた。まだ僕たちは、出口もわからない森の中に居たから。

 確かに見上げてみれば雲ひとつない晴天で、見れば気分が良くなるような天気だった。しかし、いつまでも森の中ではなく早く街に辿り着きたいと思っていた。

 アディと彼女の仲間たちは、魔物を求めて森の中を彷徨っていたらしい。なんでアディが仲間からはぐれて1人だけだったかと言うと、勘が告げる方向に魔物が居るのを感じ取ったアディは、抜け駆けしようと1人で飛び出してきたからだという。森の中で単独行動に出たらしい。そして、その勘の先に居たのが僕だったそう。

「魔物よりも、ずっと良いモノを見つけられた!」
 
 とは彼女の言葉。助けてもらえたから良かったものの、そんな偶然によって僕は生き残る事ができたのかと考えると寒気がする。その偶然がなかったら、間違いなく死んでいただろうと思うから。

 そして僕を拾ったアディは、また勘を頼りにして森の中を彷徨って仲間を探しているというわけだった。そんなんで見つかるのかよッ! と心の中で思いはしたが、口に出さない。

 仲間と合流できるかどうかは、ここにきて絶望的でもあった。本来アディの住んでいる場所はずっと遠くの国境を超えた先だそうで、この王国の出身じゃないらしいから土地勘もないと言う。

「セレストなら土地や道に詳しいから、まずは彼女を探し出して森を抜けよう」
「とりあえず、わかりました」

 セレストというのはアディの仲間の名前なのだろう、女性らしい響きの名。その人に出会えるように祈る。

 僕はアディの後を付いていくしか無い訳で、街には向かわずに、というか向かえずに仲間探しを優先しているアディに従う。だが、勘しか頼りにしていない彼女の進む方向は覚束なかった。

 と思っていたら、前方に幌付き馬車が止まっているのを発見した。こんな森の中に止められている、不自然な馬車にアディも気がついたようだ。僕とアディが、一緒の方向に視線を向けている。

「あの馬車は、探していた仲間ですか?」
「んー、違うと思う。見覚えのない馬車だもの」

 目的の人物では無いようだったか、馬車があるなら誰か人がいるだう。もしかしたら、街へ向かう道を教えてもらえるかもしれない。とりあえず、情報をもらいたい。

「私達の仲間なら、あれぐらいの魔物はすぐ倒してしまえるもの」
「え?」

 アディの言葉を聞いてよく見ると、馬車は止まっていたのではなく止められていたようだと分かった、魔物の手によって。馬車が魔物に襲われていた。狼のような大型の獣に見える魔物が、何匹かで馬車を取り囲んでいる。

「た、助けないと!」
「んーっと、まぁいいか」

 何か気に掛かることがあったのか、一瞬だけ躊躇したアディだったが次の瞬間には大剣鈍器を振り上げて馬車のある方向へ突っ込んでいった。僕も後を追う。

「おりゃっ!」

 一番近くに居た魔物にアディが一撃を食らわせると、馬車を囲んでいた他の数匹の魔物がアディと、ついでのように僕にも危害を加えようとターゲットをこちらに向けてきた。

「誰だっ!」

 馬車の近くで剣を支えにして膝立ちになっている男戦士が叫ぶ。馬車の護衛だろう、その人は先程まで魔物の戦っていたのか、顔から血と汗を流している。突然現れた俺たちに警戒しているようだった。

「はい、終わり」

 アディがそういい終わる頃には、馬車を囲んでいた魔物は全て絶命していた。あまりの早業に戦士が唖然としている。現れて言葉を交わす前には既に、全部終わらせてしまったから。

 だが、しばらくして気を取り直したのか表情を厳しく変えてから立ち上がると、俺たちと向き合って質問を投げかけて来た。

「何者だ」

 戦士は手に持つ剣を腰の鞘に仕舞わないまま、抜き身のままで。強く警戒されているのが分かる。馬車の近くには、他にも人が倒れているのが見えた。ローブを着て魔法使いのような杖を持った女性、全身鎧を着込んだ大男が唸り声を上げているのも聞こえる。

「実は道に迷ってまして、一番近くの街へ行くための道を教えて欲しいんです」
「……」

 自分でも怪しいと思いながらも、目的だけを簡潔に告げる。身分について説明のしようがないが、説明しないと信じてもらえないだろうな、やっぱり。

「教えてもらえ無さそうだから、もう行こう」

 アディが少しでも動くたびに、戦士がピクピクと反応しているのが分かった。警戒が強くて、彼女の言う通り教えてもらえそうに無い。早々に諦めて、というか会話するつもりも無いらしいアディは、その場から離れようと歩き出す。

「待って下さい!」
「聖女様、馬車の外に出ては駄目ですッ!」

 放って行こうとしたアディ、その後に仕方なく付いてこうと歩き出した僕たちの背に呼びかけた女性が1人。止まっていた馬車の中には、人が居たらしい。飛び出してきた聖女と呼ばれた女性と、引き留めようとする女性の二人。

「助けていただいて、ありがとうございました。ほら、フェルマンお礼を言って!」
「ッ! 危ないところを助けて頂き、ありがとうございました」

 聖女と呼ばれていた少女は馬車の中から降りてきて、姿を表した。真っ白の全身を覆うようなローブを身にまとっていて、頭を下げて助けたお礼を俺たちに。その彼女が主であり、戦士は配下なのだろう。お礼を言うように指示する。

 警戒する様子は解かず納得していない表情で、しかし頭を下げてフェルマンと呼ばれた男も礼を言う。

 なんだか、厄介ごとの雰囲気を感じた。