第25話 聞き込み調査-ミリアリダ

 戦闘能力では、どうやら今すぐに皆の役に立つというような事は出来ないという事が分かった。それじゃあ、他に何か役立てることは無いだろうか。

 スキルを使って何かできないだろうかとしばらく考えてみたけれど、今すぐには良いアイデアが思い浮かびそうにはなかった。それならばと、知り合いの皆に話を聞きに行ってみようと考え、僕は街の中を散策することにした。


***


「こんにちは、ミリアリダ」
「おう、お前はアディのところに居る男か。何の用だ?」

 家を出て水浴び場にやって来ると出会ったのは、全裸のままでくつろいでいたミリアリダだった。

 彼女は服を身に纏うのが嫌いらしくて、いつもこの街の中では普通に半裸で生活していた。そう言えば、始めて出会った酒場でも、上半身裸で居たのを目にした事を僕は覚えている。

 そして、高い確率で水浴び場に居ては裸となりノンびりしている姿を見かける事が多かった。そして今日も水浴び場にやって来たら彼女は居た、という訳だった。

 というか、裸姿で居るところを話しかけたとしても恥ずかしげもなく普通に対応してくるミリアリダに、僕もだいぶ慣れてしまっている。

 いや、慣れたと言うか視線を彼女の顔に固定して余計な部分を見ないようにする技を習得してから、恥ずかしがる事も無くなった、と言うべきか。

 この街では、男である僕の方が異端であり、いちいち僕が恥ずかしがるような仕草を見せても注意なんてされずに、何とも思われることなんてない。ならば、反応しない方法を見つけて普通に生活していったほうが楽だという事を発見した。

 だから、今では反応しないように顔だけを注視する事で僕も彼女たちの裸を目にしても、すぐに視線を逸らすことで何とも思わなくなった。……男としては、どうかと思ってしまうけれど。

「実は相談したいことがあって」
「ん? なんだ?」

 僕が相談があるなんて話しかけると、ミリアリダは普通に話を聞いてくれる態勢を取ってくれた。

「僕も何か皆の役に立ちたくて、何か困っていることは無い?」
「困ってること? いきなり言われてもなぁ、思い浮かばないかなぁ」

 僕から相談というよりも相手の話を聞いて悩み事がないかどうか、ソレを聞いて僕が解決できないかどうかという、悪く言えば善意の売り込みのような事をしている僕だった。

 そこから何か役立てる僕だけの仕事を探し出そうと必死になる。話に付き合ってくれるミリアリダは、僕の質問に答えてくれようと悩んでいた。

「それじゃあ1つ、悩みを聞いてもらいたい」
「なに?」

 そう言ってひねり出してくれたミリアリダの悩み事。僕は喜んで、彼女の話を聞く。解決できると良いなと、思いながら。

「実は、私には仲が悪い友達が居てなぁ」
「うん」

「そいつと、仲直りするにはどうしたら良いと思う?」
「その仲の悪い友達って誰?」
「それは言えない」

 仲が悪いとは一体誰の事だろうかと、僕が問いかけても隠して教えてはくれないミリアリダ。

 うーん、多分僕の予想ではアディの事なんだろうと思う。いつも、2人が顔を合わせた時には喧嘩腰に突っかかっていくミリアリダに、冷たくあしらうアディ。この2人はあまり仲良くしている様子を見たことはない。

 けれども、確定ではない。それにミリアリダは誰なのかを隠しているので、わざわざ暴く事もするべきではないだろう。

 とにかく、ミリアリダは友達と仲直りをしたいと考えている。と言うことで悩んでいるらしい。けれども、僕は何年も監禁されて生活していた身。友達なんて遠い記憶の存在だった。だから、上手くアドバイスできるかどうか不安ではあったけれど、何とか考えて言葉を選ぶ。

「その仲の悪い友達とは、今でも会う?」
「まぁ、時々」

「その友達と、話はする?」
「それも、時々かな」

「どうして仲が悪いの?」
「うーん、向こうが悪いから?」

「向こうが悪い、ということはミリアリダは悪くないのに、仲は悪くなってしまった?」
「いや、えっと、そのー。……私も少し悪かったかも」

 僕から何度か友達に関して質問を繰り返してみて、ミリアリダの気持ちを探ってみる。すると、きまりが悪そうな顔で自分も悪かったかもしれない、と彼女は感じ取っているようだった。

「それじゃあ仲直りをしたいと思ってるんだったら、他の仲の良い友達と接するように、仲の悪い友達とも普段通りに接してみたらどうかな」
「えー、それはちょっと、こっ恥ずかしいって言うか、……そのなんだ」

 僕のアドバイスを聞いて恥ずかしそうにしているミリアリダ。でも、もうひと押しすれば改善してくれそうな感じだった。

「大丈夫だよ、ミリアリダ。普通に接して自分から声を掛けたら、相手も反応してくれるよ」
「そ、そうかなぁ」

 僕のアドバイスが絶対に正しいという訳では無い。それよりもむしろ、間違っていることの方が多い気がする。けれど、必死に考えてアドバイスをしてみた。それが伝わったのか、ミリアリダはお礼を言ってくれた。

「ありがとう、ノア、だったか? 今度試してみるよ」
「うん、頑張って」

 その後、僕たち2人は水浴び場で色々な事について話し込んだ。そして、色々とアドバイスしてみた結果、以前に比べると少し仲が良くなった僕とミリアリダ。

 けれどまだ、皆に役立つような方法を見つけることは出来なかったが。