第21話 新生活

 連れて来られたアディの家。アマゾン国の街にある、普通の木造住宅だった。そこで、今日から一緒に住むんだとアディから告げられる。

「ほら、ココからの眺めが良いんだ。見てみろ」
「確かに、これは凄く見晴らしが良いですね」

 アディの家は高台に建っていたので、窓から見える景色は街が一望できるような立地だった。そして外に広がって見える景色は、彼女の言う通り確かに良い眺めだった。

 アマゾン国は緑豊かな自然に囲まれた、森のなかにある街。遠くの方には、木々に囲まれている中にポツンと広がっている湖が見える。その湖に反射する太陽のキラキラとした光が、目に眩しい。

 その後も、アディの案内で家の中を見せてもらう。そして気が付く。もともとアディの住んでいたココは、一人暮らし用の家なのだろう。当然のように、寝室にはベッドがひとつしか無い。

 一緒に生活すると言われて、新しくやって来た僕はどうするべきか。奴隷は奴隷らしく、部屋の隅でも借りて床にでも寝るべきかと思っていたら、アディは関係無いとベッドに引きずり込まれる。

「今夜は、ココで寝るぞ。そしてずっと、一緒だ」
「えっと、はい。よろしくお願います」

 どうやら旅の間もそうしてきたように、家に帰ってきからも彼女は僕を抱きしめて眠るのが毎日の決まりとなるようだった。男女が軽々しく同衾するべきでないと教育を受けてきた筈の僕は、けれどもう今更なにも言えずアディの言う通り従うだけだった。


***


 この家での生活は、以前に比べたら本当に快適そのものだった。以前の監禁生活と比べたら、自由なだけで何処だって快適であると言えるのだろうが。

 とにかく、今の生活は幸せであると間違いなく断言できる。

 毎日3食もアディは僕の分の食事を用意してくれて、食うに困らない。食事の量は普通ならば多くて食べきるのが大変だと思うような量を用意してくれるのだが、幸いと言うべきか僕は”大食い”というスキルを身に着けていたおかげで、食べきるのには苦労しなかった。それになにより、何も食べられないと言うよりかは何倍もマシだった。

 そして、彼女は着替えも用意してくれた。ただ、この街には男性用の服は置いてないらしくて、僕と身長の近い人から譲り受けた、誰か女性が履いていたらしい使用済みであるお下がりの服。

 しかも、普段から露出度の高い彼女たちの身につけているような、僕から見れば下着に近い際どい服装だ。

 男のくせにと思われるかもしれないが、肌を晒すのは恥ずかしい。長い間の監禁生活で弱ってガリガリとなっている身体を見せるのは、顔から火が出るような気持ちになってしまう。

 幸い、最近は毎日アディが用意してくれている食事を美味しくいただいて、体重も徐々に増えてきている。みすぼらしい身体も、徐々に肉付きが良くなってきているとは思うが。

 それでも、ガリガリだ。しかも、彼女たちの鍛えられた筋肉のついた身体を見せられ、それと比べたら男の僕は何の自信も無くなってしまう。

 時々アディに連れて行かれる、身体を洗うための施設である水浴び場。僕以外には男の居ないらしいこの街で、男性に配慮する必要もなく女性たちは裸で利用している場所。そこに、唯一男である僕は混ぜてもらって利用している。

 周りから集まる女性たちの視線に、気付かないようにしながら急いで身体の汚れを水で流して落としていく。

 そして、恥ずかしいのはアディが子供に接するように僕の身体をあちこちを洗ってくれる手伝いをしてくる事。ありがたいけれど、こんな子供のような扱いに、やはり恥ずかしくなる。

 衣食住と、至れり尽くせりで生活を用意してくれるアディ。色々と恥ずかしい思いはしつつも、こんな風にして生活するのには困らない幸せな日々を送ることが出来ていた。

 だがしかし、アディという女性と共同生活することになって、困っている事がもう一つあった。それは。

 夜になって僕はベッドで眠っている頃。アディが僕から身体を離して、ベッドから抜け出すと部屋から出て行くのに気が付いて、何事だろうと僕は目を覚ました。

 しばらくして戻ってきたアディは、何かを手に持ってベッドに戻ってくる。トイレにでも行っていたのだろうかかと思っていたら、すぐそば近くから聞こえてきた彼女の声。

「んっ……」

 僕が寝静まった頃を見計らってか、アディは密かに自慰行為を始めていた。最初は小さい声で、押し殺すような声だったが次第に彼女は気分が乗ってきたのか。

「ハァ、んはぁ」

 と息遣いを荒くしている。そして最後には、ベッドも激しく揺れ動く程に激しい運動。そんな彼女の発する、声と振動を僕は身体で感じながら黙って過ごす。

「あぁー、っふー、気持ちいい」

 とうとう抑えようとしない声を上げて、彼女は快楽に浸っていた。女性の嬌声をこんなに間近で聞くことなんて初めてで、びっくりして僕は身体を硬くして彼女が終えるまでじっと動かないまま。その日は何とか、寝たフリをして過ごした。
 
 しかし、そんな行為をしているという事に気づいてからは、アディが連日のように夜になると事を始める頃に、僕は目をさますようになってしまった。

 彼女は僕が寝ているのを確認してからソレを始めるので、一応行為は隠そうとしているのだろう。

 だから、僕も気付かないように寝たフリを続ける。けれど、こう何度も見てしまうと正直に言ったほうが良いのか、何も言わないほうが良いのか。しばらく悶々と過ごす日々だった。