閑話 岬の日記

○月?日
 今日は凄いことが起こった。なんと、学園一の美男子である綾瀬さんに一緒に帰ろうと誘ってもらえたのだ。しかも、あの竜崎さんの誘いを断って、私と一緒に帰ると言ってくれた。とても嬉しくて、胸がドキドキとした。

 その後、人生初の男の人との喫茶店デビューを果たした。綾瀬さんの誘いに、嬉しすぎて、泣いてしまい、綾瀬さんを困らせてしまったのが、心苦しかった。綾瀬さんは、優しくて、私が泣いたことをその後、一言も触れることは無かったので、私は安心した。その後、一緒に喫茶店「Bay-Bay」というところへ行った。
 綾瀬さんの住んでいる一番近くの喫茶店らしい。私も、これからはあの喫茶店を使うようにしよう。もしかしたら、綾瀬さんと出会える機会が増えるかもしれないから。

 喫茶店では、恋人同士みたいにお話をした。私の趣味の映画について、嫌な顔もせずに話を聞いてくれたので、私ばっかり喋ってしまった。なので、今度は綾瀬さんの話も絶対に聞こうと思う。
 喫茶店を出るときに、綾瀬さんがお金を払おうとしたので、さすがに女の甲斐性があるので、私がなんとか支払った。綾瀬さんは、思いやりのある人なので、支払いを譲らなかったが、無理やりに私が支払った。

 綾瀬さんは、また一緒に行こうと誘ってくれたので、絶対に一緒に行こうと思う。今日は、とにかく良い日だった。こんな日が、ずっと続けばいいと思う。

 

スポンサーリンク