第15話 街を出る準備

 酒場を出たら、すぐに街の外にまで出ていくかと思ったらジョゼットは誰かに会いに行くらしい。その辺りに歩いていた市民を1人呼び止めて、誰かの居場所を尋ねた。

「ヘルムは今、何処に居る?」
「はい。えっと、ヘルムさんなら中央の元貴族屋敷に居られると思います」

 ジョゼットはヘルムという名の人物が何処に居るのか居場所を聞くと、その聞いた場所へと直行する。その後を付いて歩くアディ達。

 僕は再び、アディに体を拘束されて荷物を運ぶような感じで胸の前に抱えられながら、街の中を行く。行く先々で見られているという視線を感じて、恥ずかしいとアディに言うが離してくれそうには無い。

 ただ、僕も誰かの人肌という感触を感じられることが自分で思っている以上に安心しているらしい。恥ずかしいと思いつつも、自分から無理矢理には離れようとはしないから。だから、黙ってアディの腕に抱えられている。

 先頭を歩く背の低いジョゼット。その後ろには、背の高い女性たち。

 ドリィにセレスト、ミリアリダ、ニラミッラ、そしてアディ。6人もいる女性の全員が眼を見張るような超絶美人の集団。

 だがしかし、近寄りがたい雰囲気があるだろう。何故なら、その女性たちの男性も軽く上回る長身、鍛えられた体の筋肉を見て容易に声を掛けでもしたら返り討ちに遭いそうだという、見た目から自己防衛本能が働くような女性たちの集団だったから。

 そしてジョゼットが目的としている人物が居るらしい、街の中央にあるという元貴族屋敷という場所にたどり着く。見た目から一瞬で大きな屋敷だ、という感想が浮かぶぐらいのデカさ。以前に僕が普通の生活をしていた頃に住んでいた、実家を思い出す屋敷の大きさだった。

 しかし元という名が付くだけあって、今は屋敷への出入りを制限するための門は開かれっぱなし。敷地の中には、街の市民達が普通に中に入っていたりと出入りが自由な場所になっているらしい。

「ヘルム!」
「あ、はい」

 門を通って、建物の中に入るとジョゼットが大声でその名前を呼んだ。すると、出てきたのは中肉中背のあまり目立つような特徴が見えない普通の男性。困ったという表情を浮かべて、額に汗も流しながら緊張した様子で出てきた。

「仲間が見つかったから街を出ていくことにした、契約は終了だ」
「はい、そのようですね」

 どうやら、出てきた男性はジョゼット達の依頼人だったらしい。突然やってきて横柄な態度で話を振ったジョゼットにも、謙りながらしっかりと対応している。

「あなた達が居たおかげで、市民の多くが戦いで死ぬことなく生き残れました。王国軍や貴族達を返り討ちに出来たのもあなた達のおかげです、感謝しています」

 ジョゼットに向けて頭を深々と下げて、御礼の言葉を言うヘルムと言われている男性。そして、頭を上げるとジョゼットに向き合ってお願いをしてきた。

「依頼内容では、仲間が見つかるまで、という期限を決めていましたが、もう少し滞在をお願いできないでしょうか」
「済まないが、それは断る。私達は新しい目的が出来て、すぐに国に帰らなくならなければいけない用事ができた」

 街を守ってもらうという依頼の延長を申し出た彼だったが、ジョゼットにあっさりと断られてしまった。だが、男性は申し出てみたけれど元から期待はしていなかったのだろう、残念そうではあるが仕方ないという表情を浮かべている。

「そうですか。まさかあなた方の仲間がこんなにすぐ見つかるとは想像していませんでした。リスドラの森で逸れたと聞いて、もしかしたら魔物に殺されて一生合流することは無いかもしれない、と考えていたのですが」
「ハハハッ! 残念だったな、私の仲間はそんなに軟じゃなかった」

「あなたの実力を目にして強いだろうとは思っていたのですが、1人で森を抜けられる程とは思いませんでした。それだけに、依頼が終了してしまうのは残念です」
「契約では”仲間を見つけるまで”だったからな。仕方ないと思え」

 そう言われて諦めるかという風にため息をついた男性は、近くに居た人に何かを持ってくるように指示を出した。そしてすぐさま、白い袋に詰められた何かの荷物が目の前に運ばれてきた。

「依頼の報酬は、金銭ではなく食べ物を用意すればいいということで酒場の飲み食いは自由にしてもらっていましたが、契約を終了ということで街を出ていくのであれば、これも持っていって下さい」
「おお、すまないな」

 白い袋の中身はどうやら食料らしい、それを渡されたジョゼット。そういえば、酒場を出る時に支払いをしていなかったが、食事や飲み代が依頼の報酬だったらしい。そして、最後まで追加の報酬を出してくれるという街の人達。

「じゃあ、もらっていくぞ」
「機会があれば、また依頼の受注をお願いします」

 別れの挨拶をして屋敷から出ていく。そのまま、街の外へと出る門まで歩いて進む。荷物として食料が詰められた袋が増えていた。

 引き止められはしたものの、あっさりと依頼終了を納得して送り出してくれた彼ら。先程の出来事を考えて比較すると、市民達の方がまともだと感じる。

「よし、それじゃあ準備も出来たし森に戻ってこいつのスキルが本物かどうか確かめながら、私達の国に帰ろう!」
「「「「「おう!」」」」」

 今後の予定を語って統率を取るジョゼット。その後に続いて、掛け声を上げた5人の女性たち。そして、女性たちの集団の中たった1人だけ男性の僕。