第28話 仕事の日々

 僕は前々からずっと、少しでもアマゾン国の人々、とりわけアディ達の役に立ちたいと考えていた。そんな僕の考えをジョゼットに相談してみたところ、彼女から仕事を任せられるようになって、今ではセレストの仕事部屋に通う日々が続いた。

 僕の仕事は、セレストの書類処理を手伝うこと。彼女が処理する書類、主にアマゾン国の食料関係や経済に関する事柄を管理するため記録しておく書類を作成したり、過去に作成された書類を確認して整理したりする事務仕事だった。

 食料ついて、いまアマゾン国にどれ位の食料が蓄えられているのか。毎日どれ位の収穫が出来ているか、消費されているか。外から購入しいないといけない食料が、どれ位の量あるのか、必要な購入費用はどのくらいなのか。

 そして経済については、アマゾン国のお金の動きが分かるようにする物。収入と収支について、国庫の状況を記録しているような書類だった。

 どちらも僕のような外から来た人間が目にしても良いのか心配になるほどに、重要である情報が記載された書類に触れているので、一応セレストに聞いてみたトコロ、気にしないで大丈夫だと語った。

「それだけ、今の仕事を任せられる人材が他に居ないのよね。だから辞めないでね」
「はい、頑張ります」

 幸いなことに、監禁されるよりも前の過去に少しだけ貴族として教育を受けていた頃が有って、その時に学んだ知識が今になって役立っていた。

 僕は即戦力として扱われて、今行っている書類の処理もセレストの補助がありつつ、順調に上手く対処することが出来ていた。セレストからも、助かっていると感謝される程だった。今までが、本当に大変だったようだ。

「今まで、ずっとずっとずーっと、私以外にやろうとする人が居なかったから。まさか君のような役立つ人間が助っ人に来てくれるなんて。心の底から助かった、って私は思ってる」
「セレストの助けになって、本当によかった」

 セレストからの感謝の言葉を聞いた僕は、役立っているという感覚を味わえて満足だった。こうして、僕の役立ちたいという感情は一旦落ち着きを見せることになる。

 そもそも、魔物寄せというスキルによる感謝はされていたけれど、やはり実感出来ないと役立っているとは僕には思えなかった。それが、今では仕事を任されたから実感として味わえているので、満足していたから。


***


 仕事を慣れていくと、作業する速さもドンドンとスピードが上がっていく。更に僕は処理する書類の量を増やしていく。

 するとある時、1つ気になる点を発見した。それはアマゾン国が行っている取引について。口出しをするべきかどうか少し迷ったけれど、仕事に慣れてきて僕はセレストに聞いてみることにした。

「セレスト、質問したいことが」
「んー? どうした」

 毎日のように、僕とセレストは部屋で二人っきりになって仕事をしていて、だいぶ仲が良くなってきているように思えた。

 だから僕はセレストに仕事に関して、気兼ねなく聞くことが出来ていた。

 僕が疑問に思った点というのは、アマゾン国が取引している商人との素材の売値について。記録されている値段が、売り渡している素材の量に対して、受け取っている金額が異様に少ないと思える。

 食事一食分ぐらいの値段に対して、山になるような量の素材が取引されていた。適正価格を知っている訳ではないが、どう考えても安いんじゃないかと思えるような金額。

 そんな部分を僕は指摘して、どういう事か聞いてみた。もしかしたら、何かの契約によってそうなっているのか、という可能性を考えて。

「あぁ、これね」

 だがしかしセレストの説明を聞いてみると、どうやらこの金額は商人が設定したという運搬費と素材の品質が低いという理由で、買い叩かれていた結果だという。

「品質が低い? それに、運搬費?」

 品質については、まぁ、アマゾネス達が狩った魔物の死体を持ち帰る時にあまりに気せず、傷つけてしまって価値が落ちていると言うことなら納得ができる。

 だがしかし運搬費なんて、買い取りに来た商人が担うべきだろう。それを値引きの理由にされる考えが理解できなかった。

「それにしても、この金額はあまりにも低すぎると思う」
「そうかな、考えたことがなかった」

 どうやら、あまり気にしていなかった部分を僕は突いてしまった。彼女たちは、あまり金銭に執着していないようだったが、損をしているかもしれないという事を伝えると、考えが一転して、彼女は商人に負けるのは気に食わないと感じて取引を見直すことにしたようだった。

「じゃあ、ちょっと調べてみようか」

 セレストはやる気になって他の街では取引価格がどれくらいか調べて、今までどのくらい買い叩かれているのか調べる事にした。そして、価格をどのぐらい修正するかという見積もりを出す。

 それに今は、アマゾン国を目指してやって来る魔物の数も増えてきている。つまりは、狩って持ち帰ってくる死体の量も多くなって得られる素材も増えてきた。だから、今のうちに一度売値の見直しが必要じゃないだろうか、という僕の考えを理解してくれた。

 外の街ではどうか、市場調査のために他の街ではどのぐらいの値段で売買されているのかを誰かに調査しに行ってもらうようだった。

 その間に、僕は狩った魔物の取り扱いについて丁寧にするように皆に周知したりする。

 そして、もう一つ僕のスキルであるアイテムボックスという能力を駆使して、狩った魔物を回収する手伝いをしていく。アイテムボックスの中に入れてしまえば、腐ったりすることなく品質が落ちないで持って帰れるから。