第16話 圧倒的

 再び森のなかに戻ってきた俺たち。聖女様達との代わりにと言っていいのか、アディの仲間である5人の美女達が加わって、森に戻ってくることになった。

 今の彼女たちの向かおうとしている目的地は、森を抜けた先。そこに王国の国境が有り、更に真っすぐ進んでいった先にあるのが、彼女たちが住んでいた国だという。

 そして森の中を進んでいる道中、僕の持つ魔物寄せというスキルも絶賛効果を発揮中らしくて、ドンドンと魔物が集まってきている。

 だけれど、集まってきた魔物を見て楽しそうに笑って迎えているのが彼女達だった。

「こりゃ凄い!」

 ジョゼットは喜び目を輝かせて、集まってきた魔物の群れを目の前にして嬉しそうな声を上げた。

「お先に」

 ドリィはそれだけ言い残して真っ先に、魔物の群れに向かって一直線に突撃して行った。仲間たちの中で一番の長身である彼女は、その巨体に見合わぬスピードで突っ込んでいき、そのスピードの勢いを生かしたまま、魔物に向かって躊躇いもなくロングソードを突き刺す。

 ドリィの進む道の先で立ちふさがっていた魔物が吹き飛んでいく。まるで、ダイナマイトが爆発したみたいにブワッと膨らむようにして方方に散るように。

「あ、ずるいぜドリィ! 私も行こうっと」

 元気いっぱいにミリアリダが、上半身を隠すぐらいに大きな斧を肩に担いで歩きながらドリィの後に付いて、余裕綽々と魔物に近づいていく。

 彼女の持つ斧は見た目の通り、とんでもない重量なのだろう。担ぎ上げた瞬間に彼女の露出した背筋が隆起したのが僕にもはっきりと目に見えた。とても、先程まで胸を露出していた女性とは思えない凛々しさを感じた。

 しかも、ブンブンと斧を振り回すミリアリダ。竜巻が起きたような風の音が、離れている僕の耳にも聞こえてくる。

「ニア、これ守ってて」
「分かった任せて、アディ」

 アディがニアミッラに僕を差し出して、守るようにお願いしてくれている。先程まで酒を浴びるように飲んでいた筈のニアミッラは、しかし酒の匂いは漂わせつつ酔った様子も無く、意識もしっかりと受け答えしていて頼りになる答えをアディに返していた。

「大丈夫だから、じっとしてて」
「はい、えっと、お願いします」

 アディに代わって、ニアミッラに抱きしめられるような形で守られながら耳元で囁かれる。アディに抱かれている時とはまた別の安心感があって、魔物の群れを前にして何故か心が落ち着いていられる自分。

「ふぅ、疲れた」

 セレストは呟きながら、気怠げに戦闘を眺めている。彼女は、他の皆とは違って戦闘に積極的ではないのか。

 アディの言葉によれば、彼女は物知りで頭も良いらしいから頭脳担当なのかもしれない。もしくは先程まで眠っていたから今も本調子では無い、とかいう理由かも。

「ドリィ、ミリア! 逃げ出している魔物はしっかりと止めを刺して。アディ、そっちの魔物をお願い。ニア、その子が怪我しないように注意して。セレスト、休んでないでちょっとは参加しな」

 ジョゼットが拳を武器にして魔物に殴り掛かるという、すごく原始的な戦闘をしながら各々に指示を出していく。彼女達の集まりの中でリーダー的存在なのは、やはりジョゼットなのだろう。

 アディ1人の時でも敵無しだったのに、彼女たちが集まれば魔物が可愛そうだと思えるぐらい圧倒的に、次々と魔物が駆逐されていく。そしてものの数分で、魔物の死体の山が築かれて、魔物の姿も見えなくなった。

「凄い、本当に魔物寄せのスキルで集まってきたみたいだね」
「アディ、いい拾い物をしたねッ!」
「ホントホント、この子は是非私達の国に持って帰ろう」

 前線で戦っていた、ジョゼットにドリィ、そしてミリアリダが戦闘を終えて戻って来ながら僕のスキルについて絶賛している。

「これはあたしのだからね。それは忘れないように」

 アディが「ありがとう」とニアミッラにお礼を言いながら、僕の体を受け取ると。離さないようにと僕を強く抱きしめながら皆に見せつけるように宣言する。これは自分のモノだということを。

「いや、取りはしないよ。それよりも、森のなかにこんなに魔物が潜んでいたとは」
「私も昨日、いっぱい倒したけどホントに増えたみたい」

 ジョゼットが呆れながら答えて、それから周りの魔物の死体に目を向けて想定していた以上だと感想を述べる。アディも同意見なのだろう、ちょっと前の出来事について言いながらも満足そうだった。

 すると、その時になって体が震えているような感覚に気が付く。いや、これは地面が揺れているのか?

 次第に木々がざわめく音が大きくなっていく。風に吹かれて出ている音じゃない、別の原因によって起こっている音だと分かる。そして時間が過ぎると共に、ドンドンと大きく聞こえるようになってくる。

「なんだ?」
「何か近づいてくる」

 ドリィが異変に気がついて辺りを見回していると、アディは何かに気がついたのか、ある方向に目を向けて視線を固定した。

「アディ、あっちか?」
「うん。デカイよ」

 ジョゼットの問いかけに、アディは頷いて肯定する。次にドシン、ドシンと大きな足音が聞こえてきた。

「うわっ、デケェ!」

 ミリアリダが、何かを見て叫ぶ。僕も同じ方向へ視線を向けると森の奥、木の上に大きな顔が現れた。どうやら今までとは一味違う、巨大な魔物が森の奥から現れたようだった。