第17話 森の主

 それを目にした瞬間、空を全部覆っているのかと思うぐらいに巨大な何かを見て呆然とする。

 亀のような甲羅を背に持ち、キリンのように長い首がウネッている。そして頭にあるギョロッと大きい目玉が僕たちを捉えたのか、コチラに視線を向けて近づいてきている。

 男のくせに女性であるアディの腕に抱かれて守られている、という事が恥ずかしいと思うのを忘れるぐらいに、巨体からのプレッシャーを感じた。

 しかし女性陣は、僕のような恐怖を感じることは無いみたいだった。むしろ嬉しそうにおおッ! と声を上げて、その巨大な魔物を眺めていた。

「いいね! すごい大きい、歯ごたえがありそうな奴だな」

 ジョゼットは魔物を見上げながら、そんな感想を声に出す。そして、何処からかグローブを取り出すと拳にはめた。

 今までは素手の拳で魔物を殴り倒していたのに、グローブを装着した。全体が白色の甲に金のエンブレムが付いた仰々しい装備で、彼女は本気になったのだろう、という事が分かった。

「あれは、この森の主ってやつかな」
 大斧を肩に担いで手を顔の前にかざし魔物を観察していたミリアリダが、そう呟いた。

 そういえば、この森には強力な魔物が住んでいるというのを街の人が言っていた事を思い出す。そしてどうやら、あの巨大な魔物が”強力な魔物”であるらしい。

 徐々に魔物は移動し近づいてきて、バキバキと木々が割れるように折れている音が森に響き渡る。そして、一定の間隔でドシンドシンと地響きが起こっているのも聞こえる。どうやら歩いて来るようだ

 存在しているだけで巨体から生み出される、とんでもないパワー。僕なんか近づかれたら、踏みつけられて一瞬で死んでしまうだろう。

 それなのに、彼女たちは躊躇いもなく魔物に突っ込んでいく。

「ウラァアアアアアアッ!!」
「オゥラァ!」
「死ねぇ!!」

 突っ込んでいったドリィとニアミッラが気合を入れる為なのか、叫び声を上げて魔物に斬りかかる。そしてジョゼットは魔物に向かって暴言を吐く、ついでのように殴る。女性が出したとは思えない奇声と、荒々しい言葉。

 先程の魔物とは違って、一撃では倒れない。けれども、ダメージは与えているのか魔物は攻撃を加えられると唸り声をあげて苦しんでいる様子だった。

「よし、私も行こうかなっと!」
「後ろから、皆の援護をするわ」

 ミリアリダが大斧を振り回して魔物に突っ込み、セレストが遠距離から弓矢を打って魔物に攻撃を加えていく。ドンドンと戦闘に参加していく女性たち。

 誰も巨大な魔物に圧倒されている様子はなく、戦闘を楽しんでいた。

 魔物が前足と思われるソレを、ブンと振り回して踏みつけたりしようとしているが、ジョゼット達は攻撃を軽やかに避けて距離も取らずに、再び接近して攻撃を加えていく。

 すると、次第に魔物の体に血が吹き出る傷が増えていき、咆哮も最初に比べて声も小さく弱ってきているのが観戦している僕にも分かった。

「一気に仕留めるぞ」
「おう」「了解」「いくぞー!」

 ジョゼットの掛け声で、ドリィ達の動きがより一層スピーディになる。その動きに魔物は為す術がないようで、立ち止まって耐えるしか無いようだった。

 数分の出来事だったのか、もしくは1時間以上も経っているような感覚。ついに、巨体が大きく仰け反って地面へと倒れ込むと最後の一鳴きというように、魔物が声を上げた後は、もう音は聞こえなくなった。

「素材の回収~♪」

 アディと僕の側で遠距離からの攻撃を続けていたセレストは、倒れた魔物を目にすると御機嫌になって走り寄っていった。

「ふぅ、満足満足」
「楽しかった」
「お酒が飲みたい」

 一仕事を終えたという風に戻ってきたジョゼットは、言葉通りに満足しているようだった。あんな大きな魔物を直前まで相手にして倒したとは思えない、余興を楽しんだだけ、ぐらいのテンションで平気そうだった。ミリアリダもニラミッラも。

「皆さん、大丈夫なんですか?」
「え? あれぐらい平気よ」

 僕は信じられない気持ちで問いかけると、ドリィは逆に何を騒いでいるのかと疑問に思っているというような顔で僕を見返してくる。

 確かに、ジョゼット達の実力を目の当たりにすれば本当に平気なのだろうと思うけれど、普通の人間から見れば到底太刀打ちするのは不可能な巨大な魔物のように見えた。改めて、彼女たちの常識離れした戦闘力を目の当たりにした、という気持ちだった。

「けど、本当にコレのおかげで魔物を惹きつけられたね」

 戦闘後に僕へと近づいてきたミリアリダが、汗を流したという匂いを漂わせながら僕の顔をこねくり回すように触る。

「勝手に触らないで。あたしのモノなんだから」
「いいじゃん、ちょっとぐらい!」

 アディが僕を腕の中に抱いていて、ちょっかいを出してきたミリアリダの手が僕に届かないようにと体を反転させる。

「ほら、二人共ケンカはしない」

 ジョゼットが、アディとミリアリダ二人の喧嘩を注意する。そして、僕に視線を向けてきた。

「まぁ、とりあえず。その子の魔物寄せってスキルの実証は出来たから、後は私達の国に帰りましょう」