第24話 役立たず?

「頭がズキズキする」
「ご、ごめん……。ノア」

 目が覚めた時、とても狼狽えた様子のアディが僕の顔を覗き込んでいた。一瞬、何事かと記憶が曖昧になっていて僕は慌てたが、頭の痛みを感じて直前の出来事を思い出した。

 そうか、アディの攻撃を受けきれなくて頭に一撃食らってしまった。その辺りの記憶が曖昧だが、防御しきれないと僕が気が付いた瞬間には意識も無くなっているみたいだ。

「そうか、僕は負けちゃったのか」
「いいや、凄く強くなってたよ! 最後は、失敗したけれど。でも全然すごかった」

 慰めるようにそう言ってくれるアディ、でも結局は最後の一撃を食らって気絶してしまったのは事実だとろうと口には出さないけれど、僕はそう思っていた。

 これでは、彼女たちに戦闘力を示して役立つ人材だとは主張できずに、ただ足手まといだと思われるだけだろう。

 けれども、一ヶ月程度の期間をひとりきりで修行した成果と考えれば上出来なのかもしれない。勇者というスキルの効果もあって、アディの攻撃を何度も防御出来たのは大きいと思う。

 そんなネガティブな思いと、ポジティブな考えが頭に浮かぶ。

「本当にごめんなさい、ノア。一応治療はしたけれど、傷は痛む? お腹は空いてない? 何か食べる?」
「えーっと、うん。大丈夫、ありがとう」

 本気で謝って、そして甲斐甲斐しく世話をしてくれようとするアディ。彼女は僕が想像以上に出来るようになっていて、攻撃をしても一撃も喰らわず防御を続けるので、最後の方は手加減を忘れて楽しむように戦いを楽しんでいた。

 そんな時に、最後の最後で僕がしくじってしまい攻撃が当たってしまったのだという。熱中していたアディは、寸止めをする暇も無く最後は振り切ってしまった。

 けれども最後のアレは、僕が気を抜いてしまったことで招いた結果なのだと考えていた。だから、アディのせいではない。大丈夫だと、返事をして今にも泣きそうなほどに申し訳なく思っている様子の彼女を落ち着かせる。

 ひとまず僕は、一旦アディに落ち着いてもらう為に話題を変えようと、この場所を離れたほうがいいだろうと彼女に提案する。

「とりあえず、今日はもう家に帰ろう」
「そうね、帰ろうか」

 気がつけば、辺りはだいぶ暗くなってきている。どれぐらいの間、僕は気絶していたのか分からないけれど、かなりの時間が経過していたのだろう。

 アディが僕のお腹の具合を確認してきた事から、彼女もだいぶ腹ペコ状態なのだろうと予想する。急いで家に帰って、僕たちは食事を取る必要があった。

 僕とアディは2人並んで家路についた。ションボリしているアディを慰めつつ、あれは僕の不注意が招いたことでアディのせいでは無かったと僕は何度でも訴える。

 もちろん、急に戦いを挑まれ事にはびっくりしていたし、力の強いアディが手加減を忘れて熱中した事は危なくてダメだったけれど。

 そんな帰りの道中で、落ち込むアディに声を掛けている最中で僕は気が付く。いつの間にやら新しい能力が発現している、という事に。ふと気が付いた時には、もう既に事が起こった後だった。

 ”アイテムボックス”という名前のスキルが、僕の中に新しいスキルとして存在している事。どうやら、この能力は名前の通りアイテムをしまって置けるボックスを持てるらしい。そのアイテムボックスの中に持ち物などをしまって置けば、いつでも取り出せるスグレモノでもあるらしい。

 そう言えば、このスキルは商人にとっては必須だと言われているのを聞いた覚えがあるが、なぜ僕は取得したのだろうか。そして、このスキルはいつ取得したのだろうか。

 思い当たる事と言えば、アディの攻撃を受けて気絶した時。その瞬間に、新しいスキルが出現したのではないかと、僕は予想する。

 今までのスキルが発現した瞬間を回想すると、1つ目の魔物寄せというスキルは生まれた時から持っていた。そして2つ目の勇者というスキルを手に入れた時は、僕が死の間際に居た時だった。そして、3つ目にはよく分からない大食いというスキルを手に入れた。その時は死にかけだった僕に追い打ちをかけるよう、アディの手によって食料を口に詰め込まれた時だった。

 そして4つ目のアイテムボックスを手に入れることができたのは、アディの攻撃を受けて気絶した瞬間と言えるだろう。

 僕が新しい能力を発現させる瞬間は、もしかしたら生死に関する出来事か、もしくは僕が死にかけるような目にあった時という気がする。あるいは、気のせいかもしれないけれど。

 ただ、その僕の頭に思い浮かんだ考えが当たっているのかどうか確かめるために、わざわざ死にかけるような、そんな事をする気にはならない。間違っていたら苦しむだけだから、今の所は考えを保留にしておく。

 とりあえず、今回の事で戦闘力ではアディ達に役立つ人材であることは示するは出来ない事が分かった。

 もしかしたら、もうしばらく長いこと掛けて修行を続けたとしてたらアディに役立つ人材だと認められる程度の力を手に入れることは可能かもしれないが、道程は長いだろう。

 戦闘力で役立つ人材を示すことは難しいと判断した僕は、一旦この戦闘力を示すという方法は諦める。

 そして、ちょうど良かったと言うべきか、アイテムボックスという新しいスキルを発現した事によってコレを役立てないだろうかと、新しく発現した力が皆の役に立てる方法が無いかどうか、別のアプローチで探してみることにした。