第23話 役立ちたい

 僕の持つ魔物寄せのスキルはアマゾネスである彼女たちから評価されて、そのおかげでアマゾン国では快適な生活を送ることが出来ていた。

 けれども僕は、あまりに快適すぎる今の環境に落ち着かない気持ちになっていた。魔物寄せというスキルが役立っていると言われても、家で待っているだけの僕には実感が薄くて段々と、いつこの状況が終わってしまうのか、と考え込んで恐怖を感じてしまうぐらいだった。

 もしも、魔物寄せのスキルが効果を失ってしまったら。もしかしたら彼女たちが心変わりして、今まで有難られていたこのスキルも、いつかは厄介だと思われてしまう時期が来るかもしれない。

 そう考えると、別の方法で自分が役立つ人材だと示さないといけないと僕は思うようになっていた。

「アディ、相談があるんだ」
「うん? どうした?」

 アディと2人で夕食をとっている最中、僕は彼女に直接尋ねてみることにした。自分に何か出来ることはないか、という事を。

「何か、僕に出来るような仕事をくれないか」
「ノアはそのままで良いよ。家でゆっくりとしてな」

 相談して聞いてみれば、彼女の答えはそんなものだった。今でも魔物寄せのスキルが十分に皆の役に立っているから、何もしなくて大丈夫だと諭されてしまう。だが僕は、何か役に立ちたかった。役に立っているという実感が無いと、危機感すらあった。

 ただ居るだけで発動するなんてスキルだけでは無く、自分の手で何か手伝える仕事がないだろうか考える。

 この国で評価される方法と言えば、やはり戦闘力。そして僕は思い出した。勇者というスキルを、あの死にかけていた時に得ていたという事を。

 旅の間に落ち着いて考える時間がなかったから、今まで忘れていた。けれど、確かに勇者なんて言うスキルを僕は取得していたはず。

 なにか戦闘に関するスキルじゃないだろうかと思い、アディが外へと出かけている間の1人になった時に時に調べてみる事にした。

 そして、自分ひとりで出来るところまでやってみる。そうしてから、アディにもう一度相談してみようと僕は考えていた。

 まずは、家の中に置かれてホコリを被っていた剣を借りてきて、振ってみる。今までに剣を握ったり、手に持ったことはあるけれど振ってみることは、経験に無かったように思う。

 旅の間に目にした、アディが大剣を振るっていたように。ジョゼットやドリィ、その他の皆が戦っていた場面を思い返して、自分なりのイメージで実践してみる。

 ブォンと、振った剣が風をきる音が聞こえた。なかなか、自分でも思った以上に上手に剣を振れている気がする。

「これは、意外といけるんじゃないだろうか?」

 素人である僕でもそうだと思えるぐらいに、剣がイメージした通りに振れていた。縦に横にと、縦横無尽に剣を振ってみる。

 剣を振り続けみると、なかなか辛くなってくる。最初は楽勝だと考えていたけれど、段々と疲れていくごとに剣が重くなっているように感じる。

 アディが森へ魔物と戦いに外に行っている間、彼女が帰ってくるまで疲れが溜まって動けなるぐらいに僕は剣を振り続けて、剣に慣れたり、身体を鍛えたりした。

 どんどんと剣を振り続けて、目標ではアディやジョゼット、他の旅を一緒にした彼女たちに混じって戦闘が出来るぐらいまでに自分を鍛えるつもりだった。


***


 一ヶ月も続けていると剣を振るのにも自然と自信がついてきて、なかなか良い感じだと自己を評価をする。勇者というスキルのおかげなのか、成長スピードが異常で一ヶ月程度でもかなりの成長を遂げていると、自分ではそう感じていた。比較対象がないので、正確かどうかは分からないが。

 だから、アディに遂に相談するべき時が来たのだと思った僕は、修行の成果を打ち明けることに。

「アディ。君が外へ行っている間に、僕はちょっと鍛えてみたんだ。見てくれないか?」
「ん? そう言えば、最近身体が良い感じに変わってきてたな。鍛えてたのか」

 アディにそう言ってみると、僕は身体をがっしり触られる。修業によって鍛えられた体つきを触って確かめられた。と言うか、僕の身体の変化に彼女は気づいているようだった。

「なるほどな。分かった、見てみよう」

 アディはそう言って、僕を外へと連れ出した。早速、修行の成果を見てもらえるらしい。僕はウキウキとした気分で、アディの後を付いて行った。

「使う武器は、剣か?」
「うん、家にあるのを貸してもらって振っていたんだ」
「そうか、ではチカラを見せてみろ」
「こう?」

 最初からアディを驚かせるつもりで、思いっきり剣を振ってみる。上段の構えから、一気に下段へ振り下ろす。なかなかの剣速だろう。

「おおっ!」

 アディの反応は良く、僕の狙った通りに驚いてくれた。彼女に評価されたことは、この一ヶ月の頑張りが報われたと思えるような瞬間だった。

「なかなか良いじゃないか。それじゃあ戦ってみよう」
「え!?」

 そう言って、武器を持つアディ。刃物の刃が欠けてボロボロになっている、切れない大剣。

 まさか、こんなにすぐ対人戦をすることになるとは思っていなかったので、僕は驚く。というかアディは、本気で戦うつもりなのか。

「さぁ、構えな」
「う、え。ちょっと」
「待ったなし。さあ、いくぞ」

 そのまま、突っ込んでくるアディに向かって僕は防御するために剣を構える。そのまま突っ立ったままだと、本当に危ないと感じたから。そして、その予想通りにアディは容赦なく大剣を振り切った。

「うっ!」

 鉄と鉄がぶつかり合う音が響く。僕は何とか目の前で剣を構えて、彼女の攻撃を受け止めることが出来た。

「よし、ちゃんと守ったな。次はどうだ?」

 試すようにだが、容赦なく続けて大剣を振るうアディ。大剣が振るわれるスピードは遅く見切ることは出来るが、パワーがとんでもない彼女の攻撃に、対応するのがやっとの僕は防戦一方。

 僕がただ防御を続けている、それだけでもアディの御眼鏡にかなったようで、彼女は嬉しそうな笑顔を浮かべて大剣を振るっていた。

「それじゃあ、最後にコレはどうだ?」
「やっと最後ッ……」

 どれぐらいの時間が経ったのか分からないぐらいの一時、僕はアディからの攻撃を捌いて自分を守り続けられていた。そして、最後という言葉を耳にした瞬間に、ようやく終わりかと安堵する。ソレがダメだった。

「あっ、ヤバ」
「ぎゅ」

 アディの声が聞こえた瞬間、腕と頭に大きな衝撃があった。

 痛みを感じる間もなく、気が付いたら目の前が真っ暗になっていた。僕は、アディから繰り出された最後の攻撃を受けきれず頭に当たって、気絶したのだった。