第01話 死の淵

 もう身体には力が入らない、指一本さえ動きそうにない。地面に倒れているザリザリと冷たな感触を頬に感じているけれど、目は霞んで周りの状況も分からずに意識が朦朧としている。なのに、頭の中には色々な考えがぐるぐると駆け巡っていた。そうか、コレは走馬灯という奴なのかと納得する。

 寸前に死を感じて去来する、目くるめく過去の記憶。

 転生したばかりの頃は、公爵貴族の息子として生まれた事を喜んで将来が安泰だと思っていた。けれど、すぐそれは間違いだと考えが変わった。なぜなら、僕は”魔物寄せ”なんていうスキルを持っているのが分かったから。

 魔物を寄せるというスキル。避けるではなく、寄せるスキルなんてデメリットでしか無いようなスキルを身に着けていた。

 こんな無駄というよりも更に悪い、危険であると言えるようなスキルを持っているなんて事を誰かにバレてしまっては生きていけない。隠し通さなければならないと思っていたのに、それは10歳の時に発覚してしまう。

 誰もが年齢10歳に達すると、持っているスキルを調査されるという行わなければならない儀式が有った。特に貴族であるという僕の身分では、スキル内容が重要視されて詳しく調べられることになった。こうなっては逃れられない。

 そして、魔物寄せという他に類を見ないスキル持ちであるということが発覚してしまう。僕の存在は、外部から秘匿され地下へ監禁された。

 その頃の王国は、魔物の被害が各地で多発していたという。日に日に、魔物の数が増えているのであった。
 魔物の増殖は原因不明として扱われていたけれど俺の父は、その原因が僕の持つスキルに有るのではないかと疑った。しかし、跡取り息子はその時に僕一人である公爵にとって今すぐ処刑して殺すわけにもいかなかったらしい。

 そういう判断で僕は、約5年間ばかりを地下で監禁されて生活する日々を過ごすことになった。万が一の場合の予備として。そして5年が過ぎた頃、ようやく公爵家の跡取りとなれる息子が生まれた瞬間に僕の処刑は躊躇いなく実施される事が決まった。

 最後ぐらいは王国の為に役立てと実父から吐き捨てられて、僕は遠くの森へと輸送されていった。死ぬ間際に王国に張り付いていた魔物を、魔物寄せスキルの効果を発揮させることによって別の場所に惹きつけてから死ねという訳だ。

 手足は縛られて逃げられないように、馬車に乗せられ見知らぬ場所へと輸送されていく。そう言えば生まれ故郷から外へ行くのは初めてだなぁ、なんて現実逃避をしながら。

 それからしばらくして、何事かが起こった。何が起こったのか分からなかったが気がつけば、馬車が転倒していて僕の手足を縛っていた拘束具が外れていた。

 夢中になって転倒した馬車から抜け出すと、他の人の様子も気にせずに一目散で森の中へと逃げ込んでいった。処刑からは、無事に逃れることが出来たと。

 だがしかし、5年間もまともな生活を送ってこなかった僕の身体はオカシクなっていて上手く走れない、少し走っただけで息が切れて体力は尽きていた。

 進む森の奥や影から何者かが鳴く声がひっきりなしに聞こえてくる。ストレスの限界だった。一刻でも早く森から抜けて、誰か人のいる場所へと向かいたい。その一心で目的地もあやふやなまま森の中を止まらずに歩いていった。

 けれど自分の居場所も分からず目的地も定まらなければ、進む道なんて分かるわけがない。気がつけば、足は止まり身体から力が抜けた。

「うぐっ」

 うめき声も上手に出ないまま、地面に倒れ込む。動かなくなった身体から最後の力を振り絞って、魔物に少しでも見つからないように木の根元と草むらの中に這って身体を隠そうとするが見つかるのも時間の問題だろうと思う。

 餓死して死ぬか、魔物に襲われて死ぬか。どっちが早いだろうか。けれど、意識が朦朧としてきたので餓死するのが早いだろうと、俺の頭は判断した。

 ハハハと、出なくなった声で笑う。今更になって、新しいスキルが発現した事を自覚した。

 ”勇者”というスキルを。

 けれど全ては遅すぎだ。身体が動かず、発揮するスキルも死の目前では無意味だ。性能抜群の新車を渡されても、動かすためのガソリンがないようなものだ。

 というか、発現した勇者というスキルのせいで身体が無駄に頑丈さをアップさせて死に難くなったように感じる。死までのカウントダウンが伸びたような気がする。

 何故今更になって発現したのか、もう少し前ならば活用する方法があったかもしれないし。もう少し後であれば、無駄な希望を持つこともなかった。余計な苦しみを味わうことも。

 転生したのに良かったのは最初だけ。最後は後悔だけを感じて死んでいく無意味さバカバカしさに、笑いがこみ上げてくる。

 ガサッという草が踏まれたような音が聞こえた。その音が妙にクリアに聞こえて、いよいよ魔物に見つかってしまったと理解した。餓死よりも先に、魔物に襲われて死んでしまうのか。そして、もう駄目だと死への覚悟を決めるというよりも、諦めによって僕は意識を失った。