第11話 彼女たちの合流

 アディとドリィ二人の女性に抱えられるようにして、手を引かれて街の中に入っていく。高身長の二人に背の低い僕はまるで幼い子供のようだと、自分どんな風に見られているか想像して恥ずかしくなった。でも、気にしないようにする。

 街の中は、なんだかとっても寂れているようだった。そう感じたのは街の通りに居る人たちの活気が無い、というのが原因だろうか。人通りも少ないようだし。

 王国の中では大きめの街だと聞いてたから、住人はもっと多いだろうと想像していたけれど、実際に目にした感じではそう思えないような賑わいを失った雰囲気だった。

 でも街の交差路や建物の影などに目を向けてみると、あちらこちらに市民たちが集まって何事か叫んだり、歌を歌っていたり、泣きわめいたりしている奇妙な集団が居るのを目にする。

 酒場に向かう道中では、そんなおかしな光景を何度も目にしていた。これは一体何事だろうかと考えてみるが見当がつかず、この街はどうしてこうなっているのか謎は深まるばかり。

 そして、ドリィが先導して進んでいった先には酒場があった。店外に居る僕にも聞こえてきた、女性の叫ぶような大声や笑い声、騒いでいる声が耳に入ってくる。

 酒場の中へと入ると、そこには4人の女性達が居た。そして何故か、彼女達の周りには放り捨てられたように倒れて山となっている男性達が死屍累々としている。

「アディじゃないか!」

 赤髪のショートヘアで活発的な見た目、そして何故か上半身を裸に露出した女性が居た。って、なぜ!? 何も身に着けていない大きな胸を目にした瞬間、慌てて目を逸らす。思わず飛び込んできた光景。乳首が。

「何処に行ってたんだよ、アディ!」

 白っぽい金髪のセミショート、そして背の小さいのが特徴的な女性。その彼女は、嬉しそうな声を上げてお酒の入ったジョッキを片手に持ったまま、椅子から飛び降りた。

 彼女もアディの仲間なのだろう。アディの仲間達の中では一番に背が低いだろうと思われる女性。と言っても、僕と同じぐらいな背の小ささに見える彼女が嬉しそうな表情を浮かべてアディに近寄ってくる。

「Zzz……」

 テーブルに突っ伏して眠っている、白髪の女性も居る。起きる気配が無く、熟睡しているようだが彼女もアディの仲間だろう。

「さぁ、飲め」

 両手になみなみと酒の注がれたジョッキを持って、片方をアディに突き出してきた腰まで伸びる長い黒髪の女性。

 酒場に居た女性達にアディとドリィ。その場に集まった女性達は、多種多様な容姿と性格だったが、皆が共通して美人であり肌の露出度が異様に高かった。そして惜しげもなく晒された、女性としては異常なぐらいに鍛えられた肉体を持っている。

 誰もが個性的であり、目にした瞬間にアディの仲間なのだろうと納得させられるメンバー達だった。

 アディは長髪の女性から差し出されたジョッキをを受け取ると、何の躊躇もなく飲み始めた。僕はアディの腕の中に掴まれたまま、集まってきた彼女達の輪に混ぜ込まれた。頭がくらくらっとするのは、お酒のニオイのせいなのか、それとも集まって輪になった女性達から漂ってきたニオイのせいなのか。

 というか……。

「服を着て下さい。胸が見えてますよっ」

 ちょうど目の前の高さに見える、柔らかそうでふっくらとした双丘。普通に半裸で僕の視線なんて気にせず立っている女性に、耐えられず口に出して注意してしまう。

「コレは何だ?」

 だが返ってきた反応は、疑わしげな表情とアディに向けた質問。先程のドリィに向けられたのと同じ様なリアクションだった。

「ふっふっふっ、実はこの子、凄いスキルの持ち主なんだ」

 アディが勿体ぶってから、僕の魔物寄せというスキルについて説明した。自然とスキルを持っている人物に向かって、花に吸い寄せられる蝶のように魔物が集まってくるという効果を。

 そのスキルの説明を聞いた酒場に居た女性たちが皆、話を聞いている内にドンドンと目をキラキラとさせて期待している様子だった。

 というか、僕の持つスキルについて説明しているアディが自慢げだったのは何故だろう。……でもよく考えると、僕は彼女の所有物らしいから僕のスキルは彼女の持ち物でもあるのか。じゃあ問題はないのか。現実逃避のように、どうでもいい事に頭を悩ませる。

「そんなスキルがあるのか?」
「それが有れば、わざわざ遠出しなくても向こうから魔物が寄ってくるのか。それは、良いな!」
「めでたい、飲もう」
「Zzz……」

 予想通り全員が、魔物寄せと言うスキルを便利なモノだと喜んでいるようだった。というか、まだ寝たまま起きてこない女性。半裸の女性も胸を出したまま、服を着ようとしないし。隙を見つけては、お酒を飲み続けようとする長髪の女性も居るし。

 本当にトンデモナイ面子で、今までの人生で見たこともない人達だった。飛び抜け過ぎていて、笑いすらこみ上げてくる。

 アディ1人だけでも振り回されていっぱいいっぱいだったのに、これが彼女の仲間たちなのかと個性の強い人達の集まりを見て、この後一体どうなるのかと怖くなる。