第29話 回収作業

 調べてみて判明した、今までのとんでもない低価格で取引していたらしい、魔物素材の取引について。価格を引き上げてもらう交渉を商人とする事に決めたセレストは、改善できる部分は改善をして交渉のための手札として用意しようと、これからは適正価格で取引できるように事前に準備を進めることにした。

 そして今日僕は、アディの狩りに同行していた。同行して僕は、彼女が倒した魔物の死体を回収していくというような役割を担っていた。ちょうどいいと言うべきか、新しいスキルであるアイテムボックスという能力が、今回の魔物の素材回収という作業に活用できるからと判明したから。

 アディが魔物を倒して、戦闘が終わったら僕が後から行って順番に倒した魔物を回収していく。ただ絶命している魔物の体に手をサッと触れて、アイテムボックスに入れるイメージをするだけで作業は終わり。後は、街へと戻るだけで素材を持って帰ることが出来るという簡単な仕事だった。

 この回収方法には、特にデメリットも無い。強いて言うならば、回収するのには必ず僕が手で直接触れる必要があり、取り出すのにも僕を通してじゃないと無理という、それぐらいだった。

 それに比べると、メリットは沢山ある。まずアイテムボックスにいくら魔物の死体を入れても、アイテムボックスの中に入れてしまえば荷物の重さを感じることはないから、アディには手荷物となるような物が無くなって、動きが阻害される事が無くなる。

 それからアイテムボックスの中に入れておけば、何故か死体は腐らない。アイテムボックスに入れた時と同じ状態で取り出せる。つまり素材も劣化しないということで、商品価値も上がるだろう。

「終わったぞ、ノア! 回収を頼む」
「了解」

 魔物との戦いが終わって静かになった所で、アディに呼び出されて僕は彼女に駆け寄る。そして、まだ温かさの残っている魔物の死体を次々に触って、素材となるそれらを回収していく。全て触り終えるのには1分も必要ないぐらいで、あっという間に僕の作業は終わり。

「終わったよアディ」
「相変わらず、仕事が速いな。さぁ、次に行こう」

 僕が魔物を回収している間は、辺りを警戒してくれていたアディ。僕の仕事は終わったと彼女に告げると、休むこと無く次へと行こうとする。

 仕事熱心と言うよりも、魔物との戦いを少しでも長い時間楽しみたいという彼女は趣味のように楽しんでいる、という感じだった。

 アディが先行して、僕が後を慎重についていく。しばらくの間、鍛えていたおかげだろう、今ではアディが森の中をビュンビュンと速く進んでいくスピードにも、なんとかついて行けている。

「だいぶ体力も付いて、あたしのスピードについてこれるぐらいに山歩きにも慣れてきたな。凄いぞノア」
「ありがとう、アディ」

 彼女に褒められることは純粋に嬉しい。鍛え続けてきた甲斐があったと、報われたと思える瞬間だった。

「いやー、楽ちん楽ちん。さすがにアタシでも持ち帰れないぐらいの量なのに、ノアは凄いね」

 彼女が自分で言う通り、どんなに魔物を倒しても2本の腕では抱えられる量も制限されて持ち帰る物を選別しないと、いくら魔物を狩ったとしても全ては街に持ち帰られずに、その場に放置するしか方法は無かった、と語るアディ。だから、今は僕が居てくれることで助かっていると。

「それにしても、ノアは本当にアマゾン国には必要不可欠な人材になってきたね。前に言っていた、皆の役に立ちたいという気持ち、本当に果たしているじゃないか」
「うん、ありがとう。僕もようやく、皆の役に立てているって実感できてきたよ」

 魔物寄せというスキル、それからセレストの手伝いとして国の運営に関わる書類整理、更にはアイテムボックスによる魔物の死体回収と、僕でも出来る事が沢山増えてきた。

 その結果が自信となって、ようやく僕は自分でもアディ達の役に立てていると言えるぐらいに実感できていた。

「ストップ、ちょっと待ってろ」
「分かった」

 会話の途中でも、何かに気付いたアディがすぐに僕を止めて、そこから息を潜める。僕も彼女に合わせて身を潜めて様子を伺う。そして、僕だけその場に留まるように指示されるとじっとしたまま、アディは音もなく森の中へと進んでいく。

 そして、森の鬱蒼としている木々の間に姿を隠しながら徐々に進んでいくと、ある所で武器を構える。武器を手にしたのは魔物を発見した証で、次の瞬間には鋭い一撃を繰り出す一歩手前だった。

 けれど僕の目には、何の変哲もない森の緑しか目に入っていない。アディには、何か見えているのだろうかと、目を凝らしてみる。だが、僕にはやはり見えない。

「ふっ」

 アディが息を吐きながら力強く大剣を振るうという攻撃を始めて、僕はようやく獲物を目にした。熊のような大きく毛に覆われた魔物がアディに反撃しようとするが、アッサリと避けられて、その後アディに反撃を食らって地面に倒れ込む。

 その音を聞きつけたのか、魔物が次々に集まってきてアディを獲物にして殺到する。僕は更に見を屈めて木の陰に隠れながら、彼女の奮闘ぶりを目にする。バッタバッタと倒されていく魔物の群れ。

「終わったぞ、ノア!」

 しばらく行われた一方的な魔物狩りも終われば、再び同じ様に呼び出されて次は僕の出番。次々に魔物の死体を回収していって、ソレが終われば再び森の中を移動していく。

 そして、一日という時間を掛けて森のなかに入って魔物を探し、アディが見つけて倒すと、僕が魔物の死体を回収していくという決まった動作で次々と倒し回収していった。そして一日でとんでもない量の魔物の素材が手に入る、という結果となっていた。