第27話 聞き込み調査-ジョゼット、セレスト

 ドリィに勧められて僕は初めてお酒を飲んでみたけれど、翌日の様子は酷いものだった。目が覚めた瞬間すぐ具合いが悪いことに気づいて頭はガンガン、体調が回復するまでの苦しい時間を味わうことになった。

 もう二度と僕はお酒を飲まない。そう誓うほどに、堪えてしまった経験。よくニアミッラは、あれほどにお酒が好きで飲み続けられるものだと思った。

 そんな事があった為に、お酒を飲んで嫌なことは忘れろと言ってくれたドリィなりの解消方法は僕には合わなかった。結局、まだ僕の悩みは解消しないまま。

 僕の悩んでいることは考えるだけ無駄なのかもしれない、考えすぎという皆のアドバイスを信じるべきなのかもと思うけれど、何かしら解決策を見つけたいと思う頑固な僕。ただ、次の人に相談して悩むのは最後にしようと、心に決めてジョゼットのもとに行ってみる事にした。


***


「こんにちわ、ジョゼット」
「やぁ、どうした?」

 ジョゼットが居た場所はアマゾン国の中枢区域にある建物、国の運営を取り組んでいる機関で彼女は働いていた。そんな場所に居る彼女は、なんと国政を司る重要官職であった。

 見た目では僕と同じぐらいの小さな背丈だし、アディ達等の周りと比べてとても体が小さく見える。だから、一見するとアディ達の中では能力等が低いんじゃないかと思えるんだけれども、そんな事は全然ない。

 むしろ、アディ達と比べた場合でも一番の実力者であったと言えるぐらい。そんな頼りになるジョゼット。

「相談事があるんだけれど、今お話出来るかな?」
「うーん、ちょっと待て。うん、大丈夫だ。アディの奴が、どうかしたのか?」

 いきなり訪ねて僕は相談事があると言ってみれば、何か確認した後に彼女は快く話を聞いてくれた。

 ただアディ関連であるだろうと彼女は断定するように、何かあったのかと聞いてきたけれど、僕は違うんだと否定する。

「アディは全然関係ないよ。僕自身に関すること」

 そうして、自分が今のままで本当に役立てているのか、何か出来る仕事はないか。もっと皆の役に立ちたい、等という話をジョゼットにしてみた。すると、彼女は真剣に悩んでくれて答えまで教えてくれた。

「なるほど、生活をしている時に役立っているっていう実感が無いのか。それで、何か手伝いたいと。……それじゃあ、ひとつ君に仕事を任せてみようかな」
「本当に? よろしくお願います!」

 今までとは違う対応をしてくれたジョゼット。いきなり、何かの仕事を任されるという事態になったけれど、僕はようやく皆の役に立てることが出来るのではないかと期待で嬉しくなった。


***


 そして、ジョゼットに連れてやって来たのは建物の奥にある部屋。今までに来たことのない場所であり、重要そうな場所でもありそうだったので少し緊張する。

 その部屋の中にジョゼットの後ろに付いて入ってみれば、紙の束が積み上げられているのがまず目に入った。その次に、部屋の中央にある立派な机に誰かが座っているのが見える。

 突っ伏していて、顔が見えずに誰かが分からない。すると、ジョゼットが彼女の名を呼びかけて、ようやく誰かが分かった。

「セレスト、助っ人を連れてきたぞ」
「うーん? すけっと?」

 机に突っ伏していたのはセレストだった。いつものように、テンション低く寝起きのようにな感じのぼんやりとした声を出しながら、伏せていた顔を上げる。そして彼女の視線が僕に向けられた。

「彼が?」
「そう、手伝ってくれるって」

 セレストの視線がジョゼットに移り、再び僕に戻ってくる。どうやら、僕に任されるという仕事はセレストにも関係する事らしい。

 ジョゼットも僕の方に顔を向けてきて、それから彼女の手が僕の肩に置かれる。任せたぞ、という感じに。

「今から、セレストの書類処理を手伝ってあげて。他に手が空いていて、やる気があって、ちゃんと言うことを聞く人材が君の他に居ないのよね。ここに住む人達は本当に、戦うだけしか脳がないから。やれる人がやらないと、いつか本当に大変なことになるから君が来てくれて助かったよ」
「あー」

 ジョゼットが切実だという感じて事情を語る、アマゾン国の実態。アディを見ていると、確かに知的な作業に向いていなさそうな事が分かる。

 そして、ここなら僕も彼女たちの役に立てるかもしれない、と感じる場所であることも理解できた。

 後は任せたと言って、部屋から出ていくジョゼットを見送る、そして、部屋の中には僕とセレストの2人だけが残された。

 とりあえず、僕は最初が肝心であるからしっかりしようと、机に座っているセレストの方へと体を向けて挨拶をする。

「よろしくおねがいします」
「うん、よろしく。じゃあまずは、これからお願いできる?」

 どうやら彼女は歓迎してくれるようで、いきなり仕事を任されつつ彼女に面倒を見てもらいながら動き始めた。

 こうして、その日から僕はセレストの部下という立ち位置で、いきなりアマゾン国の運営に関わるような重要な仕事に携わる事になった。