第18話 帰国道中

 巨大な魔物との戦いを終えてもアディ達はなんてこと無い出来事だったと平常心のようで、あんな巨大な魔物を数人で犠牲者もなく倒せたという興奮すら無く、巨大な魔物を相手にして戦っていたというような恐怖を感じている様子も無かった。そして、変わらず皆で森を突き進んで行くだけだった。

 彼女たちが全員そうであったので、僕だけが間違って反応しているような感じですらあった。いやいや、巨大な魔物を無傷で倒せるなんて凄いと思っていたし、近くで戦いを見ていただけの僕ですら恐怖を感じていたのに。

 ジョゼット達はどうやらリスドラの森でやりたい事はやり尽くした、多数の魔物とは戦えたし、巨大で強力な森の主と思われる魔物とも戦って勝つことが出来た。ということで、道に詳しいというセレストの示す最短距離で森を出らるという進行ルートを歩いて行く。

「お、出口が見えたぞ」

 戦闘を歩いているジョゼットの言葉と、指差す方向を見て森から抜けられたことを知る。本当に、セレストの知識が正しく最短距離を進んでこれたらしく、アッサリと感じるくらいで森からは抜けることが出来た。

 そして、森を出た先にあった道を次は辿って歩いて行くという。その道を辿っていくと、街があるらしいと、セレストが教えてくれた。

「今日は、その街で一晩休みだな」

 ジョゼットのその言葉を聞いてようやく休めるかと、彼女たちの後ろをついていくだけで精一杯だった僕は街に早く到着できないかと期待して歩くスピードを早めた。

 リスドラの森を抜けてから、最初に到着した街。ここも、森を抜ける前にあったあの反乱を起こしていた街と比べて同じような雰囲気になっていた。つまりは、市民に元気がなくどんよりとした暗い空気、将来に希望がないというような落ち込んだ感じがある街だった。

「早く宿を決めて休みましょう」
 テンションが終始低いままであるセレストが要求するのは、早く休める場所を探し出すこと。

「酒場にいこう、酒を飲みたい」
 コチラは終始酒を飲みたい様子を見せているニアミッラ。彼女は、すぐに酒場へと直行して酒を飲みたいという。

「先に宿を探してから、酒場に行く。これは決定だ」

 セレストとニアミッラの対立に、判決を下したのはジョゼット。早速皆で宿を探しに街の中心部へと向かう。すると、すぐに発見できて宿も簡単に部屋を取ることが出来た。しかし……。

「あの、僕の部屋も一緒で大丈夫なんですか?」
「ん? 問題ないだろう?」

 僕の問いかけにジョゼットは何か問題有るのか? という表情を浮かべている。やはり男としては見られていないらしく、僕も彼女たちと同じ大部屋で一晩泊まることに。

 まぁ、僕が男だからといって一部屋を余分に取ってもらうのも出費になってしまうし彼女たちが気にしていないのならば良いのだが。そして、その日の夜は何事も無く就寝した。

 こうして街で補給して、また次の街を目指して街道を進んでいく。時折、魔物と遭遇してアディ達が戦い勝つ。その繰り返しで、ドンドンと目的地へと向かい進んでいく。

 何日か歩き続けて、ようやく国境に一番近い街へと到着する。すると、その街はより一層どんよりとした落ち込んだ雰囲気で居るだけで気が滅入るような立ち入りたくない、と感じる街。

「ここは相変わらずだね」
「すぐ、出国手続きをしして国を出ましょう」

 ジョゼットは、街を見回した感想を述べる。どうやら、コレがこの街の標準らしい。そして、セレストがすぐに国を出て先に進みたいと希望を言う。アディ達もすぐに街を出て国を出るという事に賛成のようで、皆の意見が一致したということで街に到着して早速だけれど出国の手続きができるという門へと向かう。

「この国は最近ずっと、どこも物騒で危なくなっているから、国を出るのも正解かもな」
 街の雰囲気に大きく影響されたような兵士が、出国の手続きをしているアディ達を羨ましそうに眺めていた。

「あんたらも国を出たらいいじゃない」
「そうしたいが、俺たち兵士は無理だぜ」

 ジョゼットが望む通りにすればいいのにとアドバイスするが、兵士たちは即座に無理だと判断して諦めていた。そんな悲壮感漂う兵士たちの会話を聞きながら、出国の手続きを終える。

 そしてようやく手続きが終わると門を通されて、ついに国境を超えて王国から出ることとなった。