第12話 情報交換

 アディとドリィに連れてこられた酒場の中に、僕はまだ居た。酒場なんて、街に入って来て一番最初に来る場所では無いと思うのだけれど。しかも戦った後で、仕事終わりの一杯という具合いにアディは楽しんでいるが、その図太い神経に僕は感心するぐらいだった。

「マスター! こいつらの分の酒とメシ、適当に持ってきてくれ」
「ハイっ! 只今ッ!」

 椅子に座るだけで地面に足が付かなくなっている、背の小さな女性が姿に見合わぬ尊大な態度で注文をする。

 すると店の責任者というような立派なひげをたくわえた中年の男性が注文を受けて、少しでも遅れたら重い罰を課せられるという様な感じで大慌てで、建物の奥に厨房が有るのだろう、そちらに向かって行った。

 というか、今までキャラの濃い4人の女性達に視線が集中しすぎていて、マスターと言う人が全然視界に入っていなかったので声が聞こえた瞬間に少しビックリしてしまった。他にも人が居たのかよ、という感じて。

「今注文を入れたアイツが、ジョゼットって言うんだ。身体はちっちゃいけど、滅茶苦茶に力が強いから怒らせないほうが良いよ」
「は、はい。分かりました」

 小さな背をしている見た目からは想像できないが、アディが注意するぐらいだから力がもの凄く強いという事は本当なのだろう。

 それにしても耳元まで顔を近づけてきてくれて、ささやきで合流した彼女達の名前を教えてくれている。

 聞こえてきたアディの声に左耳や背中が無性にゾクゾクッとしてしまう。気持ちが悪いんじゃなくて、憶えてはイケないような感覚。そんな感覚は無理やり無視して、アディの言葉に集中する。

「それから、あっちの寝てる奴がセレスト」
「あぁ、あの人が」

 確か、森の中を歩いている時に名前を聞いた覚えがある。土地や道に詳しいという人だった様な。彼女がそうなのか。今は眠っているのか、テーブルに顔を突っ伏していて白髪も邪魔して顔を隠しているので、表情はよく見えない。そして、まだ起きる気配も無い。

「それから酒をがぶ飲みしている、アイツはニアミッラ。アイツは酒好きのマゾだから、酒だけ飲ませて放っておけ」
「はぁ……?」

 なんだか適当な説明だなぁ。腰まで伸びている綺麗な黒髪の美人なのに、マゾって聞かされるとなんだか残念な気持ちになる。しかもお酒が好きなのかぁ……。見た目のイメージに大きなギャップが有った。

「で残った、アイツはバカだ」
「なんだとー!?」
「うっ」

 アディの言葉に怒って立ち上がる女性の胸には、いまだに何も身に着けていない。その解放された大きな双丘がプルンと波を打つように揺れている。視線を逸らそうとしても彼女が動いて、目に飛び込んでくる。言い訳かもしれないけれど……。

「ミリアの名前を、ちゃんとソイツに仕込んでおけよっ!」
「ほら、見ての通りのバカだ。ミリアリダ、覚えなくていいぞ」
「え?」

 どうも二人は仲があまり良くないのか、でも煽っているアディは小馬鹿にするような感じの笑みを浮かべていて遊んでいるだけのようだ。そして本気になっているのは、ミリアと名乗った彼女の方だけみたいだ。

 それより何より怒るよりもまず、胸を隠してほしい。

 こうして、アディに全員の名前と簡単な特徴を教えてもらって彼女たちのことを把握することが出来た。しかし、紹介をしてもらってもやっぱり濃いキャラクターだと思ってしまう。

「それで、アディ。お前、今まで何処行ってたんだ?」

 注文を受けていたマスターが、追加の酒と料理をテーブルに運んで並べていく。それを当然のサービスだというように、受け入れていたジョゼットが改めて問いかけてきた。

「ん? ハグッ、ング。 あたしは、コレを見つけて森の中で遊んでたんだ」

 ジョゼットの質問に、飢えた犬のような食欲でガツガツと肉を口に詰め込んで食べながら答えるアディ。そして、コレと指さされる僕。

「それで、あっちに居るセイジョサマってのを守る仕事を受けて、今ココにやって来た」
「ふぅん、なるほど」

 短い説明だったが、聞いて納得したというように頷いているジョゼット。そして、酒場の隅の席でちょこんと座っている聖女様と僧侶の女性。そして、どうするべきか対応を迷っているのかウロウロソワソワして立っている戦士たちも居る。

「あんたは何で街の中に居たの? ドリィが、なんか街の奴らの味方をしてたみたいだけど」
「あぁ、それは私達が、ここの人らに雇われたからだよ。あんたがセイジョサマに雇われたって言ってたのと同じ様に」

 逆に街に居た女性たちの事情を問いかけたアディに、理由を答えてくれたジョゼット。彼女たちも何らかの依頼で雇われていたらしい。でも、街の中に滞在しているという事は、街の外からくる敵に備えているという事なのか。

「へー、敵は魔物?」
「いいや、人間だよ。ココの人たちは、昨日から王国に対して反乱を起こしているからね。その戦力として雇われた」

 は? え? 反乱を起こしている? ジョゼットの言葉を傍らで聞いていた僕は、その言葉に混乱を起こした。