第14話 引き止める聖女様

「このまま、彼らを見捨てて行くのですか!?」

 呼び止めた聖女様は椅子から立ち上がって、店から出て街からも出ていこうとする準備を始めていたアディ達を信じられないという表情で見つめていた。

「見捨てると言っても、街の奴らとの契約では私達の仲間が見つかるまで、という約束だった。アディが見つかったのなら、この街に留まる理由はない」

 ジョゼットが仕方ないという風にして、面倒くさそうにだが一応は丁寧に説明を返す。だがしかし、ジョゼットの言葉は聖女様に不信感を抱かせたらしい。

 僕はジョゼットの言葉が正しいと感じていたけれど、聖女様は違うようで耳を疑ったという様子だった。

「この街の人達は、今までに苦しめられて仕方なく反乱を起こしたのですよ。彼らを助けなくては」
「アンタは一体、私達に何をしろと言うんだ?」

 側で話を聞いていたのだろう、市民たちの状況を知った聖女様。それについて長々と話し始めそうになった彼女の言葉を遮って、うんざりした表情でジョゼットが直球に尋ねた。

「悪いのはお金を奪った貴族と、それを許した王様だけ。他の人達は仕方なく現状に巻き込まれただけです。そんな彼らの状況を改善する為には、悪い人達を打ち倒す必要があります」

 直球に尋ねた筈のジョゼットの言葉がスルーされたかのように、また話を長く語り始める聖女様。彼女の言葉に飽き飽きしているという風だが、一応は耳は傾けている様子のアディ達。

「ここに居る皆さんは、普通の人とは違う凄い力を持っている。それを助けを求める人々の為に使うべきです」
「だから結論を言え、結論を」
「悪を滅ぼすために、皆さんの力を私に貸してください」

 途中までは聖女様の言っていることは立派だと思うし、正しいと感じて理解は出来た。しかしその後の事については、他人に強要するべき事ではないと思う。ジョゼットも同意見だったのか、彼女の持論によって反論をしている。

「私に力があるのは、自分自身で身を鍛えた結果だ。この力は、自分の為に身に着けた力だ。他人に奉仕する為に持っているモノではない」
「ですが、今回の事が起こった原因は彼にあるのかもしれないんですよ」

 ジョゼットと聖女様が言い争っている話題の標的が変わって、僕も巻き込まれることに。聖女様は僕を指さして弾劾してきた。

 どうやら、僕がスキルとして持っている”魔物寄せ”についても側で話を聞いていたらしく把握しているようだった。そしてセレストが推理した、そのスキルが魔物増加の原因だ、という考えを聖女様も同意見のようだった。

「今の王国に魔物が大量発生しているのは、そこに居る彼のスキルが原因かもしれない」
「まぁ、そうかもしれないな」
「そうです。だから彼の仲間というのなら、あなた達が彼の引き起こした現状の責任を一緒に取るべきです」

 そして、今回の出来事を引き起こした大本の原因として責任を取るべきだと主張してきたのだった。

 聖女様から、今の王国で起きている出来事を僕の責任にしてジョゼットやアディ達のような強力な戦力を手元に置いておきたい、という思惑を感じた。だが、そんな考えをジョゼットは一刀両断する。

「そんな事、私達の知ったことではない」
「そんな、暴論……」

 ジョゼットはよっぽどイライラが募っていたのだろう、吐き捨てるような言葉をストレートに告げた後に彼女は颯爽と店から出ていった。聖女の返事も聞かずに、もう議論の余地も無いという風にして。

 ジョゼットの後に付いて出ていく仲間たち。僕は彼女たちの後に続いて店を出るその前に、もうここでお別れになるだろう聖女様に対して空気が読めていないという事は自覚しつつも、街まで送り届けた報酬についてを請求してみた。

「それについて一つ問題があります。あなたの持つスキルです」

 案の定、街までの護衛に関する報酬を出し渋るように話を変えて喋り始めた聖女様。そしてやはり、魔物寄せのスキルについて責任を追求してくる。

「そもそも、私達が街に向かう道中に異常な数の魔物に襲われた理由はあなたのスキルに原因があるのではないでしょうか?」
「僕が居たから街までの護衛が必要だった。逆を言えば、僕が居なければ護衛は必要なかったという事ですか」

 街にたどり着くまでに何度も魔物の襲撃に遭って、アディが撃退していたから皆は無事だった。その魔物の襲撃の原因は僕に有るだろうと言う聖女様。そして、僕が居なければ魔物の襲撃は無くて、護衛は必要なかったかもしれない。

「有り体に言えば、そういう事になります」
「つまりは、報酬は支払わないということですか?」
「はい、そういうことです」

 もともとは、道に迷っているアディと僕が街までたどり着ければ良かっただけ。一番に大事な目的は果たすことが出来た。そして金銭による報酬については、貰えればラッキーぐらいの気持ちで期待してなかったので落胆はしない。

「わかりました。それじゃあ、報酬は結構です。さようなら」
「ま、待ってください!?」 

 交渉する必要もなく、あっさりと諦めて酒場を後にする。何やら後ろから慌てた様子で呼び止めようとする声は聞こえたが、さっさと立ち去り無視を決め込んで僕もアディ達と一緒に国を出ることにした。と言うか、そもそもアディの持ち物である僕は彼女の後に付いていくという選択肢以外には無い。