第26話 聞き込み調査-ドリィ、ニアミッラ

 聞き込み調査を行うことで、ミリアリダと仲良くなれたから有意義な時間では有ったけれども、結局は未だに僕が皆の役に立てるような方法は見つかっていなかった。なので、まだ街の中を巡って何か出来ることはないか探してみようと僕は動いた。

 訓練場に行ってみると、ドリィが大剣を振るってトレーニングを積んでいた。もう十分に強いと僕は思うのだけれど彼女はそれでも、いつも継続して身体を鍛えていた。だから、訓練場に行けば会えるだろうと思っていたけれど、今日も彼女はトレーニングをしていた。

 僕がドリィに近づいていくと、彼女は僕に気が付いて剣を振るう手を止めて向こうから声を掛けてくる。

「やぁ、ノアじゃないか。こんな所に来て、どうかしたのか?」
「何か困っている事がないか、皆に聞きに回ってるんだ」
「困ってることか? 特に無いなぁ」

 僕を見下ろして、ニカッと眩しい笑顔で言い切るドリィ。そんな彼女を見て、僕は改めて背が高い女性だなぁと思った。

「それよりも、アディと戦って手ひどく負けたんだって?」

 今思い出したと言うように、ドリィが切り出す。戦ったというのは、僕が1ヶ月鍛えた後に成果を見せようとした時の事だろうか。

「あー、いや戦ったというよりも僕が1ヶ月間鍛えたっていう、成長を見てもらおうと思ってやった事だよ。それに、手ひどくっていう程はやられてない。頭に一撃食らったぐらいだ」

 気絶をするほどの一撃だったけれど、それだけだ。というよりも、僕とアディのやり取りを見られていて、あの時の事を知られているといのうが気になった。

 誰にもあの時の事は話していないし、あの時には周りに誰も居なかった筈、少なくとも僕は誰も見ていなかった。あの場には、アディと僕の2人だけだった。だから、あの時の出来事を知られていないと思っていたけれど、どうやらあの日の出来事をドリィには知られているらしい。とすると、アディが彼女に話したのだろうか。

「それで、何で”困ったこと”なんて聞き回ってるんだ?」
「実は、……」

 話題を変えるように問いかけてきたドリィに、僕は今悩んでいる事を正直に話して相談してみた。すると、彼女から返ってきた答えはこんなものだった。

「別に気にする必要はないよ、ノア。今でも十分、あのスキル”魔物寄せ”だったか、で皆の役に立ってるじゃないか。私達の国にいっぱい獲物を引き寄せてくれている。だから大丈夫だよ」
「うーん、そうなかなぁ」

 やはり目の前に居る相談に乗ってくれたドリィも、アディと同じように今役立てているから気にしなくても良いというアドバイスを言ってくれる。やはり、そうなのかな。僕が気にしすぎなのか。

「悩みが嫌なら、酒を飲もう。酒場に行くか?」
「え? ちょっと待って」

 ドリィはそう言うなり僕の体に腕を回して、地面に足がつかないぐらい僕の体は軽々と持ち上げられた。そして問答無用で、酒場へと連れて行かれようとしているらしい。

「ちょ、下ろしてくれドリィ。自分の足で歩けるから!」
「いいから、いいから」

***


「ニア、また朝からずっと酒か?」
「うん」

 ドリィに抱きかかえられてやって来た酒場には、先客のニアミッラが居た。狩場に出ない日は、酒場がニアミッラの定位置であった。

 しかも恐ろしい言葉を僕は聞いてしまう。彼女は朝から昼を過ぎた今までお酒を飲んでいたらしい。そして、そのまま夜まで飲み続けるのだろう。

「それって、アディの所にいる子? 何で一緒に居るの?」
「うん、この子は皆に悩みを聞き回ってるんだって」

 ニアミッラの問いかけに僕がやっていた事を、ドリィが代わりに答える。と言うか、いい加減に地面へ下ろして欲しいと思っているのだが、僕はまだ抱きかかえられたまま。

 そんな抱きかかれられたままの僕に顔を向けて、ニアミッラが不可解だという風な表情を浮かべて問いかけてきた。

「なんで?」
「えっと、僕が今、色々悩んでいて、その解決策を探そうと思って」
「この子、皆の役に立ちたいって言ってるのよ」

「もう今でも十分に役立ってる。だから、そのままでいいじゃない」

 ニアミッラの答えも皆と変わらず、同じように今のままで十分と言ってくれていた。でもそれじゃあ、僕の心のモヤモヤが晴れない。考えすぎか。

「それでニアの悩み事は?」

 ドリィが酒と食べ物を店に注文しながら、ニアミッラに興味本位という感じで問いかける。と言うかドリィは僕にもお酒を飲ませるつもりなのか、二人分の注文をしているように聞こえた。

「それはもちろん、酒が好きすぎることかな。私はどうやら、酒を飲みすぎているらしい」
「ハッハッハッ、自覚なしか!」

 ニアミッラの悩みを聞いて爆笑するドリィ。僕の悩みもニアミッラと同じように、悩んでも仕方がない事、傍から考えれば笑い飛ばされるような悩みなのかもしれないと感じた。

「さぁ、酒が運ばれてきた。飲め」
「うん、ありがとう」

 ようやく地面に下ろして椅子に座らせてくれたと思ったら、次は酒を突き出される。その酒を僕は受け取り、ドリィに勧められるまま飲んでみる。そういえば、飲酒なんて生まれて初めての体験だと、酒を口に含んでから僕は思い出した。