第30話 値段と交渉

 セレストの指令によって、周辺の街に出向いて素材の値段を調査しに行っていた者たちが帰ってきた。その者たちによって持ち帰られた価格についての情報を確認しながら、僕とセレストの2人はいつもの仕事部屋で今後の商人との取引について話し合いを行っていた。

「なるほど、適正価格はこれぐらい、という事か」
「調べてもらったら、驚くほど違いがあったね」

 セレストは実態を初めて知って、知らなかったとはいえ問題を放置してしまっていたことを後悔していた。

 そして、僕はアマゾン国で取引している時と外の街や国で取引されている時での素材について価値の違いに驚くばかりだった。

 実際に足を運んで周辺国にある店まで出向いて、その時に実際に取引されていたという価格を調べてもらった結果だからこそ分かったその事実。価格を詳細に記録してある情報をまとめてある紙を目にして、僕たちは驚いていた。

 そこに記されている値段と、アマゾン国が今までに取引していたという値段とを比較してみれば、その差に1000倍もの違いがあった。

 もちろん、商人たちは商売をするために商品を仕入れて、次の人間へと価格を提示して売り儲けを出すというのが彼らの仕事だ。そこには、仕入れて適当な場所に運び売るという運輸としての価値がある。

 その時に商人として、仕入れと売値の差額を儲けるための価格設定をしている事は理解できるけれども、あまりにも差がありすぎるように思えた。

 商売として成り立たせるために、商品となる素材を集める人、仕入れて求めるお客のもとまで運び売る人、そして商品を買うお客の3つがあると思うけれども、今の価格設定のままではアマゾン国が大きな損を請け負っているに過ぎない。そして、商品を買うお客が得をしているというわけでも無いと思う。ただ、中間に入っている行商人が無慈悲に金品を貪るように収入を得ているだけだ。

 いや、もしかしたら行商人は低価格で売っているかもしれないから交渉の必要性があるかも。けれど、今までのように低すぎる値段で売ることは今後無いだろう。

 だから、今度からは集めた情報を元にして設定した適正価格から少し割り引いた値段の設定にして、商人と取引するという事を決めたセレスト。

 まとめた情報は、セレストよりも更に上の権限を持っているという地位にいるジョゼットに知らせてみれば、面白うそうだという表情を浮かべて今後の商人との話し合いの時に新しい金額を提示してみると彼女は約束してくれた。


***


 そして到来した、アマゾン国が取引している商人が商品を仕入れにやって来る日が。年に数度ぐらいの割合でアマゾン国に商品を仕入れにやって来る彼の名は、テゲルという名の人物らしい。

 商人を迎える為に僕たちが待ち受けるのは、森の外縁部。森の中では商品を運ぶための馬車が入ってこれないために、アマゾン国の住人が森の外縁部にまで商品を運び出して商人が受け取りやすいようするため、森の入口に用意した素材を並べて商人を待ち受けるのが決まりだった。

 しかし、今回は僕のアイテムボックスという能力によって1人で森の外縁部まで商品を全て運び出すことが出来ていて、それでまたアマゾネス達から感謝されていた。

 というのも、彼女たちは力強く物を運ぶことはそれほど困難な仕事でもなかったけれど、単純で面白みに欠けるような作業はやるだけでも疲れを感じるくらい嫌いで、彼女たちにとっては、出来れば荷物運びというのは面倒でやりたくない仕事であったらしい。

 そんな仕事を僕が全て請け負って能力を使って終わらせてしまえば、もう誰も面倒だと思う仕事から解放されて、感謝されたという訳だった。

 森の入り口で待つジョゼット、そして今日の取引を行うためにやって来た行商人っぽい姿が遠くの方で視認できた。僕の視線の先には、馬車を何十台も連ねて走っている軍団が目に見えている。どうやら、あの近づいてくる集団が今日取引する商人テゲルなのだろうと僕は察する。

 そして、到着して馬車が止まると中から1人の男性が降りてきた。

 50代ぐらいの年がいった中年男性だった。見た目に行商人テゲルは中年という感じだった彼は、商人であることを示すような作り笑いを浮かべた表情で揉み手をしながら、いかにもという雰囲気を醸し出している。

 そんなテゲルの後ろには、屈強な男たちが武装して従って歩いている。テゲルの表情や下手に出る態度は卑屈だと思えるぐらいに腰が低いけれど、後ろの従者に守らせてコチラへの警戒は緩めていない、という感じだろうか。

 警戒は続けて、並べられた商品となる魔物の素材がある場所へと近寄っていく。そこに近寄って、しゃがみこんで状態を少しチェックしている。

「いやー、今回はいい商品を揃えてくれましたね。ありがとうございます」
「いえいえ」

  なごやかに商人テゲルに対応をするジョゼット。この後に色々と交渉しようとしている事には気付いていない様子のテゲル。話し合いを決めようと、やる気を出しているジョゼットの2人が向かい合っていた。