第10話 アディの仲間

 突然起こった嵐のような戦いは、始まった時と同じ様に突然ピタッと止んだ。というのも、現れた長身で褐色肌のその女性はアディの知り合いだったらしい。

「ドリィ、何処行ってたんだ探したんだぞ!」
「は? いやいや、何処かに行ってたのはアンタの方じゃないか!」

 大剣とロングソードという武器を下ろして戦いを止めたと思ったら、二人は次に口論を始めた。やはり、乱入してきた相手は知り合いらしくアディは、彼女の名前らしいものを呼んで責めている。

 という事はあの人が、アディが森の中で見つけようと必死に探し回って、求めていた人物なのかもしれない。

「なにぃ! あたしが悪いってのか?」
「悪いというのならそうでしょうよ。あっちに魔物が居るって勘が告げている、なんて言って勝手に飛び出していって!」

 今度は掴み合いで、激しくもめ始めた。周りの武装市民も呆然とした様子で二人の動向を見守っている。というか、あのドリィと呼ばれた女性は街の中からやって来たように見えた。という事は武装している市民側の人のようだけれど、どんな関係なのだろうか。

「でも魔物はめちゃくちゃ居たよ。森の中で半日以上は戦いっぱなし」
「え、本当に? うわっ、それなら一緒に行けば良かった。いいなー……いいなぁー!」

 アディは、魔物と遭遇して戦ったという自慢をしている。そして戦えなかったことに、とても悔しがっている様子の女性。魔物と戦えたと言うアディを羨ましがっているらしい。やはり、彼女も戦闘狂のようだった。

「しかも、良い拾い物をしたしね。ほら」
「うわっ」

 急接近してきたアディに僕は、逃げる隙もなく捕まった。そして、ドリィと言う名らしい女性の目の前に突き出される。だが、刺さるような視線と不審げという表情を向けられる。

「なにこれ?」
「魔物を引き寄せる、ってスキル持ってるんだって」

 上から下まで舐めるようにジロジロとみられた。というか、身長が高い彼女に僕は思い切り見下されている。

 その女性を近くで見ると、太陽の光を白く反射させる綺麗な褐色肌が目に飛び込んでくる。そして彼女もアディと同じ様に、半裸に近いような露出度の高い恰好をしていた。筋肉も程よく付いていて、見た目だけで力強いという印象を抱く。

「本当なの? そんなスキル聞いたこと無いんだけど」
「ホントホント」

 半信半疑の目で、褐色肌の女性にジロリと見定められる。というか、彼女たちは魔物寄せのスキルを有り難いものとして扱っているようだった。

 僕にとってはコレのせいで監禁生活を送ることになったからか、必要ないスキルだと思っている。むしろ所持していると、有害であると思うようなスキルだったのに。

「まぁ、その話が本当なら良い拾い物だね。私も期待してみよう」
「ホント。期待してたら良いよ」

 俺はアディに後ろから抱きしめられるバックハグで、逃げ場を無くしている状態。戦闘後に抱きしめられているから感じるのだろうか、ほのかに香る汗っぽい匂い。だが不快感はない、何となく惹かれるような良い匂いに感じる。

 そして目の前には褐色の肌。長身の女性達にサンドイッチのように間に挟まれて、頭上で交わされる会話。というか恥ずかしい。

「あぁ、こいつはドリエンヌ。ドリィって呼んであげて」
「よろしくー」
「あ、はい。よろしくお願いします」

 僕が身動きがとれないからと、見上げるようにして二人を眺めていると、アディが気を利かせてくれたのか、彼女の名前を教えてくれた。そしてドリィという名の彼女は、気のない適当な返事。だが、睨まれるよりかは良いだろう。

「他の皆は?」
「街の中にいるよ。酒でも飲んでるんじゃない?」

 そう言えば、アディは一体何人の仲間を探していたのだろうか。探している人物は、全員がこの街に居るのだろうか。というか、昼間からお酒を飲んでいるの? 様々な疑問が生じたけれど僕は特に何も聞かずに会話にも入り込まず、二人をただただ眺めている。

「あ、久しぶりにお酒が飲みたーい!」
「じゃあ皆の所に行こう。飲みに行こう!」

 話しているのは目を見張るような美人二人なのに、内容とテンションは酔っ払いのおじさんのようにしか聞こえない会話。というか、自然な流れで何事もなかったかのように街の中に入っていく僕たち。

 街に入ろうとしている僕たちを武装市民は、恐れおののいて道を開けるから簡単に進めるようになった。というか先程の二人の戦いを見ていたのなら、安易に近づけず侵入を止める事は出来ないだろうけれど。

 アディとドリィ、僕たちが進む後ろに聖女様や僧侶達も馬車を操縦して付いてくる。そしてそのまま、街の中に入っていく。聖女様達をアディの仲間だと認識されているのか、襲ってくる武装市民は皆無だった。

 なんだかんだあったが、そんな風にして無事に街の中へと入ることが出来た。でも事情も良く分からず、そのまま街の中に入ってよかったのだろうか?