第13話 街の事情

 僕の今いるネフワシという名のこの街では、反乱が起こっているらしい。どういう経緯でそうなったのか、反乱が起こっているこの街の市民に雇われることになった理由をジョゼットが酒を片手に飲み食いしながら詳しく説明をしてくれた。

 王国では今、長い歴史の中でも最大と言われる程に魔物の数が増加していた。そして、多くの人たちが魔物を減らすために討伐しようと全国から集められた。多くの市民が魔物の討伐に駆り出されて半ば強制的に魔物根絶を目指して討伐を行ってきた。

 ここネフワシには、近くにリスドラの森という名の場所がある。僕が処刑の為に送り込まれそうになった場所であり、アディと出会った森の名前だ。

 その森には、すごく強力な魔物が住み着いていると言われていて、他にも数多くの魔物の巣があり魔物を森から出さないように討伐や監視をする為に集まって出来たのが、ネフワシという街の始まりとも言われているそうだ。

 つまりは、昔から森に住む魔物との戦闘を繰り返して行ってきた、そんな人たちが住む街としても有名だった。

 そのために、今回の魔物討伐にもネフワシの人間は最前線で活躍できる人材として期待され、王国から直々に呼び出されて魔物討伐に貢献してきた。だが、それでも魔物は数は減らず、むしろ増えていった。

 大災害ともいえる魔物増加現象の解決には目処が立たず、人も資金も減っていく一方だった。そんな国が四苦八苦している最中、王国から魔物を討伐するためという名目で支給されていた資金が、ある貴族の手によって中抜きされている事が発覚した。

 魔物討伐を果たしている労働者たちには最低限の報酬しか行き渡らずに、本来の受け取るべき人の分が貴族の手の中に。

 しかも貴族の不正が発覚しても、王様は貴族を強くは処罰せずに少額の罰金を科せるだけで適当に済ませて、事件を終わらせようとした。

 そんな王様の対応にも激怒した市民。本来払われるはずだった給金が結局は支払われず、貴族の処罰も非常に甘いもの。その結果、市民の反乱が起こった。という理由らしい。


「その反乱が起こる直前に、私達が街に来たから戦力として雇われたってわけ」
 ジョゼットの説明を聞いて、なるほどと納得する。そういう経緯で今に至るというのがよく理解できた。

「昨日はこの街に反乱を鎮圧するための王国軍がやって来たけれど、歯ごたえがないほど弱かったなぁ」

 ジョゼットが、ため息混じりに言う。 門の外に有った死体は、王国軍のモノという事だったのだろう。それが、昨日起こったという戦闘で出来上がった……。

「予定は、この街で傭兵の仕事をしつつアディを探す予定だったんだけれど、すぐ目の前に現れたから探す手間が省けてよかったよ」

 ため息の表情から一転させて、嬉しそうにアディとの再会を喜んでいるジョゼット。そう言って嬉しさを表すように、ジョッキを掲げる。

「めでたい事だ、乾杯!」

 酒好きのニアミッラが、ジョゼットの掲げているジョッキに乾杯とぶつけて一気飲みをしている。

 しかし、そういう事が知らぬ間に起こっていたのかと僕は世間の大きな変化を驚いてた。まぁ、殆ど監禁生活で世間の事なんて知らないから、どれくらい変化をしたかを正しくは理解していないけれど。

「アディと合流できたんなら、もう国に戻ってもいいかもな。ソレが使えるんだったら、わざわざ魔物との戦いを求めて遠出をする必要もないでしょ」

 ソレと僕を指さしてくるジョゼット。どうやら、彼女たちは自分たちの国に帰る計画を立て始めた用だった。

「えー、せっかく国から出てきたのにもう帰るの? もっと遊びたい」

 ぶうぶう文句を言うミリアンダ。

「だから、あの子が居たらあっちでも魔物と戦えるでしょ。王国に居たら、なんか面倒なことに巻き込まれそうだし、人間相手よりも魔物の方が楽しいでしょうに」

 不満を言うミリアンダをたしなめるようにジョゼットが説得する。

「というか、王国の魔物が増えた現象ってその子の能力のせいじゃないの?」

 突然、ずっと眠っていたと思っていた女性が起き上がって会話に参加してきた。あまりに自然に会話に入ってきて、内容も理解しているようだし寝たふりをしていたのかと僕は疑う。

「じゃあ、連れて帰ったら私達の国にも魔物がいっぱい!?」
「そりゃあ、良いね。早速、明日にでも国に戻ってみよう。それで役に立てば万々歳だな」

 長身のドリィと背の低いジョゼットの二人に挟まれて、逃げられないように頭と身体を掴まれる。逃げるつもりもないけれど。

 というか、彼女たちは僕をやっぱり男とは見ていないのだろう、恥ずかしい接触が多すぎる。

「それじゃあ、早速支度をしないとね」

 お酒も料理も十分に堪能したのだろう、女性たちは満足そうに椅子から立ち上がって思い思いに店から出ようとする。しかし、その動きを呼び止める女性が1人。

「待って下さい、アディさんと皆さん」

 街まで一緒に来た、聖女様の声だった。