第20話 旅の終わり

 ジョゼットが女王と呼んていた、見上げるぐらいに大きな背をした女性。彼女の姿をもう一度よく見てみると、見た目はそれほど年を重ねた感じではなく若そうに見えた。だいたい二十歳半ばぐらいだろうか。

 だがしかし、実は服装に金や宝石など様々な派手目の装飾が施されていてるのが分かる。その名の通り、このアマゾンの国で一番偉い人なのだろうと見ただけで分かるような格好。

 そして何よりも、アディ達が緊張しているのか背筋をピンと伸ばして直立している。旅の間に見ていた、普段はずっと緊張感の無かったセレストまでもが今までに見たことのないキッチリとした態度を取っている事に驚く。

「ジョゼット、予定よりも早い帰りだが何かあったのか?」
「いいえ、ニト王。問題はありませんが、収穫は有りました」

 彼女は低く威厳のある声。ニト王と呼ばれた彼女に問いかけられたジョゼットは、緊張したような声で答えている。

「収穫とは?」
「はい、コレです」

 そう言ってジョゼットが指し示したのは、後ろに立っていた僕だった。急に話を振られてドキッとしたが、とりあえず黙って立っておく。どうやら、かなり偉い人であり勝手に話しかけては無礼に当たる可能性もあったから。

「なんだ、男じゃないか。どこで拾ってきたんだ?」

 怪しがるようなニト王の鋭い視線が、僕の方へと向けられる。その時、アディが僕の身体を後ろから覆い隠すように抱きついてきた。

「実は彼は、私達にとって夢のような凄く便利なスキルの持ち主なのです」
「なに?」

 ジョゼットがニト王に対して僕の持つ魔物寄せというスキルについて、詳しく説明していた。そして、実際にリスドラの森では森の主と呼ばれていた大型魔物まで彼と居る時に遭遇することができて、そのスキルの力は実証済みだと語る。

 ジョゼットの話を聞いていたニト王はとても興味津々になって、説明を聞いている間に怪しむ表情から段々と笑顔を浮かべるようになっていった。

「居るだけで魔物が寄ってくるなんて、そんなスキルがあるのか。ソレは確かに私達にピッタリの能力だな! 良し、特別にそいつをココに置いておく許可をやろう」
「ありがとうございます!」

 アディが一番に、ニト王の下した判断に対して感謝を述べる。どうやら、男という厄介者としてではなく、役立つ存在として彼女に認められたらしい。そうじゃなからったら、ココから追い出されそうな雰囲気だった。

 そして僕はどうやら、アディと一緒にココに居ていいんだと認められたらしい。ふんわりと頭を下げて、ニト王に対して感謝の意を示す。まだ、話しかけても大丈夫かどうか分からず余計なことはしない方が良いと判断して、僕は黙ったまま。

「遠征の成果については了解した。ソレの存在も、とりあえずは様子見で置いておくことは許可する。それじゃあ解散して良し」

 いきなり現れて、確認したかったことだげを確認すると、そのまま颯爽と去っていったニト王の背中を僕は見送る。

「良かったわね、アディ。ちゃんと、その子の世話は見なさいね」
「ありがとう、ジョゼット」

 ニト王が去って、緊張が解けたらしいジョゼットとアディが会話を交わす。そして、他の皆もニト王が居なくなって思い思いに気を緩めた。

「それじゃあ、私達は言われた通りココで解散ね。私は今回の遠征について、記録をまとめに行くわ。セレストも一緒に来て」
「えー、私は疲れました。今日は休みましょう」
「嫌なことは早めに片付けておきましょう、文句を行ってないで来なさい」

 子供のように不満を言うセレストの腕を、容赦なく引っ張って行くジョゼット。

 身長的に言えば背の低いジョゼットの方が引っ張られて行って、背の高いセレストが連れて行く方が見た目的には自然だと思えるが、実際は役割が逆転している。

 背の低いジョゼットが手を引いて、身長が高いセレストが連れて行かれるという見た目的には奇妙な感じで、2人はどこかへ去っていった。

「ジョゼットが行っちゃったから、私も帰ろ」
「せっかくだから、帰ってこれた記念に酒でも飲みに行かないか」
「良いね、付き合うよ」

 ドリィとニアミッラの二人は、酒を飲みに行くらしく2人で一緒になり消えていった。この森の中にある街にも、やっぱり酒場等のお店はあるのだろう。そして、相変わらずニアミッラは酒に夢中のようだ。

「アディ。アンタとの旅は大変だったけど、まぁ楽しかったわ。また一緒に遠征しましょ。ばいばい」

 早口でそれだけをアディに伝えると、返事も聞かずにスゴイ速さで何処かへと走り去って行ったミリアリダ。

 そして、その場に残されたのは僕とアディの二人だけ。

「皆、どっかへ行っちゃったから私も家に帰ろう。ノアは、今日から私と一緒に生活だから」
「えっと、うん。よろしくお願いします」

 こうして、森のなかで死にかけた所をアディに助けてもらった僕。その後も、半ば強引に、しかし行く所も無かった僕は彼女と旅を一緒にすること。

 そして今は、遠く離れたアマゾン国という場所にたどり着いた。そこで何故か、アディと一緒の家で生活する事となった。